タグ:bakery ( 2 ) タグの人気記事

2013年 02月 11日
今回のお取り寄せパンはZopf(ツオップ)
実店舗でも通販でも人気のベーカリーショップ、Zopf(ツオップ)
今回はこちらを注文してみました。

ホームページから通販のカテゴリから飛んでみますと、な、な、なんと直ぐに買えない事が判明!
通販のお知らせがあり、『次回受付は○月○日 ○時××分からです。』という次回受付発送日が書かれていました。
その時間になったので、注文開始!商品MENUのカテゴリへ行き注文するのですが、どうやら通販可能な
商品と、不可の商品がある模様。とりあえず吟味して?カートへポチります。
発送は通常便と冷凍便と選択できるのですが、時節柄大丈夫かなと思ったので通常便でお願いしました。

数日後、届きました。
ダンボールをバーンと開けると・・・、

ナチュラルな茶色の薄紙で覆われており、ショップシールが貼られていました。
オーダーした物が分かっていても、開ける楽しみといいましょうか、期待が膨らみます。

a0157597_1537985.jpg


じゃーん!
箱の中はギューギューに詰められているのではなく、余裕を持ってパンが入れられています。
そして、直接ビニール袋にパンを入れているのではなく、薄紙でパンを包んでからビニール袋に入れています。

a0157597_1538471.jpg


ショップカードとパンの保存方法や食べ方が書かれた注意書きも入っています。
美味しいパンを出来るだけ焼き立てに近い状態で食べてもらいたいという、店の方の願いでしょうね。

a0157597_1538457.jpg


さて、注文したパンの紹介を。
これはルヴァン・カンパーニュ。酸味のある自家製グリーンレーズン酵母を使っているそうです。
なんと粉は、店の石臼で国内産小麦を挽いており、このパンにはその全粒粉が入っているとの事。
思ったよりクラストが厚い目で、酸味がきいていました。チーズがとても合いそうです。

a0157597_15524410.jpg


コンプレノア。
自家製粉した全粒粉とZ酵母で作ったパンで、しっかりとした噛み応えのパンでした。
私は、こういうタイプのパンも好きですねー。
ワインが欲しくなっちゃいます♪

a0157597_15525268.jpg


パンオノア。
これは息子のリクエスト(笑)。クルミのエグ味もなく、美味しかった~。
ルヴァンカンパーニュより、柔らかい目でした。

a0157597_155338.jpg


Zopf 酵母バゲット。
Zopf で販売されているシンプルなバケットは4種類ほどですが(フランスパンのカテゴリには9種類あり)
通販可能なバケットは、この Zopf 酵母バゲットのみです。Zopf の看板バゲット、と言ったところでしょうか。
クープも規則正しく切れており、我が家のようなラフなクープとは違いました(笑)

a0157597_15531027.jpg


クロワッサン。
なんと、こちらは小さな箱に入ってきましたので、もちろん潰れはありませんでした。
こういう細やかな心配りは流石ですね。
クロワッサンは、日本でよくある軽い目のサクッとしたパイのようなクロワッサンでした。
日本ではこのタイプは主流のようですね。(みんな、こういうタイプのクロワッサンを望んでいるという事かな?)

a0157597_15531778.jpg


シナモンロール。
頼んでいたのを忘れておりまして、最初オマケが入っているのと勘違いしておりました(^^;
だって、とても小さかったんだもん。サンプルかと思っちゃった・・・。
あ、でも美味しかったですよ。底の辺りのシナモンシュガーがカラメル状になっていて、美味しい新発見でした。

a0157597_15532375.jpg


そして、ベークル。
プレーンとブルーベリーをチョイス。
一度に沢山購入しても食べきれないので今回2種類だけ注文しましたが、この他に特別ベーグルという
ものがあり、週代わりで中味が変わるそうです。(それも楽しみね。)
こちらの粉は石臼挽きではないようです。意外とソフトなベーグルでした。

a0157597_15532999.jpg


やはり人気の店という所は、それだけ納得できる何かがあるようですね。
通販にしても手を抜かず、いえ、通販だからこそ、届いてから出来るだけ美味しく食べてもらいたいと
いう思いで梱包などにも工夫をし、そして食べ方や保存方法のリーフレットを入れるなど、
様々な工夫がとても勉強になった買い物でした。

by jenajena | 2013-02-11 15:27 | bread | Comments(14)
2013年 01月 21日
こういうクロワッサン、目指してます! Floriole Cafe & Bakery
最初クロワッサンを作りはじめる時、夫と『どういうクロワッサンを目指して作ろうか?』と話し合いました。
TARTINE BAKERYのようなクロワッサンにしようかとも考えたのですが、夫がある日『こんなクロワッサンが
あるよ』とサイトを教えてくれました。


それはアメリカ・シカゴに Floriole Cafe & Bakeryというベーカリーショップ。
ここのオーナーのSandra Holl は、TARTINE BAKERYで働いた経験があるんです。
その後独立してシカゴでベーカリショップを開店させているのですが、ここのクロワッサンがとにかく美味しいらしい!
Sandra Hollのご主人というのがフランス人の方で(多分そうだったと思う・・・)、その彼が納得する味になるまで
クロワッサンを作り続け、そして遂に納得する味のクロワッサンが出来たと言います。


彼女が作るクロワッサンは我が家と同じくサワードウ・クロワッサン(Sourdough Croissant)。
外はバリパリ、中はふっくらモチモチらしいです。(大きさも日本のクロワッサンに比べ、かなり大きいんです)
一度彼女の作るクロワッサンを食べてみたいですね。


彼女の作るクロワッサン、Youtubeで見れますので、興味のある方はどうぞ♪




by jenajena | 2013-01-21 06:44 | bread | Comments(24)