タグ:Home cooking ( 103 ) タグの人気記事

2013年 01月 05日
カブのクリームスープ おせちのアレンジ♪
結局、伊勢海老くんは・・・そのままです(^^;
今日は何とか調理、するでしょう~。 多分。・・・多分です。


ところで。おせち料理にね、カブのあっさり煮を作っていたんです。
我が家の煮物は、野菜そのものの味を壊さないように薄味で焚いております。
お出汁は昆布を使い、薄口醤油を少々、塩、みりんなどを、全て少しずつ。。。

そのカブが少し残っていたので、ありきたりですが寒いこんな日にピッタリの、カブのポタージュを作りました。

a0157597_23484920.jpg


カブを小さく切り、飴色になるまで炒めた玉ねぎとチキンスープ少々、牛乳と一緒にミキサーにかけ、裏ごし
して出来上がり。最後にパセリとエクストラバージンオイルを少々垂らして出来上がりです。
生クリームを入れても良かったのですが、牛乳だけの方がカブ本来の味を壊さず頂けました。

カブの優しい味が染みわたります~♪

by jenajena | 2013-01-05 07:24 | Home cooking
2013年 01月 02日
御節は八海山純米吟醸と共に・・・
さて、昨日の元旦は例年通り夫のご両親が夕食時間に遊びに来てくれるのですが、早い時間の夕食となるので
朝食と昼食を兼ねたお雑煮を頂きました。
我が家は特に決まった雑煮といのはないのですが、私の実家で作っていたのと同じく、白味噌仕立てで人参と
大根、そして丸餅を入れ、青海苔を振りかけて頂きます。夫は青海苔は振りかけません。
2日目は吸い物仕立てで頂く事が多いですね。
吸い物の時の具は、蒲鉾や大根、人参、そして三つ葉、というのが多いです。

a0157597_1635041.jpg


少し前までは御節は重箱にいれていましたが、一昨年からは大皿に盛って頂いております。
大皿・・・といっても、あれやこれや作らず、毎年作って好評な料理だけチョイスして、品数少なめにしています。
夫のご両親も私達も大食漢ではないので、毎年作っては沢山残ってもったいないなぁーって思ったから。
でも、これらの料理以外にも黒豆やイクラ、鯛の赤出汁、デザートのケーキやフルーツ等なども一応作っています。
写真を撮るのを忘れたけれど(苦笑)

a0157597_16381723.jpg

a0157597_1640250.jpg


そして御節と共に頂いた八海山純米吟醸

a0157597_16575790.jpg


八海山は大好きな日本酒の1つなのですが、やはり間違いなく美味しかった~。
精米歩合が50%だけのことはある美しい味と喉越し。辛口すぎないので、御節にも合いますね。
いつもはもっと安い目の日本酒(純米酒)を頂いておりますが、いつもより価格帯を上げると、やっぱりそれなりに美味しかった。笑

で、こと後、夫のご両親宅へオヨバレ♪
元旦は夫のご両親が来てくれたので、今度は私達がお呼ばれされました(^^)
そして、私の遠慮のない『焼き肉食べたい~』のリクエストで、本日これから焼き肉を頂いてきます。
世の中では嫁姑で色々な意見がありますが、幸せな事に夫のご両親ともホントに素敵な方で大好き♪
いつも私に良くして下さる夫のご両親に感謝です!

では、行ってきま~す070.gif

by jenajena | 2013-01-02 17:15 | liquor/drink
2012年 12月 25日
クリスマスディナーとカロン・セギュール2008
皆さん、素敵なクリスマスを過ごされましたか?

我が家も大したことは出来ませんでしたが、温かい夜を過ごしました。


Roger Goulart (ロジャーグラート)のロゼの後、今年もChateau Calon segur2008(カロンセギュール)を頂きました。
2008年だったんで、若干若いかな?と思いましたが、スパイスを効かせたローストチキンには丁度良かったかな。
若いながらもチョコレートの風味もあり、満足できる1本でした。

a0157597_1427924.jpg


クリスマスは平日だったので、簡単に出来る物を中心に。
息子の好きなムール貝のトマト風味を作ったのですが、塩を加えていないのに塩分がスゴイ!
かなりしょっぱかったー(TT)
食べる時期とかによって塩分が濃くなったりするのかしら?

a0157597_1427166.jpg


そうそう。今年のサンタさんですが、息子に小太鼓をプレゼント053.gif
去年は獅子舞。笑
世の中の子供達はDSやWiiだの貰ったとか言ってますが、ウチの子はあまり興味がありません。
伝統芸能っぽいものとかに興味を示します。
小太鼓をクリスマスに貰ってからというもの、私が小太鼓を叩き、息子が獅子舞の中に入って踊っています。
今時の子供と比べたら、ちょっと変わった趣味をしているかもしれませんが、個性的な息子が将来どんな風に育っていくのか楽しみな母です♪

by jenajena | 2012-12-25 23:23 | liquor/drink
2012年 11月 06日
初めてのアップルジェリー作り
エキサイトのブログでも、美味しそうなアップルジェリーをみなさん作ってらっしゃって、美味しそうでキレイ~と思い、
すっごく作りたくなりました。
実はアップルジェリーを作ったのは今回が初めて。
いろんな方のレシピを見たりして作ってみました。

まず、みなさんのレシピを見るとリンゴは紅玉で作ってるのよね~。
でも近所に紅玉は売っていなかったので、一番色の赤かった『秋映』というリンゴを使いました。

a0157597_13164192.jpg


このリンゴは赤、というよりは赤黒い?色をしていたので、ちょっと心配しましたが、意外と色はそんなに出ませんでした。
ほんのり不透明なピンクの色でした。
それが、砂糖を入れて煮込むと、あら不思議!透明のピンク~ガーネット色になるのね。

よく分からなかったのが、濃度。
濾しとったリンゴ液の半分くらいになればO.Kって書いてあったり、冷凍庫で冷やしたお皿に小さじ1杯程度の果汁をたらし1分置いたジェリーの表面を指で押さえたら膜にシワが出来るようであれば大丈夫だとか・・・。
皆さんはどうやって見極めているのかなぁ~。

a0157597_13165617.jpg


結局心配で煮詰めすぎて、やや硬めのジェリーになってしまいましたが、それでもキレイなジェリーが出来て大満足~♪
また近いうちに再挑戦してみようかな(^^) あ、もう少し酸味も欲しかったので、レモンジュースも入れてみます。

by jenajena | 2012-11-06 23:16 | Sweets
2012年 10月 26日
牛テール肉の赤ワイン煮込み
立派な牛テール肉が手に入ったし、少し寒くなってきたので牛テール肉の赤ワイン煮込みを作りました。

(写真が茶色だなぁ・・・笑)

a0157597_652451.jpg


コトコトと香味野菜と赤ワインで煮込むこと、数時間。
トロットロの煮込みが出来上がりました♪

a0157597_6565256.jpg


丁度バケットも焼き上がったので、一緒に頂きました。
残ったソースはパンにつけて・・・ね。
これが美味しいのよ~

a0157597_6575672.jpg


これからの季節、体が温まる煮込み料理がイイネ♪

by jenajena | 2012-10-26 22:49 | Home cooking
2012年 10月 05日
ブラックオリーブの塩漬けとグリーンオリーブの新漬け
もっと沢山あると思っていたオリーブ、先日の台風で傷がついたりして、オリーブ漬けに使えるものが意外と少なくて、ちょっとガッカリ(泣)。

黒く色付いたものと、グリーンのものと選別をして・・・、

a0157597_9395110.jpg


ブラックオリーブは塩漬けに。
ビンにブラックオリーブを多い目に入れ漬けるだけ。
最初に塩水に漬けたりする方法もありようですが、イタリア人の方が昔から作っているシンプルな方法で今回やってみました。
数週間(7週間ほど)漬けたあと、食べる分だけ塩抜きします。
クリスマス頃には食べられるかな?

a0157597_940969.jpg


そして、グリーンオリーブは新漬けに。
新漬けには苛性ソーダを使って渋抜きをするんですが、オリーブと同量の水に2%溶液になるように苛性ソーダを入れて、8~15時間ほど渋抜きをします。

a0157597_940227.jpg


そのあと黒くなった水がキレイな透明なるまで何度も水をかえます。(3~4日くらい水をかえるかな)
そして塩水に漬けて暫く置いて食べる事ができます。
こちらは食べれるまでもう少しです♪

a0157597_9403778.jpg



ところで、10月5日は息子の幼児園の運動会かありましてね、年少組さんの時から万年かけっこがビリで、最後になることも悔しくないという息子でした。(その事が夫は歯がゆかったみたい)

ところが、今年は奇跡がおきまして(奇跡ではなく頑張りです、すみません!)、かけっこで1番になりました♪
夫の喜びようはもちろん、家族みんなで大喜びをしましたよ053.gif

そんな我が家にお客様がやってきました。
『コーンッ!』という音がしたのでデッキをみると、どうやらメジロが窓ガラスにぶち当たったみたいで、軽い脳震盪をおこしたのでしょうか、暫く動かないので心配していると、目をパチッと開けました。
そんな珍客のメジロちゃんに息子は興味津々で、近くに寄って『かわいいなぁ~、かわいいなぁ~』を連呼。
そのうち元気に羽ばたいていきましたが、その後も元気で空を飛んでいるか心配している今日この頃です。

a0157597_9405194.jpg


by jenajena | 2012-10-05 22:35 | Home cooking
2012年 09月 30日
秋の味覚 サマツのパスタ 
今年もサマツの季節になりました!
昨年も同僚のマキちゃんに貰ったのですが、今年も頂いちゃいました~。

見て下さい。このボリューム。20本もありました。
実は2週間ほど前にも頂いたのですが、カメラ入院中の頃だったのでブログには載せられませんでした。

地域の人達が『サマツ』と呼んでいるこのキノコは、マツタケよりやや早く出回ります。
色や形はマツタケと見間違うくらいよく似ています。
ただ香りはマツタケほど強くなく、ほんのりマツタケの香りがするくらいです。(ポシティブな言い方をすれば上品な控えめな香り)
食感はまるでマツタケ、マツタケにソックリです。
そうそう、このキノコ、『バカマツタケ』という場合もあるらしいですが、バカマツタケはマツタケより香りが強いらしいので、別の種類と思われます。
これの正式な名称、分かる方いらっしゃったら是非ともご連絡ください(笑)

a0157597_6351342.jpg


今年1回目に頂いた時は、ゴージャスに3合の米に18本のサマツと油揚げを入れてサマツご飯を作ったのですが、今回はオイルベースのサマツパスタを作りました♪
ほんのりと香るサマツの匂いを楽しむため、あっさりとオイルベースで自家製パンツェッタと一緒に、コレが正解でした。

a0157597_6462648.jpg


流石に庶民の口にはマツタケは滅多に入りませんが、サマツでマツタケ気分をいっぱい味わえます。
秋の味覚に感謝ですね o^▽^o)/

by jenajena | 2012-09-30 22:32 | Home cooking
2012年 09月 03日
ブルーベリーとフィグのコンフィチュール
カメラが壊れる前に撮っていた写真・・・

実家からブルーベリーをたくさん貰ったし、家の庭のイチジクの実がどんどん生ってきたので、コンフィチュールを作りました。

a0157597_1129142.jpg
a0157597_11291620.jpg


ところで、コンフィチュールとジャムの違いって・・・?

『材料を数種類組み合わせたり、香辛料や酒類などを加えて風味豊かに仕上げたもの、糖分を控えて材料の新鮮さを前面に出したもの、長時間煮込まずに瑞々しさがあるものなど、独自の工夫をこらした、従来の”ジャム”とは一味違うものをさしていることが多いようです』だそうな。(こちらのサイトより抜粋)

そっかぁ。じゃあウチは、煮込む時間も短いし砂糖の量もとても少ないからコンフィチュールって言う方がいいのかも。
この季節とっても美味しいフルーツが色々出回っているから、他のフルーツでも作ってみようかな~♪

by jenajena | 2012-09-03 22:28 | Home cooking
2012年 08月 05日
カフェ・ドゥ・パリ・バターのレシピ♪
会社の夏祭りも無事終了し、やっと少し落ち着きました。
何かと気忙しかったのですが、先月の末にtrinさんから美しい絵葉書が届きました。
届いたお便りに励まさせて頑張れましたよ~。trinさん、有難うございま~す♪ 
a0157597_633483.jpg



さて、先日のcafe de Paris butter(カフェ・ドゥ・パリ・バター)のレシピを公開します。
下記の画像は、パンに軽く塗ってゆで卵などをトッピングしてみましたが、とても美味しかったですよ。

a0157597_632346.jpg


とにかく使う材料が多いのですが、作り方はとても簡単~♪
手に入らない材料や苦手なものは適当にアレンジしてみてください。
Damien Pignoletの『French』のレシピに出来るだけ忠実に載せさせてもらいます※


 【材料】

  ・無塩バター 1kg                                    
  ・トマトケチャップ 60g                               
  ・ディジョンマスタード 25g 
  ・酢漬けケイパーの荒みじん切り 25g                         
  ・エシャロットのみじん切り 125g        
  ・フレッシュパセリのみじん切り 50g     
  ・フレッシュチャイブのみじん切り 50g    
  ・乾燥マジョラム 5g                
  ・乾燥ディル 5g                
  ・フレッシュタイムのみじん切り 5g                 
  ・フレッシュタラゴンのみじん切り 少々     
  ・ドライローズマリーのみじん切り 少々
  ・ニンニクのみじん切り 1片分
  ・アンチョビのみじん切り 8切れ分
  ・ブランデー 大さじ1
  ・マディラ酒 大さじ1 
  ・ウスターソース(リーペリーソース) 小さじ1 
   ・パプリカ 小さじ1
  ・カイエンヌペッパー 少々
  ・白コショウ 少々 
  ・レモン汁 1個分
  ・レモンの皮のすりおろし 1/2個分
  ・オレンジの皮のすりおろし 1/2個分
  ・塩 10~20g     

 【作り方】

  ・無塩バターを室温に戻し、滑らかになるまで泡だて器で混ぜる。
  ・別のボールでバター以外の物を混ぜる。
  ・それをなめらかになったバターと一緒に混ぜる。
  ・冷凍する場合はアルミホイルの上にのせ、円柱の形に包んで冷凍し、次回使う時は必要な分だけ切り分ける。

このバターは肉料理や白身魚のムニエルはもちろん、クラッカーに塗っても良し、パスタに絡めても良し。
色々とアレンジして使えます。
沢山作って冷凍保存しておくといいですね(^^)

a0157597_6322513.jpg


by jenajena | 2012-08-05 06:20 | Home cooking
2012年 07月 29日
cafe de Paris butter で ミニステーキ
今週の土曜日に(天気が悪くなければ)毎年恒例の会社の夏祭りがあり、その準備や月末ということもあって、何かと忙しい今日この頃。
早朝と帰宅後は蚊に刺されながら水やりしなければならないし、連日連夜のオリンピックもついつい見てしまう。
ちょっとスタミナ不足ということもあり、先日ガッツリとステーキを食べたくなりました。

たまたまステーキ用の肉が安く売り出されていたので購入~♪
折角なので、いつもと違う味付けで食べたかったので、サンフランシスコのGreen Apple Booksで毎年買ってくる料理本のひとつからメニューをチョイス!
今回選んだのはDamien Pignoletの『French』という本の中から、cafe de Paris butterを作りました。

a0157597_62542.jpg


cafe de Paris butterは名前のごとくバターを基本に、ガーリック、オレンジとレモンのすりおりした皮、ディジョンマスタード、トマトペースト等々入っているのですが、これがもう激ウマ~053.gif
ステーキの上に乗せて食べるのですが、パンにつけても美味しい~060.gif
熱々のステーキの上にこのバターをのせたらすぐ溶けちゃいましたが、溶けてもGoodよ!!!

a0157597_6275971.jpg


サイドメニューもパリのカフェをイメージして、地元産の特大ナメコのソテーとクミン風味のサフランライスも添えてみました。
このcafe de Paris butter があれば、お徳用のお肉も高級お肉に変身します。
お肉だけじゃなく、白身魚のムニエルにも使えそうです。
冷凍保存も出来るので、たくさん作っていざという時に役立ちそう(^^)

by jenajena | 2012-07-29 23:22 | Home cooking