タグ:hotel・旅館(国内) ( 14 ) タグの人気記事

2014年 05月 16日
ホテルモントレ京都 ~2014.3 京都~ 
今回の京都旅行でお世話になったホテルはホテルモントレ京都
烏丸通三条にあり、何処へ行くにも便利な立地にありました。
(因みに、横隣と真向かいにスターバックスがあって便利でしたよ~)



a0157597_12121795.jpg




宿泊した部屋はクイーンダブルの部屋ですが、20平米とシティホテルに比べるとちょっと狭い目。
ツインの部屋は赤色系でまとめられていますが、今回の部屋のようにダブルの部屋は
シックなダークトーンでコーディネートされていて、落ち着いた印象です。
本当はツインの部屋にしたかったのですが、こちらのダブルの部屋が予約サイトのポイントが
10倍ポイントになっていたので、こちらの部屋を予約しました。



a0157597_12124672.jpg



モントレはシティホテルとビジネスの中間くらいのクラスのホテルになるのかな?
けれど、備品は充実しています。
スリッパも使い捨て用のパイル生地のものと、ビニール地のものの2種類あり、
ナイトウエアもローブとパジャマ、両方置いてありました。



a0157597_12332047.jpg


事前に子供がいる事を伝えていたので、フロントで子供用のアメニティセットを頂く事ができました。
クマちゃんのスリッパが可愛いんです♪



a0157597_13230251.jpg




デスクは・・・部屋が狭いだけあって、作業スペースも狭い。苦笑
夫は旅行中でも仕事をしなくてはなりませんので、この上でPC広げての作業は窮屈そう。
夫曰く、『狭くても仕事は出来る。問題ない。』らしい(^^;


a0157597_13211021.jpg




コンパクトなバスルーム。
バスルームまでシックな色使いです。
この手のバスルーム、慣れていないので苦手なのよねぇ~。
シャワーカーテンで仕切っても、使い方が悪いのか?いつも水浸しになってしまいます。



a0157597_12144321.jpg




バスタオルとかはケチらず、沢山置いてくれているのが嬉しいです。
シャンプー、リンス、ボディソープは備え付け。
使い心地は悪くはなかったですね。


a0157597_14031993.jpg




部屋は決して広い訳でもなく、ラグジュアリー感もありませんが、
清潔で可愛らしい部屋、十分な備品、丁寧な応対をしてくれるスタッフ、
何処へ行くにも便利な立地、何よりもリーズブルな価格設定で満足のいくホテルでした。





いつも有難うございます♪ ポチッと押して頂けると、とても嬉しいです☆

↓               ↓
にほんブログ村 料理ブログ 自家製酵母パン作りへ
にほんブログ村     
にほんブログ村 グルメブログ おうちグルメへ
にほんブログ村


by jenajena | 2014-05-16 17:08 |   ・2014.3 京都
2014年 01月 13日
スターゲイトホテル関西エアポート
今回の旅行にあたり、年末という事もあって渋滞を心配しましたので、前泊しました。
泊ったのはスターゲイトホテル関西エアポート(旧:全日空ゲートタワーホテル大阪)
関空に近いホテルで、りんくうタウン駅直結の超高層ランドマークタワーホテルなのです。

家からここまで車を利用したので、旅行中車を預かってくれる『15日間駐車場無料プラン』を利用。
これは嬉しいですね。(関空の駐車場代は高かったような・・・)


a0157597_07274345.jpg
(画像は一休.comよりお借りしました)



部屋は35階の3503室。
a0157597_05552811.jpg



『お部屋をアップグレードさせて頂いております』と、通された部屋がこちら。
少し古さが感じられますが、寝るだけなので特に問題なし。
広さも十分にあります。

a0157597_07332367.jpg
a0157597_05251213.jpg



このホテルって、シティホテルだと思っていたのですが、もしかしてビジネスホテルに変わった?
というくらい、なにもない。苦笑
冷蔵庫の中も空っぽだし、無料サービスのドリンクは梅こぶ茶と緑茶のみ!
徹底したコスト削減ですな・・・。
a0157597_05361350.jpg



事前に子供の宿泊も伝えていて、子供用のアメニティもお願いしていたのですが、
急なアップグレードだったた為か?アメニティの用意はされていませんでした。
(フロントに連絡し、持ってきてもらいました・・・。)
大人には薄い生地のバスローブとスリッパが用意されています。

この部屋にはドレッサーがありましたが、結局使わず荷物置きとして活用しました(^^;
a0157597_05540111.jpg



バスルームも昔ながらのユニットバス。
便座はウォームレットではないので、この時期座ると『冷っ!』としますね。
シャンプー、リンス、ボディソープは備え付けのもの。
確かブランドは資生堂(だったと思う。)
a0157597_05434992.jpg



洗面所も特筆すること(もの)は、何もなし。
a0157597_05464759.jpg



ここまで余分なものが何もないと潔いですね。

でもね、でもね・・・
高層ホテルだけあって、眺めは素晴らしい!

こちらは街側の眺め。
a0157597_05564390.jpg


これはビーチ側の眺め。
観覧車も近くに見えます。
a0157597_05582624.jpg



関空まで見えるんです。
明日の出発が待ち遠しい~
a0157597_05573670.jpg


朝食は54階のダイニング&バー「スターゲイト」にて頂きます。
バイキングとなっています。
a0157597_05595204.jpg


 関空から飛び立つ飛行機を見ながら朝食を頂きます。
景色はいいけれど、食事はイマイチ・・・。
レトルトの味がするよー。泣
a0157597_06482450.jpg


全日空ホテルだった頃は、食事も良かったんだろうなぁ。
建物は良いのに(内装は別として)、中身はかなりレベルダウンしていました。
う~ん、惜しいです。

今度前泊する時は、ココと同じく車無料預かりプランがあって、一番関空に近い
以前宿泊したホテル日航関西空港になるだろうなー。




いつも有難うございます♪ ポチッと押して頂けると、とても嬉しいです☆

↓               ↓

にほんブログ村 料理ブログ 自家製酵母パン作りへ
にほんブログ村     
にほんブログ村 グルメブログ おうちグルメへ
にほんブログ村


by jenajena | 2014-01-13 16:41 | travel(国内)
2013年 10月 03日
京都ブライトンホテル ~2013.9 京都~
京都には泊ってみたいホテルや旅館がいくつかあるのですが、今回宿泊した京都ブライトンホテル
一度泊ってみたかったホテルです。
万華鏡ミュージアムからもさほど遠くなく、京都御所の近くという立地の為かとても静かな?所にあります。


a0157597_6143361.jpg



今回は夕方頃まで万華鏡ミュージアムやちょっとした買い物の用事があったため、
夕方チックイン(16時以降)のお得なプランで宿泊しました。


a0157597_616871.jpg



ホテル滞在時間もそう長くはないので、スーペリアツインを選びましたが、思った以上にキレイで快適な空間。
2Fのお部屋でしたが、ホテル到着時間も遅かったですし、夜も出掛ける予定なので、
ホテルからの眺望の良し悪しは特に問題なし。2Fで充分です。

ベッドはブライトンホテルとフランスベッドの共同開発したドリームジャーニーベッドを使っているとか。
確かに柔らかすぎず硬すぎず、丁度いい・・・。


a0157597_6174473.jpg



スーペリアツインは38㎡の広さですが、もう少し広く感じられるのはスッキリとしたデザインのお陰かな?
音は旅先でも必ず仕事をしなくてはなりませんので、PCや書類を広げても余裕のある
大きなダイニングテーブルがあるのも嬉しいですね。
インターネット環境は接続無料のLANを完備しています。


a0157597_6192895.jpg



バーコーナーはすっきり纏まっていて、何も置いていない御影石で出来たカウンターの下に
冷蔵庫やカップやグラスが引き出しの中に納まっています。


a0157597_6115179.jpg



グラスもタンブラーの他にフルート状のビアグラスが置いてありましたが、我が家的には
ワイングラスを置いてくれていた方がうれしいのですが・・・。
有料ですが、野点セット(抹茶)も置いてあるところが京都らしくっていいですね。
スーペリアクラスですと電気ポットでお湯を沸かし入れるインスタントの
ドリップ式コーヒーがおいてありますが、ラグシュアリーやエグゼクティブクラスの
部屋だとエスプレッソマシンが置いてあったような気がします。


a0157597_675632.jpg



バスルームはとにかく快適♪
シャワーもレインシャワーを完備しており、とてもリラックスできます。
通常ホテル備え付けのシャンプー&リンスは質の良くないものが多いですが、こちらのものは
パサパサ、キシキシせず、傷んだ私の髪もしっとり仕上がりました。
購入も可能だったのですが、買って帰るのを忘れてしまった・・・!


a0157597_6264376.jpg
a0157597_6282345.jpg
a0157597_6305219.jpg



京都ブライトンの和食の朝御飯は美味しいと評判ですが、息子が色々選んで食べたいと
いうことで洋食ブッフェをテラスレストラン・フェリエで頂きました。
品数も豊富で美味しかったので、次回は蛍で和朝食を食べてみたいなぁ~♪


a0157597_6132569.jpg
a0157597_6172782.jpg



今回の京都旅でパン屋さん巡りが出来なかったので、ホテルのラウンジバー、
クー・オ・ミディのホテルオリジナルパンを数種類購入~!
普段はハード系のパンが好きだけど、キューブ型のデニッシュパンの中にゴロンとした栗と
マロンペーストが入っていたんだけど、甘さも控え目で中々美味しかった~(^^)


a0157597_619783.jpg



京都でまたまたお気に入りのホテルが出来ちゃいました。



いつも有難うございます♪
ポチッと押して頂けると、とても嬉しいです☆


↓               ↓

にほんブログ村 料理ブログ 自家製酵母パン作りへ
にほんブログ村     

にほんブログ村 グルメブログ おうちグルメへ
にほんブログ村


by jenajena | 2013-10-03 05:56 |   ・2013.9 京都
2013年 06月 28日
奈良ホテル 古都のクラッシックホテルに泊まる ~2013.6 奈良~
奈良に来たなら泊まりたかったホテル・・・、それは奈良ホテル
創業100年以上の、歴史あるホテルです。
この奈良ホテルは、ホテルニューグランド、日光金谷ホテル、富士屋ホテル、東京ステーションホテル、
万平ホテルと共に『クラシックホテルの仲間たち』というグループを結成しているとの事。


a0157597_6332757.jpg



大乗院があった跡地の小高い丘に建っていて、ホテル敷地の入口から少し丘を登った所に
クラッシックな建物の奈良ホテルがあります。


a0157597_6353391.jpg



歴史を感じさせるエントランスには見とれてしまいます。
この玄関ですが、階段を数段上って真正面から入るのではなく、入って直ぐ左の扉からホテル内
(フロント)に出入りするか、若しくは左の扉から出入りするのです。
何だか説明がややこしいですね・・・。
正面の扉はと言うと、皇族の方々がお見えになった時だけ、開かれるそうです。


a0157597_6371015.jpg



明治~大正時代の建築家、辰野金吾氏の設計による桃山御殿風檜造りの本館の建築には、目を奪われます。
和と洋が入り混じった、不思議な空間です。


a0157597_637288.jpg



今回、なら町側の本館スタンダードツインを予約していたのですが、部屋が空いていたため
奈良公園側の本館デラックスツインにアップグレードして下さりました。


a0157597_6373770.jpg



奈良ホテルにはデラックスツインが3タイプあり、デラックスツインA(クラシックデラックスツイン)は
天井の高い、奈良ホテルらしい伝統の部屋で43平米あります。
デラックスツインB(コンフォートデラックスツイン)は、ゆったりとした明るい空間が広がり
スタイリッシュな感じがする39平米の部屋です。
デラックスツインC(モダーンデラックスツイン)はノスタルジックな趣きがあり、マントルピースが
ついているモダンクラシックな34平米部屋です。この部屋のバスルームはシャワーカーテンではなく
ガラスの扉が付いているのでおススメです。

説明が長くなりましたが、私達が宿泊したのはデラックスツインB(コンフォートデラックスツイン)。
私の好みからいくと、Aタイプ若しくはCタイプが良かったのですが、それでも明るい
お部屋でしたのでアップグレードしてくれた事に感謝です!


a0157597_6424697.jpg



部屋には一通りの物は揃っていますが、コーヒーは有料です。
無料の緑茶は思ったより(失礼!)美味しかったです。
緑茶とともに無料で置いてあった梅昆布茶、これも美味しく頂きました。
湯呑み、急須、タンブラーはありましたが、ワイングラスやコーヒーカップ等は常備していません。
必要な方はフロントか持参していきましょう~♪
因みに今回もマイグラスマイカッティングボート&ナイフを持参です。笑


a0157597_6463469.jpg



このデラックスツインBの部屋のバスルームはシャワーカーテン仕様。
うーん、残念!(これ、苦手なんです・・・。)
アメニティはホテルブランド?のものとなっていて、女性用及び男性用基礎化粧品は資生堂の
製品となっています。女性用はエリクシール、男性用はアウスレーゼ?だったと思います。
スリッパもフカフカで気持ち良かった~(^^)


a0157597_624550.jpg



冷蔵庫の中、クローゼットはまずこんなものでしょう。


a0157597_682274.jpg



館内のあちらこちらにレトロな物があり、つい目が行ってしまいます。
消火用のバケツ(水が入っているのかしら?)を使って本気で消火活動する訳ではないでしょうが
壁の中に納まっている消火器と壁に掛かっているツルハシといい、ちょっとしたネタになりそうです。


a0157597_6174380.jpg



さて、奈良ホテルの朝食です。
朝食は1Fのメインダイニングルーム『三笠』にて頂きます。


a0157597_6233694.jpg



案内されたのは窓側もコーナーで、子供連れには最適の席でした。
席からは興福寺の五重塔が見えるんですよー!

朝食は和定食か洋定食か選びますが、息子には食べたがっていたホットケーキを注文。
大きすぎないフワフワのホットケーキーが2枚、その上にバターとケーキシロップを掛けて頂きます。
フワ~っとバニラの香りがあまりにも美味しそうだったので1口分けてもらいました♪


a0157597_629526.jpg



夫と私は洋定食を注文。
ジュース、シリアル、卵料理、サラダ、パン、コーヒーまたは紅茶が洋定食の内容です。
サラダ以外は何種類かのチョイスがあるのですが、私はシリアルはコーンフレーク、卵料理は
パセリのオムレツのベーコン添え、パンはおススメのフレンチトーストを頂きました。
フレンチトーストはしっかりカスタードが浸みこんでいて、しっとりとして美味しかったです。
粉砂糖が掛かっていましたので、ケーキシロップは少し掛ければ充分でした。


a0157597_627827.jpg



美味しい朝食を優雅な気分で頂き、その後裏庭を散歩したり、ゆっくりする時間を持つことが出来ました。
時々、ホテルの庭に鹿が遊びに来ることがあると言う事でしたが、この日も鹿の親子が遊びにきていました。

奈良ホテルは環境に恵まれているため、とにかくホテルからの眺めも素晴らしいです。
それと、光と影のコントラストが美しいこのホテルは『写真の腕も磨いてまたおいで』と言っている
かのような気がしてなりませんでした。笑

また機会があれば・・・ね。


a0157597_6354577.jpg

a0157597_6474677.jpg




いつも有難うございます♪
ポチッと押して頂けると、とても嬉しいです☆


↓               ↓

にほんブログ村 料理ブログ 自家製酵母パン作りへ
にほんブログ村     

にほんブログ村 グルメブログ おうちグルメへ
にほんブログ村


by jenajena | 2013-06-28 06:31 |   ・2013.6 奈良
2013年 04月 23日
日航プリンセス京都 ~2013.4 京都~  
夫と私の共通の趣味の一つである骨董。

今までは大阪の四天王寺骨董市に何度か訪れていましたが、今回京都の東寺骨董市と
パン旅を兼ねて出掛ける事になり、東寺に近くて子供と一緒でも快適なホテルを探しました。


口コミサイトから探して決めたのは日航プリンセス京都


a0157597_6163058.jpg



決して新しいホテルでも、今時のモダンなホテルでもありませんが、スタッフの評判の良さ、
そして子供連れでも快適に泊れそうでしたし、何より東寺へも近かったので、ここに決定しました。

ホテルのエントランスではドアマンの方が礼儀正しく迎えてくれます。


a0157597_6175318.jpg



エントランスからロービーに入ると、2Fへ続くタカラヅカ風の大きな階段が目の前に広がります。
向かって左がフロントです。


a0157597_6212045.jpg



今回の部屋は禁煙フロアのスタンダードツインルーム。
607号室の角部屋です。


a0157597_6334197.jpg



角部屋だけあって、とても明るいです。
彩度の低いサーモンピンクの色調でまとめられたお部屋は、スタンダードでも36平米以上あります。


a0157597_6213440.jpg



調度品も少々年季が入ってますが、明るい目の色なので鬱陶しくは感じません。


a0157597_6352562.jpg



事前に子供がいる旨を伝えていましたので、子供用のタオル一式の他に子供用のソープ、歯ブラシセット、
それとパンダ柄のフェイスタオルとスリッパが入ったアメニティセットを用意してくれていました。


a0157597_6324961.jpg



バスルームにも子供が使いやすいように踏み台を用意してくれていました。この心遣い、ニクイねぇ(^^)
大人用のアメニティも一通り揃っていて、シャンプーなどはポーラの製品です。


a0157597_6244135.jpg



ここのバスルームはバスタブと洗い場が別々で、それに広いので子供と一緒に入るのにとても便利~♪
これって、ポイント高いですね。
尚、ここのホテルのお水ですが、地下からくみ上げた京の天然水に少量の水道水を混ぜているので
飲んでも美味しいし、この軟水のお風呂は湯冷めしにくく、湯上がり後も 肌にしっとり感が残り、
髪のパサつきがなくなるといった効果があると言われているそうです。


a0157597_6271071.jpg



トイレとクローゼット。
クローゼットの中には竹踏みもありました。


a0157597_6294184.jpg



ミニバーのコーナーには最近には珍しくネスプレッソは置いていません。
紙コップ入りのコーヒーがあり、これは有料です。
もしかしたらあったのかも知れませんが、日本茶と紅茶とかも無かった気がします。
グラス類はタンブラーとオールドファッション、それとティーカップのみだったので、部屋でワインを
持ち込んで飲む我が家は持参したワイングラスを使用しました。


a0157597_6404678.jpg



今回の宿泊では朝食なしのプランでしたので朝食のコメントは出来ませんが、機会があれば食べてみたいですね。

口コミサイトにかいていた通り、こちらのスタッフの方の対応が素晴らしかったです。
すれ違うたびに、気持ちの良い挨拶をして下さったり、コンシェルジュの方も親身になって要望に
答えてくれたり、客の立場に立っての接客に感激しました。

また骨董市に来ることがあれば、再度ここのホテルに決定・・・かな?(^^)

by jenajena | 2013-04-23 06:13 |   ・2013.4 京都
2012年 11月 21日
ホテル日航関西空港
今回の旅行ですが、朝9時15分のフライトでしたので、当日自宅から出発をしようとすると朝の5時半頃には出発しなくっちゃいけないし、という事は逆算すると超早起きしなくてはならない・・・。
小さな息子がいる我が家では時間的に厳しいものがあったので、前日に近くのホテルに泊まることに・・・。

関空の近くにはいくつかホテルはあるのですが、便利な関空の真ん前のホテル日航関西空港に素泊まりすることにしました。


a0157597_10294071.jpg



夜の9時過ぎにチェックインして翌朝7時にはチェックアウトしたので、特筆することはないのですが、次回宿泊する時や今度泊ろうと思っている方の参考までに(^^)

このホテルには『ホテル駐車場最大15日間無料プラン』というのがあり、マイカー使用で旅行に行く人にピッタリのプランがあります。
とにかく寝るだけの目的だったのですが、こんな宿泊プランがあるのなら利用しなくっちゃ!ということで、素泊まりプランよりやや割高になりますが、それでも関空の駐車場に数日車を停めておくよりお得だったので、このプランを利用しました。


部屋はスーペリアツインルーム。29平米でバス・トイレ付 です。
数時間の滞在、それも寝るだけでしたら十分な広さです。
インターネットはランケーブルを使用して使えます。インターネット使用量は無料です。


a0157597_11212194.jpg

a0157597_11213976.jpg
a0157597_11215315.jpg


冷蔵庫の中は空っぽ(笑) 冷蔵庫の中のものは高くていつも飲まないから、いっそ空っぽの方がいいですね。
無料の飲み物は、日本茶と紅茶(アップルティー)のみ。コーヒーはありません。
いつも旅行する時ワインを持っていくのですが、残念ながらこちらのホテルにはワイングラスは常備させていませんでしたので、チェックインの時持ってきて欲しいとの要望をつたえましたところ、チェックイン後部屋まで持ってきてくださいました。

a0157597_1541442.jpg


バスルームは昔ながら?のユニットバス(笑)
アメニティも人数分用意されているのではなく、備え付けのものになっていました。
『環境のために・・・』みたいなことを書いておりましたが、経費削減ということもあるんでしょうね。
因みにメーカーはPOLAでした。
そうそう。ここのお湯って勢いがあまりなく、バスタブにお湯がいっぱいになるのに時間がかかりました(^^;


a0157597_15531774.jpg


子供連れの旅行者に嬉しいのが子供用のアメニティ。
パジャマもあって助かりました。(出来るだけ荷物は減らしたいですものね)


a0157597_15581010.jpg


近くて便利だけれど、(寝るだけなので)もっと宿泊料が安ければよかったな~。

by jenajena | 2012-11-21 23:05 |   ・2012 台湾
2012年 01月 22日
アルモニーアンブラッセ大阪 奇跡の朝食~メルヴィーユ~
アルモニーアンブラッセ大阪に宿泊するということで、楽しみにしていた事。

それは『奇跡の朝食』と言われている朝食を食べる事!

朝食は10Fにあるレストラン『RAYON』で頂きます。
レストラン内は自然光が差込み、とても気持ちいいです。
テーブルには朝食のメニューが書かれたリーフレットが置かれていました。朝食はコース形式になっています。

a0157597_1411496.jpg
a0157597_14112084.jpg


まず最初に、『ベジタブル&フルーツマイスターが作る体に優しいフレッシュジュース』から。
下の画像の3種類のジュースの右が、キウイジュース、中央がトマトとオレンジのジュース、左がパイナップルジュース。私の好みはトマトとオレンジのジュースかな。
そして『シェフの気まぐれシリアル&こだわりミルク』。息子はチョコレートのシリアル、私はグラノーラで。夫は…、パス(笑)。
そして『タピオカ入りヨーグルト』。モッチモチの食感のタピオカでしたよ~♪
飲み物は、夫はエスプレッソ、私はフレーバーティ、息子はミルクをオーダーしました。

a0157597_14232945.jpg
a0157597_14235031.jpg


『こだわりのジャム&はちみつ、フレーバーバター』。
自家製のジャム(なんだったけ?)や、バーニャカウダ、バターはエシレのバターにバジルやドライトマトを練りこんだもの。蜂蜜はニュージーランド産のハニーコム。色々あります。
ヨーグルトにはお好みで蜂蜜やジャムを入れても美味しいですね。

a0157597_14265124.jpg


そうこうしているうちに、シャンパンのサービス!
朝から贅沢な気持ちになりますね~☆ シャンパンはポメリーのブリュット。

a0157597_14404710.jpg


なんとも可愛らしい小さなデミタスカップに入って持ってきてくれたのは、コラーゲンたっぷりの『自家製コンソメスープ』。いいお味で、おかわりしたいくらいでした。

a0157597_14444577.jpg


そして『ベジタブルマイスターがおすすめする新鮮野菜の取り合わせ(ワゴンサービス)』
色とりどりの何種類かの野菜を盛り合わせてくれます。息子は『人参黄色でえ!黄色い人参あるで~』とはじめて見る黄色い人参に興奮しておりました。
盛り付けてくれた野菜たち、バーニャカウダにつけてもいいですが、シンプルに塩で頂きました。
ちょっと気になったのは、ワゴン上の茄子、ちょっと萎れているのですが、これってディスプレイ用? 

a0157597_14581244.jpg
a0157597_14461825.jpg
a0157597_14471423.jpg
a0157597_144942.jpg


そして卵料理はオーダーを受けてから作ってくれます。
夫はオムレツ、息子と私はゆで卵をオーダー。卵は鈴鹿山麓で生まれ、昔ながらの力強さと自然の風味が特徴の「昔たまご」を使っているそうです。
『こだわりのサイドミート』は洞爺湖サミットの朝食でも食された"伝説"のベーコンをはじめ、料理長が厳選したソーセージなどなど。
私達がオーダーしたゆで卵、最初に茹で方を言わなかったので、しっかり茹でられていました。黄身がトロトロぐらいの硬さが良かったんだけどなあ~。

a0157597_1534988.jpg
a0157597_155322.jpg
a0157597_1555444.jpg


『焼きたてのオリジナルパン』の数々。とれもデニッシュなどの甘い系。
夫はアップルパイ、息子はチョコデニッシュ(またチョコレートですか…)、私はピーカンナッツのデニッシュを頂きました。

a0157597_15161466.jpg


最後にフルーツ盛り合わせ~☆
フルーツの写真を撮ろうと思ったら、息子にブドウを1粒食べられてしまった!

a0157597_15181344.jpg

a0157597_15131994.jpg


いや~、もうお腹いっぱいですよ。
ゆっくり時間をかけて頂く朝食は、優雅な気分になれますね。
でも夫はね、朝食のコースというものがお気に召さなかったようで、『食べたいものを食べたい時に食べたい量を食べさせろ』と言ってました(笑)

by jenajena | 2012-01-22 20:05 | travel(国内)
2012年 01月 21日
アルモニーアンブラッセ大阪 スモール・ラグジュアリーホテル
週末に小旅行をしてきました! 
以前から息子のためにキッザニア甲子園え連れて行ってあげたいと思っていたのと、夫も私も大好きな骨董市(四天王寺の)が週末にあるので、1泊して行こうか…ということになりまして、選んだホテルがコチラ! アルモニーアンブラッセ大阪です。

a0157597_10544155.jpg
この画像はトリップアドバイザーよりお借りしています。


このホテルは2010年4月にスモール・ラグジュアリーホテルとしてオープンした、まだ新しいホテルです。
他にもいくつか宿泊したいホテルの候補があったのですが、たまたま夫がTVでこのホテルが出ていて、安藤忠雄さんが設計を手掛けたホテルと知り、ちょっとどんなものか気になり、こちらのホテルに決定しました。
そうそう、部屋から電車や観覧車が見えて、長~いベランダがあるのも息子が喜びそうだったしね。


今回宿泊したのは、プティトリアノンという部屋。
マリーアントワネットをイメージしたバラの名前らしいです。白・ベージュ・ウォームグレーでまとめられたクラシックモダンなお部屋です。

a0157597_11173054.jpg
a0157597_11185575.jpg
a0157597_1125834.jpg


子供の寝相が悪いのでダブルベッドの部屋を希望していたのですが、残念ながら空きがなくてツインの部屋になってしまいました。
ベッドの硬さには問題ありませんでしたが、枕が少々柔らかすぎました。私はもう少し硬いほうが好みだったかな。

a0157597_11271384.jpg


これがベッドサイドにあるテーブル。PCを使いたい時はこのテーブルを使うのですが、かなり小さいので使いづらい…。もう少し大きかったらよかったのに。

a0157597_11321884.jpg


テレビも画面のそこそこの大きさのものです。何より加湿空気清浄機があったのがうれしい!

a0157597_11345624.jpg


ミニバーのコーナー。
各種ミニチュアのお酒や無料で頂けるネスプレッソ、日本茶、それにフレーバーティが置かれています。
画像はありませんが、冷蔵庫の中には何種類かのビールも入っていました。

a0157597_12141788.jpg


バスルームはシンプルです。このホテルには独立したシャワールームはありません。
このバスルームの右奥がトイレです。

a0157597_11445889.jpg


トイレに入るときは、洗面所のロールスクリーンを閉めているかどうか確認してから入りましょう。
(トイレに入ってから、洗面所の窓の向こうのビルに人が見えて焦りました008.gif

a0157597_11494650.jpg


自然光が入って気持ちいい洗面所。シンクの高さは少々高い目。私は使いづらかった…。

a0157597_11505885.jpg


アメニティは特に過不足もなく…普通かな。
シャンプー&コンディショナーなど、特に『いい香り~』ということもなく…、至って普通。

a0157597_11583888.jpg


そうそう、宿泊の予約する時に5歳児もいる事を伝えておりましたので、こんな嬉しい心配りもしてくれいていました。
ふかふかの大人用と子供用のスリッパ。子供用のスリッパを用意してくれているとは思っていませんでした。ちなみに(少々大きかったけど)、着心地の良い子供用のパジャマもありました。

a0157597_1211623.jpg


パジャマはTVの下の引き出しにありました。
そうそう、バスローブもタオルも厚手の気持ちの良い生地のものでした。

a0157597_12131349.jpg


そして…、朝ベランダから見る大阪の風景。
観覧車がすぐ近くに見えるので、息子は大喜びをしていました。残念ながら乗る時間はありませんでしたけど、見るだけでも満足してくれていました(^^)

a0157597_1224366.jpg



リネン、タオルやバスローブ、パジャマなどはとても質は良かったかな~っていう感じですが、アメニティはスモール・ラグジュアリーという割には、あまり『ラグジュアリー感』はなかったです。
それと、ミニバーにカップやグラスなどは置いてくれていたのですが、フォークや爪楊枝なども置いてくれていれば嬉しかったかな、なんて思いました。

そうそう、あと思ったこと。
このホテルですが、最上階にチャペルがあるんですが、私たちが到着した日に結婚式があったようで、チェックインロビーが式に参列する人で溢れかえっており、チェックインカウンターが何処にあるか分からず戸惑いました…。
広いホテルのロビーなら分かりますが、決して広いロビーじゃないのにチェックインするスペースに宿泊客と結婚式に参列する人が、ギュウギュウ詰め状態になるのはどうかなぁ、なんて思いました。
チェックインの手続きが済み、エレベーターまで荷物を持っていくのも一苦労。スモール・ラグジュアリーホテルなのに~。
でもそれ以外特に問題なく、スタッフの方はみな丁寧で親切でしたよ。気持ちの良い対応をしてくれて、感じが良かったです。

by jenajena | 2012-01-21 23:47 | travel(国内)
2010年 11月 20日
シェラトン都ホテル大阪
四天王寺の骨董市とario八尾の円谷ジャングルへ行く為、立地的に便利なシェラトン都ホテル大阪に宿泊。
舞浜のシェラトン・グランデ・トーキョーベイ・ホテルに宿泊した時に気持ちの良いサービスを受けたので、今回もシェラトンを選んでみました。本当は梅田の方で泊ってみたいホテルがあったのですが、骨董市に近いココのホテルに泊まった為、またの機会に・・・。


さて、今回泊った部屋はプレミアムシェラトンスーパーキング・ダブル。
広さ 31~32m² 、ベッドサイズ 幅200cmのシェラトン・スイート・スリーパーベッド設置。
a0157597_17325678.jpg

a0157597_17331777.jpg
大人2人と寝像の悪い息子1人が寝る為、ダブルではなくキングサイズのベッドの部屋にしました。主人と私で息子を挟んで寝ないと、ベッドからよく落っこちます(^^;


バスルームはこんな感じ。浴槽は一昔前?のイメージ。評判通り、ちょっと古さが悲しさを醸し出しています。
a0157597_17374141.jpg
そして残念だった事は、この残念なバスタブに髪の毛がくっついていた事と便器の横に薄茶黄色の液体?が落ちて乾燥した跡が!何じゃこりや(怒)と思いながら、フロントに文句をいうのも面倒だったので、手持ちの除菌液(衛生的だし、ちょっと潔癖症気味なのでいつも携帯しています)を大量に振りかけ、自分で掃除をする羽目に007.gif


で、アメニティは毎度おなじみ、シェラトン製のもの。シトラスの香りのシリーズです。
ソープとボディジェルは使いますが、シャンプーとコンディショナーは髪がパサつくので使いません。
今回はボディミルク(たしか他の所ではあったような・・・)は付いていませんでしたが、バスソルトがありました。
スリッパは梱包された清潔なもの。柔らかな履き心地です。
a0157597_17384972.jpg

a0157597_17391016.jpg



テレビは薄型液晶でした。ほとんど見なかったけどね。
a0157597_17395746.jpg



デスクは大きすぎず小さすぎず、高速インターネット接続も無料なのでまずまずってとこです。
a0157597_17404354.jpg



加湿器を頼んで持ってきて下さった方が息子に気が付いて、『お子様のの寝間着などをもうご用意させてもらってますか』と聞いて下さって、まだだと伝えると、息子にパジャマと浴衣、そしてスリッパとアメニティ(これは子供用がなかったので大人と同じもの)を用意して頂きました。あ、タオルもね。
シェラトンはこういうソフト面では文句なく素晴らしいですよね。
a0157597_17315834.jpg



画像はないのですが、朝食バイキングについて苦言を。
朝からカツガツ食べる方ではないので、メニューの種類はさておき、基本的な事が気になりました。
まず用意されているお皿ですが、綺麗に洗えていないものが多すぎる! さあ、使おうと思って手に取ると洗えきれていなくて、次の皿に替えようとそれを手に取ると、これにも何かこびりついてる!
それとトレイ。これもまたハッキリいって宜しくない。私、なにかひっくり返しましたっけ?と思ってナプキンで拭いても取れない茶色の汚れ。何でしょうかね、アレ。トレイも私のだけでなく、他のトレイもあまり綺麗でないトレイが多々あり・・・。
やはり食べ物を乗せるものですから、汚れているのなら綺麗に洗うなり、古くなっているのなら取り替えた方が宜しいのではないのでしょうか。と思った次第です。

そうそう、部屋の空調もあまり効かず、暑がりの主人と息子は『暑い暑い!』と言い困っていました。

立地の良さとサービスはgoodですが、朝食の件とバスルームの件、それと空調があまり効かない事を考慮すると、次回の宿泊は考えちゃいますね。

by jenajena | 2010-11-20 23:45 | travel(国内)
2010年 09月 05日
小又川(龍神)温泉 楽酔舎 ~2010.9 和歌山~
楽酔舎の食事です。
とにかく色々な種類を沢山食べることができ、満足度120%でした。

a0157597_652144.jpg
こちらは到着後すぐに出して下さったコーヒーと一緒に出して下さったアップルケーキ。
米粉で作ったケーキでたしかバターも使っていないとの事。甘さ控えめでとても美味しかったのでお持ち帰りをお願いしてしまいました。


a0157597_7173917.jpg
夕食です。夕食は離れではなく、到着後通された本館で頂きます。
見て下さい、この美味しそうな料理の数々! 生まれて初めて鮎の刺身を頂きましたが絶品でした。川魚独特の臭みが全く無く、プリプリとした身が美味しかったです。この刺身は梅醤油で頂きました。


a0157597_7281032.jpg
囲炉裏では鮎を焼いてくれます。


a0157597_7432066.jpg
a0157597_7434133.jpg
次から次へとお料理が出てきます。
最後に熊野牛の笹蒸しが出てきたのですが、これがまた美味しい!お肉自体が良いお肉を使ってくれていて、おまけに下に余分な脂が落ちるお鍋で蒸してくれているので、肉の旨みがよく出て最高でした。
ただ、ウチは小食なので食べきれませんでした。ゴメンナサイ・・・!
殆ど食べきったお義母さんには脱帽です005.gif


a0157597_7451078.jpg
お酒はここの親戚の方が作ってられるとの事。やはり料理に合った芳醇なお味で、ついつい沢山頂いてしまいました。


a0157597_6244554.jpg
そして、朝食です。朝からこんなに立派なご飯で、とても嬉しかったです。


a0157597_630159.jpg
アマゴ(だったと思う)の干物を、その場で炙ってくれて頂きます。やはり焼きたてはいいですね~。


a0157597_631531.jpg
最後にデザートお庭で頂きました。


全てのお料理に心がこもっており、最高のおもてなしをして頂きました。
食べるのに夢中で撮り忘れたお料理がまだ幾つかあったので、全部紹介する事は出来なかったのが残念です。

なので、機会があれば一度行ってみてください 。
美味しい料理、いいお湯の温泉、“何もしない事が贅沢”な時間、そして何よりも楽酔舎にはホスピタリティがあります。サービスではなく、本当に人をもてなす心があると感じました。

最後に、楽酔舎に連れてきてくれた主人にも深く感謝します。有難う!


その他の写真はコチラ

by jenajena | 2010-09-05 23:10 |   ・2010.9 和歌山