2011年 12月 24日
リナール・ゴンティエ ブリュット(NV)
リナール・ゴンティエ ブリュット(NV)という、かなりお買い得な価格設定のシャンパンがあったので、味が心配だったのですがこの価格なら失敗しても『ま、いいかっ』と思えそうだったので購入して試してみました。
1924年創業した家族経営の小さな蔵元『アベル・ルピートル』のもので、生産量のほとんどがフランス国内で販売されるので、日本ではあまり見かけないのも納得。


販売店の説明では、『かつては、パルマ公国を統治したブルボン・パルマ家のアンドレ王子ご用達という歴史的にも非常に有名なシャンパンです。その品質は、シャンパン大手で英国王室御用達の「 ランソン 」からも認められ、1997年には「 ランソン・インターナショナルグループ 」の傘下に入り、現在、ランソングループのチームがワイン作りを行っており、急速に知名度と品質が向上し更なる発展を遂げています。』とのことです。

a0157597_14403682.jpg
a0157597_14412489.jpg
シャルドネ 70%、ピノ・ノワール 30%で、柑橘系を感じるテイストですが癖はないので、どんなシーンでもO.Kかと思います。
我が家はベリー系のフルーツ中心の盛合わせに合わせてみましたが、爽やかな酸味とフルーツの酸味・甘味とよく合い美味しく頂きました。
決して『とっても細かい…』とは言えませんが、泡もキメの細かい綺麗な泡立ちで、これなら何本かストックしておいてもいいかも。
お買い得の1本です。
[PR]

by jenajena | 2011-12-24 23:34 | liquor/drink


<< クリスマスの日の石窯パン、サワ...      カニ料理と共に ブーズロン・ア... >>