タグ:hotel(海外) ( 8 ) タグの人気記事

2014年 03月 20日
サンフランシスコのB&B Union Street Inn  ~2013-'14 サンフランシスコ~ 
サンフランシスコでお世話になったホテルが、Union Street Inn(ユニオンストリート・イン)
その名の通り、ユニオンストリートにあります。
暮らすように泊りたかったので、如何にもサンフランシスコという建物のホテルを探していたところ、
この細長~い小さなB&Bを見つけました。

このホテル、2Fと3Fがホテルスペースになっているんです。(1Fは倉庫なのかなぁ?)
大きな荷物がある人はとても大変・・・。苦笑




a0157597_16253832.jpg




でもね、トリップアドバイザーのサンフランシスコB&B部門で堂々の1位を獲得しているんです。



a0157597_17103125.jpg



今回泊った部屋はWild roseという部屋。
女の人が喜びそうなクラシックで可愛いインテリアでまとめられています。
なんだかイギリスっぽい香りがします。
そういえば、こちらのオーナーの方はイギリス移民の方で、1970年代にサンフランシスコへ来られたそうです。



a0157597_16290680.jpg




部屋にはウェルカムフルーツとチョコレートも用意してくれていました。



a0157597_16513834.jpg



こちらはHollyという隣の部屋。
こちらも素敵~♪
開いていたのでちょっと失礼して撮影させてもらいました。



a0157597_17001316.jpg




こちらはリビングルーム。
こちらで朝食を頂きますが、それ以外の時間でもクッキーやお茶がいつでも飲めるようになっています。



a0157597_17005786.jpg




カクテルタイムになると、サラミ、チーズ、フルーツ、クラッカーなどの軽いおつまみとワインを用意してくれます。
それをこの部屋で頂けますし、自分の部屋まで持って行ってゆっくり頂く事も出来るんです。



a0157597_17045996.jpg




朝食時にはこんな小さな簡易テーブルを持ってきて下さって、このリビングルームの好きな所で食べる事が出来ます。
朝の日差しが入る、窓際で食べる朝食も気持ち良かったですよ~。(写真を撮り忘れた・・・)



a0157597_17192971.jpg



朝食はオーナーの奥様が心を込めて作って下さいます。
メインは日替わりで、フルーツカクテルと手搾りのフレッシュオレンジジュースは毎日つきます。
このオレンジジュースが美味しくって感激♪

で、こちらが1日目の朝食。
レーズン入りのパンケーキとアップルポークのソーセージ、バナナ添え。
もっちりしたパンケーキが甘すぎず美味しかったです。



a0157597_16472586.jpg



こちらが2日目の朝食。
ほうれん草とチーズのキッシュとトースト、それとマフィン。
ふんわりと仕上がったキッシュが口の中でトロけます~(^^)
でもこの日の一番はマフィン!
シナモン味なのですが、んんん? アーモンドの香りもするんです。
お伺いしてみると、隠し味にアーモンドエッセンスを使っているとのこと。
やっぱりねー♪
帰ってから作ってみたくなるくらい美味しかったです♪



a0157597_16503252.jpg



これは3日目の朝食。
朝食はいつもは8時からなんですが、帰りの飛行機の時間が早かったため少々早めの朝食となりました。
早い時間に朝食を作ってくれた奥様、有難うございます(><)
この日のフレンチトーストも最高でございました。
カリカリベーコンとフレンチトーストを頂きながら、『あー、もうすぐこのホテルとお別れなんだぁ』と
思うと、とっても寂しくなってきたりして・・・。



a0157597_16542110.jpg




朝食後、こちらの中庭を散策。
イングリッシュガーデンに癒されます。



a0157597_17151263.jpg




作り込んだ庭ではなく、ナチュラルで思わず深呼吸をしたくなるような庭なので、
ここでボーっと眺めて過ごすのもいいですね。
春や夏にだったら、バラや他の花も沢山咲いてとっても美しいそうです。



a0157597_17174955.jpg


サンフランシスコにこんな素敵なホテルがあるなんて知らなかったけれど、
オーナーさんご夫婦もとても温かい方達で、とってもいいホテルでした。
サンフランシスコへ行かれる方に是非おススメしたいホテルです。
また訪れたいホテルが増えてしまいました。笑





いつも有難うございます♪ ポチッと押して頂けると、とても嬉しいです☆
↓               ↓
にほんブログ村 料理ブログ 自家製酵母パン作りへ
にほんブログ村     
にほんブログ村 グルメブログ おうちグルメへ
にほんブログ村


by jenajena | 2014-03-20 09:27 |   ・2013-'14 サンフランシスコ | Comments(12)
2014年 02月 25日
NapaのB&B Inn on Randolph ~2013-'14 サンフランシスコ~ 
ナパで2泊3日、お世話になったのがInn on RandolphというB&B。
トリップアドバイザーの、ナパの『Inn・B&B』部門で堂々の1位にランキングされているプチホテルです。

宿泊した時期が冬だったので、庭の木々の緑が少なくてちょっと淋しい感じだけど・・・、



a0157597_09224153.jpg




気候のいい時期に訪れたら、もっと綺麗な庭だったでしょうね。(↓こんなに緑が美しいB&Bなんですよ~)



a0157597_09284978.jpg




泊ったのはFowlerというコッテージタイプの部屋。
飛んだり跳ねたりしたい年頃の子供がいると、周りに迷惑が掛かりにくいこういうタイプの部屋は有難いですね。
(といっても、飛んだり跳ねたりしませんけど。笑)



a0157597_09304715.jpg




部屋は明るい色がベースで、ベッドもフカフカでとっても気持ちイイ~♪



a0157597_11043546.jpg




インテリアも拘っていて、どれも素敵なんです。



a0157597_11240237.jpg




ガスのファイヤープレスもあったけど、つけても暖かくならなかったから雰囲気だけ楽しみました。(画像はHPよりお借りしました)



a0157597_11014898.jpg




ミニキッチンもあったので、とても便利でした。



a0157597_11095325.jpg




部屋にあるコーヒーやハーブティ、それに冷蔵庫の中にあったスパークリングウォーターも無料でした。(多分)
スパークリングウォーターは5つのフレーバーがあったけど、この時すでに夫と息子が2本飲んでしまっていた!(^^;




a0157597_11220029.jpg




さすがはナパ!
ウェルカムドリンクはラベルがとてもユニークなFROG'S LEAPのジンファンデルのハーフボトルでした。
このフロッグス・リープは私達を担当してくれたスタッフ一押しのワイナリーなんですって(^^)
ミディアムボティのとても品のある穏やかで飲みやすいワインでした。




a0157597_11462877.jpg




バスルームもレインシャワーが二つ付いているシャワーブースがあり、テンションが上がりました↑



a0157597_11173084.jpg




バスルームも私好みのモダンシックな感じ。(こちらもHPよりお借りしました)
床はタイルだけど、床暖なので温かいんです。



a0157597_14394920.jpg




ここのB&Bは朝食も美味しいのです。
朝食はメインダイニングで頂きます。



a0157597_14494201.jpg




決してゴージャスな朝食じゃないんですけど、地元で採れた新鮮なフルーツや野菜、
それに厳選されたハーブティやコーヒーなどが用意されています。

1日目はハッシュドポテトにスクランブルエッグ、それに地元野菜のサラダ、そしてカクテルフルーツ。
このカクテルフルーツが美味しくって、息子も私も何回もおかわりしました♪



a0157597_11545301.jpg




2日目はパンケーキでした。
甘味控え目のベリージャムは、手作りのもの。これだけ食べても美味しかったです。
チョリソーもピリッとしていたけど、辛すぎず食べやすかったですね。



a0157597_11552489.jpg




朝食を食べながらスタッフの方が、『今日はどこかへ出かけるの?』『そこへ行くならこの道を通っていけばいいわ』とか、
旅のアドバイスや楽しい話をしてくれたりしてくれますが、程々の距離感を持って接してくれるんです。
こういうところがプロフェッショナルですね。
とても評価が高いのも頷けます。

時間があれば長期滞在もいい宿かと思います。





いつも有難うございます♪ ポチッと押して頂けると、とても嬉しいです☆

↓               ↓
にほんブログ村 料理ブログ 自家製酵母パン作りへ
にほんブログ村     
にほんブログ村 グルメブログ おうちグルメへ
にほんブログ村


by jenajena | 2014-02-25 16:04 |   ・2013-'14 サンフランシスコ | Comments(8)
2012年 11月 22日
Small Luxuryなホテル、Hotel Eclat Taipei(ホテル エクラ) ~2012・台湾~
今回1泊だけお世話になったホテル、HOTEL ECLAT(ホテル エクラ)

a0157597_2433425.jpg


ここは2009年5月に繁栄街敦化南路沿い(大安区)にオープンした、まだ新しいホテルです。
Small Luxury Hotels of the Worldのメンバーで、小さいながらもゴージャスな雰囲気のホテルです。
目がくらむようなロビー・・・。キャーッ、豪華すぎる!

a0157597_3264956.jpg


部屋はプレミア・ナイン・ルーム。
実はここのホテルの部屋には基本バスタブがなく、あるのはこのプレミア・ナイン・ルーム、もしくはスイートのみ。
ゆっくりバスタブに浸かりたかったので、この部屋にしました。
キングサイズのベッドはふかふかで気持ちがよく、ぐっすり眠ることができました。枕は少し柔らかすぎたかも?

a0157597_2503567.jpg


ウェルカムフルーツに息子の大好物、パッションフルーツあり!これは嬉しい(^^)
この後速攻食べていました。柿とリンゴは・・・食べにくいです(苦笑)

a0157597_2515515.jpg


最近のホテルの必須アイテム、ネスプレッソもあります。
グラス類はリーデルのヴィノムシリーズ。ワイン好きには嬉しい♪
お茶の種類も豊富で、ウーロン茶の他、紅茶やハーブティーもあり、ハーブティーのセレクトのセンスがgood!
(ラベンダー&バニラが美味しかった♪)

a0157597_2581350.jpg


これがウワサ?のバスルーム。
この部屋はワンルームのようになっていて、バスルームやシャワールーム、トイレがベッドがある所より一段高くなっています。
見られて恥ずかしければ、カーテンで仕切る事も可能です。
意外や意外!? ここのレインシャワーがとても気持ち良くて、これならバスタブなしでもO.Kかも。
シャワールームの床はスノコになっています。

a0157597_33382.jpg


アメニティーの種類も豊富で、一通り以上揃っています。
モルトンブラウンのアメニティは、なんとリップバームとハンドクリームまであり(@@) 嬉しいサプライズ♪
あ、でも全て各1個ずつ。人数分は置いていません。
これはこのホテルだけに限らず、台湾のホテルでは当たり前のようです。

a0157597_38244.jpg


スリッパもフカフカで気持ちイイ~
ゴミ箱は・・・なんと、自動で開閉します。
デスク周りの文具は、こりゃまたビックリのモンブラン。

a0157597_395582.jpg


ハイテクを駆使した部屋で、ベッドルームとバスルームを区切るカーテンもリモコンで操作!
が、壊れていたため、勝手に開いたり閉ったりして鬱陶しかった(泣)
さらに、テレビもリモコン一つでベッドの中から出てくるの~
息子は面白がって、何度も出したり閉ったりしてました(笑)

a0157597_3175419.jpg


そして、このホテルの朝食です。
1Fのロビー横のラウンジで頂きます。
メインの卵料理を数種類の中からチョイスして、それ以外はブッフェとなっています。
私達が注文したのはエッグベネフィクト。
ゴージャスなお皿に盛って出てきました。
ブッフェにあるメニューは多くはありませんが、ハムやチーズが数種類、オリーブもグリーンとブラックの2種類が用意されていました。
サラダも生野菜が何種類か、もちろんフルーツも、フレッシュジュースもあり。
ヨーグルトはパッケージ入りのものが4種類ほど置いてありました。
また粥もありましたが、お腹がいっぱいで食べる事ができませんでした。

a0157597_3223946.jpg


ゴージャスな空間に浸ることが出来ましたが、チェックアウトと共に、現実に戻ったのでした(笑)

by jenajena | 2012-11-22 12:33 |   ・2012 台湾 | Comments(0)
2011年 11月 05日
台北商旅慶城館(Les Suites Ching Cheng ) 番外編 ~台湾2011~
実は…、この旅行中に夫が誕生日を迎えまして、というか、誕生日プレゼントを兼ねて台湾旅行を企画したのですが、このホテルに滞在中嬉しいハプニングが!

誕生日だったので、お祝いにシャンパンのルームサービスを頼んだんだのですが(もちろん誕生日とかそんな事はフロントには言わなかったですよ)、そうしたらホテルのスタッフの方2名がシャンパンを持ってきてくれて、『Happy Birthday♪』と祝ってくれました。
それに、な、な、な、なんと! 可愛らしいケーキとフルーツまでプレゼントしてくれたのには感激!!!
そしてこの後、『本当にいいホテルだな~♪』と、このホテルの褒めまくり大会となりました(笑)

こちら、好きなシャンパンの一つ『Veuve-Clicquot 』があったので、これをチョイス。
a0157597_17475681.jpg


そしてコチラがプレゼントのケーキとフルーツ。フルーツはイチゴとチェリモヤ。
ケーキは甘いものをあまり食べない私達ですが、このケーキは美味しかったです。トッピングはストロベリーチョコでデコレイトしていました。あ~、もう一度食べたい。
a0157597_17525289.jpg
a0157597_1754152.jpg


本当を言うと、最初は『ザ・リージェント台北』や『シェラトン』などの大規模ホテル(シティホテル)も考えていたのですが、団体客で騒がしいのも好きじゃないし(どちらかというとスモールホテルの方が好き)、DFSとかはそんなに興味がないのでホテルの必要条件じゃありませんでした。
色々検索した結果、このホテルがいいという口コミをみて決めました。
まず、スモールホテルであった事。独立したレストランが無いので、外からの来客がないのでプライバシーも守られてセキュリティもちゃんとしている。そして旅行中でも仕事をしなくてはいけない夫に必要なインターネット環境がちゃんとしてる等々、ピッタリ条件にハマったのです。
ただ、ホテルの部屋からの眺めは…、残念ながら良いとは言えませんが、それはそれで台北のフツーの一面を見れたのという事で面白かったです。私的にはね。

a0157597_18112967.jpg
部屋からの景色はこんな感じ。

by jenajena | 2011-11-05 05:30 |   ・2011 台湾 | Comments(0)
2011年 11月 04日
台北商旅慶城館(Les Suites Ching Cheng ) 食事編 ~2011 台湾~
台北商旅慶城館(Les Suites Ching Cheng ) の食事です。
朝はラウンジでブッフェの食事となります。
a0157597_16545848.jpg
a0157597_171433.jpg
a0157597_1711224.jpg
a0157597_1712191.jpg
a0157597_17194098.jpg
a0157597_17215357.jpg


品数は大規模のシティホテルには及びませんが、クオリティの高いものが提供されていますので、とても満足感がありました。
味も日本人の口に合う優しい味付けとなっています。
このホテルでは毎週月曜日から金曜日の7:00am~10:00amまで、ブッフェだけではなく約8種類のメインディッシュが無料で注文するが出来ます。
色々と迷った末、私がオーダーしたのはコレ。サルサソースが美味しかったです。
a0157597_1710698.jpg


週末はメインディッシュのオーダーは出来ませんが、卵料理をお願いするとオムレツか目玉焼きなどは特別に作ってくれます。
オーダーしたオムレツは、ベーコンとタマネギのソテーしたものとチーズも入っていて美味でした。
a0157597_17134120.jpg


台湾料理では生野菜(サラダ)を食べれないので、朝食でタップリ摂れるのが嬉しいですね。
フルーツも新鮮で美味しかったです。
2日間ともテラスで頂きましたが、朝の光を浴びて食べる朝食なんて…、なんて贅沢!
いつもよりゆっくり沢山食べてしまうのも納得です。
a0157597_17175557.jpg
a0157597_17223031.jpg


そうそう。子供にはこんな綺麗な色の食器を貸してくれるんですよ。個人的に欲しかった(笑)
a0157597_18164698.jpg


by jenajena | 2011-11-04 05:00 |   ・2011 台湾 | Comments(2)
2011年 11月 03日
台北商旅慶城館(Les Suites Ching Cheng ) 浴室編 ~2011 台湾~
台北商旅慶城館(Les Suites Ching Cheng ) のバスルームです。

ここを選んだ理由の一つにバスルームが快適そうだったらです。実際見て、正解でした。
タオルも厚手の上質な物です。
トイレもウォシュレットで日本人には嬉しい限り。ところで、台湾ではトイレットペーパーをトイレに流してはいけません。台湾のトイレの横にはダストボックスが必ずありますので、そこに捨てましょう。
(トイレットペーパーの質が悪い訳ではなく、どうやら配管に問題があるらしいです・・・)
a0157597_15223817.jpg
a0157597_15533747.jpg


シャワーブースが独立しているのもいいですね。シャワーブースには、通常のシャワーとレインシャワー(大径のシャワーヘッド)の2種類があって、このレインシャワーが気持ちいいんです。リフレッシュ効果大ですね。
バスタブもゆったり足を伸ばせる事が出来ます。
a0157597_15444052.jpg
a0157597_15465119.jpg


アメニティは英国王室御用達のPENHALIGON’SのQUERCUS。シプレの香りです。ソープはホテルオリジナルのソープですが、これが思いのほか良かった。洗い上がりもしっとり潤って最高です。
a0157597_15322153.jpg
a0157597_15391022.jpg


ここのバスルームは本当に気持ちいい。もしかしたら、もっと高級なシティホテルのバスルームよりココのバスルームの方がはるかに快適なのでは・・・と思ってしまいました。
一日の疲れが、ここで癒される事間違いなしですね。

by jenajena | 2011-11-03 15:19 |   ・2011 台湾 | Comments(0)
2011年 11月 02日
台北商旅慶城館(Les Suites Ching Cheng )客室編 ~2011 台湾~
引き続き、台北商旅慶城館(Les Suites Ching Cheng/レスイーツ台北チンチェン) の部屋を紹介。

今回の部屋はこちら。302号室のジュニアスイート。(下記の画像はHPよりお借りしています)
約50㎡の広さです。スーペリアタイプで約35㎡、デラックスタイプで約40㎡の広さだったと思います。
ダークブラウンとベージュの色調の部屋で落ち着きます。木製引き戸でリビングルームとベッドルームに仕切る事ができるので、同室者に気兼ねなく仕事ができます。 
a0157597_10512634.jpg


部屋に入るとウェルカムフルーツが出迎えてくれます。今日のフルーツは柿とバナナ、キウイフルーツとネクタリン、そして台湾のオレンジの柳丁(リョウディン)がありましたが、翌日はパパイヤも置いてくれていました。もちろん、お皿とナイフとフォークも一緒に。
a0157597_1240320.jpg


ウェルカムチョコレートもありました。これがまた美味しかった・・・。
a0157597_12424964.jpg


リビングルームにはミニバーやネスプレッソも。
a0157597_1255182.jpg


ミネラルウォーターは彼方此方に置いてくれています。リビングに2本、ベッドルームのテーブルに2本、ベッドの両脇にそれぞれ2本の合計6本あり、すべて無料です。
a0157597_1311414.jpg


ここもリビングルームで、FAXも備え付けのPCデスクなどもあります。
a0157597_12284050.jpg


デスクの中も充実しています。鉛筆、ボールペン、定規にクリップ、ハサミにホッチキス等々、必要なもの全て揃っていると言っても過言ではありません。
a0157597_12315998.jpg


ベッドルーム。キングサイズのベッドが1台置いてあります。
硬過ぎず柔らか過ぎないベッドで快適です。
a0157597_11204113.jpg


ベッドの両脇にはTEL、エアコンのコントローラー、Ipodスピーカーもあります。
クローゼットも大容量のものです。ふかふかスリッパも気持ちいい!
a0157597_11324418.jpg


冷蔵庫の中とスナック類。こちらは有料です。
a0157597_1220271.jpg


この部屋にはアイロンとアイロン台まで完備していました。そしてバスローブなのですが、ここのはサイズがやや小さめに作られているので、日本人には丁度いいかと思います。
a0157597_1512126.jpg


これはルームサービスのメニューですが、まるで料理本のように綺麗でレシピまで載っています。ハードカバーなのにも驚きです。
a0157597_15155224.jpg


by jenajena | 2011-11-02 10:29 |   ・2011 台湾 | Comments(0)
2011年 11月 01日
台北商旅慶城館(Les Suites Ching Cheng ) 館内編 ~2011 台湾~
桃園国際空港から台北市内まで車で約1時間、慶城街にある台北商旅慶城館(Les Suites Ching Cheng /レスイーツ台北チンチェン) に宿泊しました。

ココのホテルはカテゴリーでいうと、デザイナーズホテルというのでしょうか。スモールホテルで団体客が殆どないので、ゆったりと静かにホテルで過ごせます。
小規模のホテルですが、ランクは5つ星級です。
a0157597_7241586.jpg


館内はラグジュアリーな雰囲気ですが、かといって華美過ぎず、どちらかというとモダンな感じです。
こちらはパソコンやプリンターが置いてあるビジネスラウンジ。パソコンは部屋でも使えますが、プリントをしたい時はこちらで。コピー用紙が上質でした。
a0157597_7362284.jpg
a0157597_11391152.jpg
a0157597_122792.jpg


パソコンはMacの超大型!画面のPC1台と、デスクトップが2台、ノートパソコン3台が常備されています。
日本後対応のPCも2台ありました。Mac以外はASUSとACERのPCでした。
a0157597_12161776.jpg


もう一つのラウンジでは、朝はブッフェ式の朝食が食べられます。それ以外の時間は、24時間いつでも飲めるコーヒーや紅茶やジュースなどのソフトドリンク類、クッキーやプチケーキなどのスイーツ、夕方からはおつまみなどが用意されます。
月曜日、水曜日、金曜日の午後6時から7時半までの時間帯、このラウンジでは無料のカクテル(マティーニー)と赤ワイン、白ワインをお一人様2杯限りで提供してくれます。
a0157597_12201833.jpg
a0157597_12203654.jpg
a0157597_12205191.jpg


外の庭で朝食やお茶をする事も可能です。子供連れなら、外で食べる方が気を遣わなくていいかもしれませんね。
庭のデザインもとても素敵で寛ぐ事が出来ます。
a0157597_12275730.jpg




台北商旅慶城館(レスイーツ台北チンチェン)
 台湾台北市慶城街12号
 TEL +886-2-87127688
 FAX +886-2-87127699

by jenajena | 2011-11-01 06:45 |   ・2011 台湾 | Comments(2)