2014年 06月 02日
冷やしアメリカンチェリー♪ oishii
皆様、前転・後転が出来るコツのアドバイス、有難うございました!
『お陰さまで出来ました。』
と言いたいところですが、どうやら諦めた様子。
もう練習は嫌だ!とは言ってませんが、練習する気は全くなさそうでございます。
まるでドラえもんののび太くんを見ているような・・・。
いやいや、またそのうち練習をはじめてくれる事でしょう。(ホントかぁ~?)


さて、週末は暑かったですねぇ。
あまりの暑さに、昨日息子は近くの海に泳ぎに行きました。
海の水は少しだけ冷たかったようですが、『海の男』息子は夫に連れられ、
ぷかぷか海に浮いて遊んできたようです。

私ですか?
日光が怖いので、家でお留守番でございます。
(最近日に焼けても戻らない&そして目の充血が酷くなるのデス・・・)

そんな暑い日は冷たいフルーツを。
大好物のアメリカンチェリーを氷水に浮かべただけなんですが、
この甘酸っぱいアメリカンチェリーがよく冷えて、暑さを吹っ飛ばしてくれました。


a0157597_23012422.jpg




暑さはこれからが本番!
暑さに負けない体力をつけて、夏を乗り切らなくっちゃね♪





いつも有難うございます♪ ポチッと押して頂けると、とても嬉しいです☆

↓               ↓
にほんブログ村 料理ブログ 自家製酵母パン作りへ
にほんブログ村     
にほんブログ村 グルメブログ おうちグルメへ
にほんブログ村


# by jenajena | 2014-06-02 06:00 | foods | Comments(24)
2014年 05月 30日
前転・後転できません&クラッシュナッツのチーズタルト
先日帰宅したら、夫が私にこう言った。

『うちの子、前転と後転が出来へんらしいで。それもクラスでこの子だけらしいよ。』

またまた冗談を~、と思いながらも息子に聞いてみたら、
『そうや、俺だけ出来へんねん♪』
と、なぜか嬉しそうに答えた。

とりあえず、どんなものか見たかったので、その場で息子に実演させてみた。

・・・。

前転は一応回るが、なぜかドテッと横向きに倒れ伸びたまんま、
後転にいたっては、まるでダンゴ虫がひっくり返って起き上がれない状態だ!
何度も後転を試みるが、回らずユラユラと仰向けになって揺れているだけ・・・。

あまりにも情けない姿にボー然となったが、その滑稽な光景に思わずワロタ。(失礼!)
まぁね、いつまでも笑っている訳にはいかないので、ただいま前転・後転の特訓中です!

前転・後転のコツ、知ってらっしゃる方、アドバイス求む!



*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*



さて、こちらは少し前に作ったクラッシュナッツのチーズタルト。

大容量のKiriのクリームチーズがいっぱい冷蔵庫の中に残っているのを発見。
『賞味期限、もう直ぐやん。ひぇ~っ!』
と焦りながら作った割には美味しく出来上がった。
アーモンドプードルもちょっと入れてみたんだけど、いいアクセントになって正解!
トッピングのナッツをキャラメリゼしても良かったかも。
機会があったら、今度試してみよう~っと♪


a0157597_06210187.jpg





いつも有難うございます♪ ポチッと押して頂けると、とても嬉しいです☆

↓               ↓
にほんブログ村 料理ブログ 自家製酵母パン作りへ
にほんブログ村     
にほんブログ村 グルメブログ おうちグルメへ
にほんブログ村



# by jenajena | 2014-05-30 12:08 | Sweets | Comments(24)
2014年 05月 28日
夫が作るディナーと、嬉しいプレゼント
先日、夫が美味しいディナーを用意してくれました。

まずは我が家の大好きなチーズから。
サンタンドレ、ビエダングロワ、カベクー、オッソ・イラティー、それとペコリーニに焼き立てのバケットを添えて。 
焼き立てバケットは美味しいねぇ~♪


a0157597_06001129.jpg




まずはシャンパンでカンパーイ☆
シャンパンは前の記事に書いた、 J ラサール キュヴェ アンジェリーヌ ミレジム 2007
すっきり軽やかな味です。


a0157597_06041585.jpg




そして、白ワインへ。
ラベルが何とも可愛らしい白ワインはカリフォルニア・ソノマのRed Car Trolley Chardonnay 2011。
パーカーポイント92点を獲得した、シャルドネ100%のワインです。
2000年に立ち上げた歴史の浅いワイナリーですが、ワインの評価は良いようですね。
もっと樽香がするのかと思いましたが、そんなにするわけでもないけれど、軽すぎる訳でもない。
最初は酸味が少々強いかな?と思いましたが、まずまずのバランスの良さ。


a0157597_06085675.jpg




そして料理は魚のスープ。
ブイヤベース風なのですが、トマトをたっぷり入れ煮込んだそうです。
魚から出るスープがリッチな味になっています。
パンを浸して食べても美味しい~!


a0157597_06063017.jpg




次はスモークサーモンとリコッタチーズ、ほうれん草のラビオリ。バターソースで。
うーん、見た目男の料理ですが、味付けは繊細。


a0157597_06111144.jpg





リコッタチーズもパスタも自家製です。
味は結構イケる♪
ワインとの相性も良し!


a0157597_06122455.jpg




そして肉料理に合わせて赤ワインを。
1年は程前に購入して、買ったことをすっかり忘れていた Chateau Simard Saint Emilion 2003。
サンテミリオンのワインです。
タンニンもそんな多くなく、滑らかなテイスト。
しかし・・・今が丁度飲み頃か、そろそろ飲み頃を過ぎようとしているくらいの熟成度。
今日は空けて良かった―(^^;


a0157597_06374881.jpg




夫が私の肌の心配をして作ったかどうかは分かりませんが、今日の肉料理は牛テール肉のゼリー寄せ。
コラーゲンたっぷりでございます♪
香味野菜も沢山入っていて、触感も楽しいー!


a0157597_06170426.jpg





そうなんです。
この料理は私の誕生日に作ってくれたものなんです。
何日も前からメニューを考え、何日も前から用意をしてくれて感謝感謝でございます。
毎年、こんなに美味しい料理を作ってくれて有難う~☆
お腹いっぱい頂きましたよー。





そして・・・
un_voyageさんから、嬉しいプレゼントが届きました!

見て見て!
この可愛い陶器、なんだと思います?


a0157597_06193645.jpg




そうなの。クグロフの型なんだけど、とっても可愛らしいんです。
アルザス地方で作られたものなのですが、このポッテリとした形が何とも言えずイイ感じなの~ (= ̄∇ ̄=)
温かいメッセージ付きで、とても嬉しかったです!

un_voyageさ~ん、いつも有難うございまーす!!!

今度美味しいクグロフを作ってみますね ヽ(´▽`)ノ


a0157597_06272162.jpg




いつも有難うございます♪ ポチッと押して頂けると、とても嬉しいです☆
↓               ↓
にほんブログ村 料理ブログ 自家製酵母パン作りへ
にほんブログ村     
にほんブログ村 グルメブログ おうちグルメへ
にほんブログ村


# by jenajena | 2014-05-28 14:36 | Home cooking | Comments(24)
2014年 05月 26日
死ぬまでに飲みたい30本のシャンパン 14/30
死ぬまでに飲みたい30本のシャンパン 14/30 (一生に一度は飲みたい10本のシャンパン 5/10)
◆J ラサール キュヴェ アンジェリーヌ ミレジム 2007 /J. Lassalle “Cuvee Angeline” Millesime [2007]◆



世の女性達は頑張っています。
男性社会といわれる世界でも女性達は頑張っています。

今回飲んだ J ラサールは小規模なメゾンながら、女性当主がこのシャンパン造りに携わっているのです。
その為か、エチケット(ラベル)にはバラ色で描かれた天使が何ともエレガント!
女性らしいセンスが見受けられます。



a0157597_06313190.jpg




栓を抜き、ゆっくりグラスにシャンパンを注ぎます。
柔らかで淡い目の黄金色。
香りは洋梨や青リンゴのような香り、そして柑橘系の爽やかさもあります。
どっしりとしたボディではなく、どちらかといえば軽やかですが、決して線が細すぎて頼りないということはなく、
繊細で優雅な中にもどこか芯が一本通った、そんなシャンパンです。
因みに品種はピノ・ノワール40%、シャルドネ60%。



a0157597_06344114.jpg




この日はディナーの前に頂きましたが、この味・軽やかさならランチ時に飲む方が合っているかも。
シャンパンとしては価格も良心的なので、気負いせず飲む事が出来そうですね。





いつも有難うございます♪ ポチッと押して頂けると、とても嬉しいです☆
↓               ↓
にほんブログ村 料理ブログ 自家製酵母パン作りへ
にほんブログ村     
にほんブログ村 グルメブログ おうちグルメへ
にほんブログ村


# by jenajena | 2014-05-26 11:59 | liquor/drink | Comments(8)
2014年 05月 21日
(わたしのお気に入り)京都甘いもん巡り♪ ~2014.3 京都~ 
今回の京都旅行で、甘いもん巡りもしてきました♪
気になる店がいっぱいあり何処へ行こうか悩みましたが、今回は下記の3件に訪問してきました。



【MARIE BELLE(マリベル)】

まずはチョコレート店、MARIE BELLE(マリベル)へ。
チョコレート好きの方ならご存知だと思うのですが、こちらの店はNYで人気のお店で、
日本では、ここ京都と渋谷にショップがあるそうです。


a0157597_14075627.jpg




時々通販を利用して買ってきましたが、実店舗へ来るのは初めて!
情報どおり、すっごくゴージャスな店内で、目がクラクラ・・・。苦笑
煌びやかなシャンデリアに目を奪われます。


a0157597_14103912.jpg




ショーケースの中には色とりどりのガナッシュチョコレートがお行儀よく並んでいます。
店員のお姉さまも美しい方ばかり!


a0157597_14140337.jpg




どれも美味しそうなんですが、マリベルに来たならやっぱりガナッシュチョコレートでしょ!
種類がたくさんあり、どれをチョイスするか迷っちゃいます。

ガナッシュチョコレートは味によって絵のデザインも違うのです。
味で選ぶべきか、絵柄で選ぶべきか・・・
うーん、やっぱり迷います(^^;


a0157597_14154005.jpg




マリベルのチョコレートは美味しいんだけど、お値段高めなんです。
なので、今回も4個だけ購入♪
ワイルドベリー(右上)、ピスタチオ(右下)、パッションフルーツ(左上)、ジャスミンティー(左下)。
息子セレクトです(^^)

今回はチョコレートを買って帰りましたが、京都店ではカフェスペースもあり、
朝10時からでしたらモーニングもやっているそうですよ。


a0157597_14205291.jpg





【麩嘉(ふうか)】

夫が今回とても行きたがっていたお店、麩饅頭の麩嘉です。
といっても麩嘉は和菓子屋さんではありません。
江戸後期創業の麩専門店なのです。



a0157597_14382360.jpg




お店の横に
慈野井という井戸水があり、それはとても質の良い水なのです。
この地下水を使って、麩嘉の麩は作られています。
ちょっと触ってみると、とても冷たくサラサラとした水でした。


a0157597_19185526.jpg




この店で作られている定番の笹で包んだ麩饅頭と、季節の桜の麩饅頭を買ってみました。
笹の麩饅頭をいくつか購入すると、右の画像のようにとてもスタイリッシュなまとめ方をしてくれます。
このまとめ方があまりにも美しかったので、思わず写真に撮ってしまいました。


a0157597_19224375.jpg




笹で包んだ麩饅頭は、笹の清々しい香りが何とも言えないいい香り・・・。
桜の麩饅頭も優雅な香りです。
どちらとも中に甘さ控え目の上品なこし餡がはいっており、ちょっぴり塩味の麩饅頭との相性がいいのです。
麩もぷるぷるした食感で、スルッと喉に入っていきます。
どちらも美味しかったのですが、私はやっぱり笹で包んだ麩饅頭の方が好みでした♪


a0157597_23481584.jpg




【(いなり)ふたば】


出町柳に出町ふたばという豆餅(豆大福)が有名な店がありまして、そこへ行くつもりだったのですが、
噂通り長ーい行列が出来てまして、並んでいる列の整理をしていた店の方に何分待ちか聞いてみたところ、
『30分以上は待ってもらわなければ・・・』とのこと。

・・・無理っ! そんなに並べませーん!!

そういえば、伏見稲荷神社の近くにも確か同じ店名で豆大福を売ってらっしゃる店があったよな、
ということで、伏見へ向かいました。
出町ふたばとは打って変わって行列はなく、静かな時間が流れていました。


a0157597_05350964.jpg
(上の画像は京都じっくり観光HPよりお借りしました)





出町ふたばと伏見のふたばの先代さんは同じ店で修業されたのだとか。
私はまだ食べ比べた事はないのですが、やはり見た目も味もよく似ているそうです。
ただ、出町ふたばは豆餅といい、伏見のふたばは豆大福と呼んでいるそうで、
伏見の方がやや小ぶりだという方もいらっしゃいますが、本当のところはどうなんでしょうね。

赤ちゃんのほっぺのように柔らかいお餅に、塩味のきいた赤えんどう豆、
それらとバランスの良い甘さの餡子の絶妙なハーモニーが最高です。美味です!!!
たくさん買っても食べきれないよなーと思い10個購入しましたが、あっという間に無くなっちゃいました。

豆大福は冷凍も可能なので、もっと買っておけばよかったなぁ・・・とちょっと後悔。
今度は出町ふたばと食べ比べしてみたいな♪


a0157597_05384357.jpg



京都の新旧の甘いもん、美味しゅうございました。
伝統の甘いもんは今食べても尚美味しく、新しい甘いもん(スイーツ)は新しい発見もあり捨てがたい。
京都って所はスゴイですね。
私のお気に入りのお店が、また増えちゃいました(^^)




いつも有難うございます♪ ポチッと押して頂けると、とても嬉しいです☆

↓               ↓
にほんブログ村 料理ブログ 自家製酵母パン作りへ
にほんブログ村     
にほんブログ村 グルメブログ おうちグルメへ
にほんブログ村


# by jenajena | 2014-05-21 11:52 |   ・2014.3 京都 | Comments(18)
2014年 05月 16日
ホテルモントレ京都 ~2014.3 京都~ 
今回の京都旅行でお世話になったホテルはホテルモントレ京都
烏丸通三条にあり、何処へ行くにも便利な立地にありました。
(因みに、横隣と真向かいにスターバックスがあって便利でしたよ~)



a0157597_12121795.jpg




宿泊した部屋はクイーンダブルの部屋ですが、20平米とシティホテルに比べるとちょっと狭い目。
ツインの部屋は赤色系でまとめられていますが、今回の部屋のようにダブルの部屋は
シックなダークトーンでコーディネートされていて、落ち着いた印象です。
本当はツインの部屋にしたかったのですが、こちらのダブルの部屋が予約サイトのポイントが
10倍ポイントになっていたので、こちらの部屋を予約しました。



a0157597_12124672.jpg



モントレはシティホテルとビジネスの中間くらいのクラスのホテルになるのかな?
けれど、備品は充実しています。
スリッパも使い捨て用のパイル生地のものと、ビニール地のものの2種類あり、
ナイトウエアもローブとパジャマ、両方置いてありました。



a0157597_12332047.jpg


事前に子供がいる事を伝えていたので、フロントで子供用のアメニティセットを頂く事ができました。
クマちゃんのスリッパが可愛いんです♪



a0157597_13230251.jpg




デスクは・・・部屋が狭いだけあって、作業スペースも狭い。苦笑
夫は旅行中でも仕事をしなくてはなりませんので、この上でPC広げての作業は窮屈そう。
夫曰く、『狭くても仕事は出来る。問題ない。』らしい(^^;


a0157597_13211021.jpg




コンパクトなバスルーム。
バスルームまでシックな色使いです。
この手のバスルーム、慣れていないので苦手なのよねぇ~。
シャワーカーテンで仕切っても、使い方が悪いのか?いつも水浸しになってしまいます。



a0157597_12144321.jpg




バスタオルとかはケチらず、沢山置いてくれているのが嬉しいです。
シャンプー、リンス、ボディソープは備え付け。
使い心地は悪くはなかったですね。


a0157597_14031993.jpg




部屋は決して広い訳でもなく、ラグジュアリー感もありませんが、
清潔で可愛らしい部屋、十分な備品、丁寧な応対をしてくれるスタッフ、
何処へ行くにも便利な立地、何よりもリーズブルな価格設定で満足のいくホテルでした。





いつも有難うございます♪ ポチッと押して頂けると、とても嬉しいです☆

↓               ↓
にほんブログ村 料理ブログ 自家製酵母パン作りへ
にほんブログ村     
にほんブログ村 グルメブログ おうちグルメへ
にほんブログ村


# by jenajena | 2014-05-16 17:08 |   ・2014.3 京都 | Comments(6)
2014年 05月 15日
京都の中華料理 美齢(メイリン) ~2014.3 京都~  oishii
京都最終日のランチに行った店、中華料理・美鈴(メイリン)
以前この店がTVで紹介されていたのを夫が見て、行きたいなぁと常々思っていたらしい。
コストパフォーマンスがよく、知る人ぞ知る・・・みたいな紹介だったらしい。

高くて美味しいのは当たり前!?ですが、安くて美味しいのなら行かなくっちゃ!
ということで、予約を10日ほど前に入れて行きました。

そうなんです。
こちらのお店は予約が取りにくい店なんだそうです。



a0157597_10225503.jpg





こちらの店も分かりにくい路地にありまして、スマホのナビを頼りに車で向かいましたが、
『到着です』のスマホの音声にも、それらしき店が見当たらない!
とりあえず私だけ車から降りて店を探してみると、車が通れない細い路地にこの店はありました。



a0157597_10200902.jpg





店に入るとテーブル席が少しとカウンターがありましたが、私達の席は2Fに用意を
してくれていたようで、上へ行くよう促されました。
2Fはお座敷になっていて、2組入れるようテーブルが2つあり、
既に一組がランチを食べている最中でした。

私達は本日のランチ(1000円!)を注文。
最初に前菜3種盛りがきました。
蒸し鶏の胡麻ソースがけ、ホタテの和えもの、それとトマトの上に
乗っかているのは・・・、何だったっけなぁ?
失念してしまったけど、美味しかった事は覚えてる(苦笑)。



a0157597_09591933.jpg




次はスープ。
今日のスープはホタテと干し海老のスープでして、旨みがギュッと出ていまして、
とても美味しく、お代りしたくなる味でした。



a0157597_10004218.jpg




次は鶏肉の豆鼓蒸し。
ほんの少しピリ辛でしたが、辛いもの好きの私達には特に辛いという印象はなし。
丁度いい辛さです。
ふっくらジューシーに蒸しあがっていて、ご飯とよく合います。



a0157597_10021161.jpg





イカと季節の野菜炒め。
こちらは優しい味付けで、野菜もシャキシャキした食感を残して炒めているので、
野菜本来の味がしっかり残っていて二重丸♪
順番的に言うと、私は先に薄味のコチラを食べて、それからしっかりした味付けの
鶏肉の豆鼓蒸しを食べたかったなぁ。



a0157597_10035776.jpg




こちらの美鈴さん、麻婆豆腐が有名らしいということで別途注文しました。
その名も『石焼きマーボー豆腐』。
非常に熱そうな石の器に入った麻婆豆腐がグツグツと音を立てて煮立ってます。
その視覚だけでも熱くって辛そう~!
食べてみると、山椒の香りと味が程良くきいていましたが、
自分で調節できるよう、ボトルに山椒を持ってきてくれてましたので、
さらに山椒を追加投入~♪
山椒特有の辛さがじわじわとやってきて、舌が痺れますぅ。笑
この山椒、かなり効きます!!!

もちろん、唐辛子の辛さもありますが、辛さだけが際立っているのではなく
ちゃんと他の旨みも感じられます。



a0157597_10144553.jpg





そして最後のデザートは豆乳の抹茶プリン。
甘さ控え目のプリンで、3個は食べれそう♪



a0157597_10171535.jpg




店主の方は営業中は寡黙に鍋を振っていましたが、
仕事が終わると穏やかな口調で
応対してくださいます。
奥様も清楚でおしとやかな方で、とても感じがいいです。

美鈴の中華料理ですが、店主の方が某ホテルで料理(広東料理が専門らしい)を
していただけあって、味付けはとても繊細な印象を受けました。
ここのようにお手頃価格で美味しく頂ける中華料理なら、また来たいですね。
今度はディナーに来てみたいと思いました。




美鈴(メイリン)
 京都府京都市
上京区黒門通元誓願寺上ル寺今町511 
 TEL 075-441-7597
 営業時間 11:30~14:00 17:30~21:00
 定休日 月曜日、不定休 




いつも有難うございます♪ ポチッと押して頂けると、とても嬉しいです☆
↓               ↓
にほんブログ村 料理ブログ 自家製酵母パン作りへ
にほんブログ村     
にほんブログ村 グルメブログ おうちグルメへ
にほんブログ村


# by jenajena | 2014-05-15 15:53 |   ・2014.3 京都 | Comments(10)
2014年 05月 09日
京都の小さなパリ ビストロ ボン・モルソー ~2014.3 京都~ 
京都2日目の夜、7時に予約をしていたので、散歩がてら歩いてその店に行きました。
この日予約を入れた店はビストロ・ボン・モルソー
地図で場所を確認して向かったものの、中々目的地が見当たらない。
歩けど歩けど・・・見当たらない!

20分程歩いただろうか。
予約の時間を随分過ぎてしまったので、携帯のNAVIを使っていく事に。
(最初から使えば良かったのに・・・)
お店にも迷って送れる旨のTELをいれた数秒後、やっとお店を発見!
ここ、さっき通り過ぎた所だわ ( ̄△ ̄)

そう、ここは路地を入った所にあり、我が家のようにうっかりしてしまうと
見過ごしてしまう場所にあるんです。

『遅れてすみませーん!』
と、遅れた事に申し訳ない気持ちで謝るも、
『大丈夫ですか~? お待ちしておりました♪』
と、優しそうなマダムが、何とも気持ちの良い出迎えをして下さり恐縮。




a0157597_07004790.jpg




随分歩いたので、3月の寒かったこの日でもかなり汗をかき、喉も乾いた事ですので
とりあえず何かドリンクを頂きましょう~。
息子は自家製レモンスカッシュを、夫はコート・デュ・ローヌを、私はクレマンを頂きました。

しばらくすると、パン(バケットとカンパ)を持ってきて下さりました。
どうやらパンは麩屋町にあるワルダーというパン屋さんのものだとか。



a0157597_07051413.jpg






まず最初にオーダーしたのが、自家製パテとロースハム、バスク産サラミの盛り合わせ。
このパテ、食べたかったのよね~
レバーとかあまり好きじゃない方でも食べれそうなくらい美味しいパテでした。



a0157597_07081485.jpg





リヨン風サラダ。
野菜好きの息子の為に注文。
ドレッシングがさっぱりしてしていて美味しかったです。



a0157597_07095377.jpg




ここで次の料理の為にワインを注文。
夫はカリニャン(carigran)、私はソーヴィニヨンブランを頂きました。



a0157597_07131641.jpg




私の注文した料理は、ホタテ貝のムース、サラダ添え。
本当はホタテのムースが3個入っていたのですが、
多分食べきれそうにもなかったので2個にしてもらいました。
ホタテがフワフワして、口の中でトロケます。
ソースはバターソースだったかな?
ホタテの旨みもそのソースにしっかり入っていましたよ。



a0157597_07154114.jpg




夫の注文したのはブータンノワール!(血のソーセージ)
コチラの店に来たのはコレ食べに来たから・・・と言っても過言ではない。
見た目と血のソーセージというと、ギョッとするかもしれませんが、
実はとっても美味しいソーセージなんです。



a0157597_07181760.jpg




血・・・というと鉄っぽい味がするんじゃないの?と思われる方も
多いかもしれませんが、スパイスやハーブで血の臭みは感じられません。
因みにこのソーセージには肉は入っていません。
血とスパイスやハーブだけで作っているそうです。
横に添えているリンゴソースと共に頂いても美味しいですが、これだけでもGood !
これはまた食べたいくらい美味しかったわ~♪



a0157597_07193174.jpg




私達は子供がいるので、他のお客様の迷惑ならないよう入口の離れた席にしてもらったのですが、
その席の横に小さな窓があり、そこから厨房内が見れるんです。
なんと良い席何でしょう(^^)
夫と息子は厨房内に興味津々。
息子を抱っこして、そーっと覗いてみましょう。



a0157597_07205817.jpg




ほ~ら、この笑顔!
夫も息子も、こういうのを見るんが大好きなんですよね。

小さな厨房内ではシェフが一人で、忙しそうに調理をされていました。



a0157597_07281490.jpg




次に注文したのが、丹波鶏むね肉のロースト・ビネガー風味、ペンネ添え。
息子がパスタを食べたいというので、コチラの料理にしました。
ビネガーソースの酸味が突出しておらず、とても円やかで美味しゅうございました。



a0157597_07225484.jpg




ここで、またまたワインを注文。
今度は夫も私もシラーを頂きました。
グラスワインの種類は白が2種類、赤が3種類、泡物は1種類(クレマン)と、
そんなに選択肢が無かったけれど、フルボトルなら選択肢は沢山ありましたね。
グラスワインの種類も増やしてほしいわぁ~



a0157597_07241908.jpg




そして〆の国産牛もも肉のタルタルステーキ。
久しぶりに生肉が食べたかったのよねぇ~♪
夫は生肉があまり好みじゃないので、遠慮なく私だけで頂きました。笑



a0157597_07265523.jpg




写真では良く分からないかと思うのですが、全体的にボリュームがあるんですよね。
いかにもビストロ!という感じの量で、家族でシェアして食べるには丁度いいです。

料理だけではなく、カラフェや店内の雰囲気自体もパリのビストロぽくって素敵です。



a0157597_07293070.jpg




ここ京都の路地に『小さなパリあり』と言ったところでしょうか。
まるでパリのビストロに迷い込んだかのような錯覚に陥ります。



a0157597_07352735.jpg




帰りの際は、シェフとマダムがお見送り下さいます。
ブータンノワールがとても美味しかった事を伝えるととても喜んで下さいました。
でも日本では注文される方がまだまだ少ないとか・・・。

ところで、こちらのマダムに、
『以前お越し下さった事ありました? どこかでお会いしたような記憶があるのですが?』
と言われたのですが、私はこの店は初めての来店。
でも実は私もどこかで会った記憶があるんですよねー。
マダムの話し方とか、シェフの顔とか、記憶の中の引き出しにあるような
気がするんだけど、どうにも思いだせないのよねぇ・・・。
で、未だに思い出せませーん(^^;

・・・どこで会ったことがあるのでしょうね?笑




ビストロ ボン・モルソー
 京都府京都市
中京区寺町通錦小路上ル円福寺前町274 
 TEL 075-212-8851
 営業時間 12:00~14:00(L.O) 18:00~21:00(L.O)
 定休日 火曜日、第3水曜日 






いつも有難うございます♪ ポチッと押して頂けると、とても嬉しいです☆

↓               ↓
にほんブログ村 料理ブログ 自家製酵母パン作りへ
にほんブログ村     
にほんブログ村 グルメブログ おうちグルメへ
にほんブログ村


# by jenajena | 2014-05-09 06:30 |   ・2014.3 京都 | Comments(16)
2014年 05月 06日
今度はドラえもん♪ 息子の遠足キャラ弁 mama
我が家は例年通り、今年もGWはどこへも行かず家でまったり過ごしていますが、
先日はとても良い天気でしたので、近くの浜へ釣りに出かけてみました。

風が少々強く肌寒かったのですが、気が付けば風も止み、
ジリジリと暑くなり、蝉まで鳴きはじめていました!

そして・・・
気が付くと、青空に綺麗な虹が出ていました~♪

釣りの成果は、手のひらサイズの小さな鯖を4~5匹、それと息子が
磯遊びで獲った小さなエビが7匹、それとガンガラ という貝(バテイラ )が4個。
晩御飯の足しにはなりそうもなかったので、全て海に返してあげました(^^)



a0157597_21432289.jpg






そうそう。
延期になった遠足が先日あり、またまたお弁当作りをしました。
夫が『オレに弁当を作らせろっ!』と言っておりましたが、
息子がまたキャラ弁のリクエストをしたので、夫のお弁当作りは次回ということで(^^;

今回はドラえも~ん♪


ドラえもんのおにぎりの中身はタラコちゃんです。
おかずは鶏肉のレモンソース煮と渋いところで切り干し大根の煮物。
大好きなインゲンの塩茹でサヤエンドウ。
『このハムでお花を作って~』とお願いされた、ビアソーセージハムの花。
そしてドラえもんといえばネズミでしょ?と言うことで、
うずらの卵で作ってみたものの、うーん、ネズミというよりはキツネっぽい!?
そして大好物のフルーツ盛り合わせを添えてみました☆



a0157597_21300397.jpg




『全部食べたよー! 美味しかったよー!』
と、空っぽになったお弁当箱を開けて
『ほーらね♪』
と嬉しそうにどや顔で見せてくれる息子よ、

いつも残さず食べてくれて有難う♪





いつも有難うございます♪ ポチッと押して頂けると、とても嬉しいです☆

↓               ↓
にほんブログ村 料理ブログ 自家製酵母パン作りへ
にほんブログ村     
にほんブログ村 グルメブログ おうちグルメへ
にほんブログ村


# by jenajena | 2014-05-06 10:46 | Home cooking | Comments(18)
2014年 05月 05日
石臼粗挽きの手打十割蕎麦 、蕎麦屋 にこら  ~2014.3 京都~ 
2日目のランチは蕎麦屋さんへ行こうと決めていた。
京都で何軒か行きたいと思っていた蕎麦屋さんがあるのですが、
予約が出来る蕎麦屋さんって少ないんですよね。
店に来た順番に・・・というスタンスの店が多いんです。
それも売り切れ御免だったり・・・。

今回訪れた蕎麦屋にこらは、ランチ時間に予約が出来ます。
但しコース料理を予約しなくてはなりません。
さすがに昼からガッツリ蕎麦コースは食べきれませんので、予約をせず訪れました。
既に店の前には3組の方が並んでいたのですが、3組なら直ぐかな?と思いきや、
店の中でも数組が待っている状態でした(^^;



a0157597_06411398.jpg




待つこと30分以上、寒さの中我慢してやっと入ることが出来ました。
待っている間、店の外にある献立を見ながら注文する品を決めていたので、
座ってから注文に迷うことはなく、スムーズに注文できました。

温かいおしぼりと蕎麦茶でほっこりしていると、単品で注文した蕎麦味噌が運ばれてきました。
ワタシ、蕎麦味噌のプチプチした食感が好きなんですよ。
ここの味噌はやや辛い目(赤味噌?の割合が多い)です。
これを胡瓜にのっけて、次の料理が来るまでボリボリ食べてました。



a0157597_06430085.jpg




夫が旬彩セレクト(料理3品盛り合わせ+天ぷらのセット)を頼んでいたので、
これをみんなで突っつきながら、ひたすら蕎麦を待ちます。
この日の3品盛り合わせは、京鴨ロース煮、真鯛の昆布〆カルパッチョ、菜の花と蕗の酢味噌和えでした。
真鯛の昆布〆が美味しかったですね。
日本酒が欲しくなりましたが、昨日沢山の飲みすぎましたので、ランチ時間はアルコールは無しです。笑



a0157597_06435528.jpg




天ぷらは塩で頂きます。
サクッと揚がっていて、脂っこくなくgoodです。



a0157597_06445030.jpg




さぁ、お待ちかねの蕎麦です。
このお店の蕎麦は十割蕎麦で、店主の方の十割蕎麦にかける熱意もかなりなものです。
夫はどちらかというと二八蕎麦が好みなのですが、こちらの十割蕎麦は
喉越しが良くボソボソ感がないので、結構気に入ったようです。
蕎麦の香りもしっかり残っていて食べていて楽しめます。
蕎麦は茨城の常陸秋蕎麦の実をつかっているそうで、
それを丁寧に石臼でその日使う分だけ引くとの事です。
蕎麦つゆも鰹の香りが良くきいていて、辛すぎず、甘すぎず、良いバランスでした。



a0157597_06464366.jpg



蕎麦ファンの皆様、蕎麦のアップです。
十割蕎麦をここまで細く綺麗に打てるなんて、中々じゃありませんか。
十割蕎麦でもこれくらい細いと確かに喉越しはいいですね。



a0157597_06474334.jpg




和モダンな空間に、美味しい蕎麦。
日本酒に焼酎、ワインも揃っていて、お酒と蕎麦を楽しめる粋なオシャレな大人の蕎麦屋さんという感じでした。

こちらの蕎麦も美味しかったけど、他にも気になる蕎麦屋さんが何店かあるので、
どこの蕎麦屋さんにしようか今から検討します。笑





蕎麦屋にこら
 京都府京都市上京区五辻町69-3
 TEL 075-431-7567
 営業時間 11:30~14:30 17:30~20:30
定休日 水曜日、第3火曜日 





いつも有難うございます♪ ポチッと押して頂けると、とても嬉しいです☆

↓               ↓
にほんブログ村 料理ブログ 自家製酵母パン作りへ
にほんブログ村     
にほんブログ村 グルメブログ おうちグルメへ
にほんブログ村


# by jenajena | 2014-05-05 06:32 |   ・2014.3 京都 | Comments(14)
2014年 04月 30日
本日のおすすめ!?と、息子の控え目なめこのキャラ弁
先日、魚を買おうとスーパーの鮮魚コーナーへ行って驚いた!



a0157597_11504239.jpg


刺身売り場の横に、本日のおすすめ、

『金魚』

・・・!?


おススメって・・・∑( ̄[] ̄;)!ホエー!!

まさかねぇ~、まさかねぇ~(^^; 


かなりブラックなスーパー・・・(ミ ̄エ ̄ミ)



 ** ** ** ** ** ** ** **



そのスーパーで買った鯖(金魚より安かった。笑)で作った南蛮漬けが入ったキャラ弁。

『なめこ栽培キットのなめこにして~!』
とのリクエストで、キャラをやや控え目に作ってみた。



a0157597_06220100.jpg




グレアさんという方のブログを参考に作ってみました。
卵を出汁醤油に漬けてなめこの色を出すのですが、
出汁醤油が卵にしみて美味しかったそうです(^^)

結局、この日遠足は雨と体調不良の子が多かったために中止となり、
3日後に延期なった為に、またお弁当を作らなくてはなりません。

『今度は○○なめこにしてな♪』
のリクエストに、どうやって作るか悩み中。笑





いつも有難うございます♪ ポチッと押して頂けると、とても嬉しいです☆

↓               ↓
にほんブログ村 料理ブログ 自家製酵母パン作りへ
にほんブログ村     
にほんブログ村 グルメブログ おうちグルメへ
にほんブログ村


# by jenajena | 2014-04-30 14:37 | Home cooking | Comments(20)
2014年 04月 29日
フランス老舗のブーランジェリー PAUL(ポール)京都三条店  ~2014.3 京都~  sanpo
色々ありまして・・・
思うようにブログの更新が出来ません・・・。

相変わらずのらりくらりの更新ですが、訪問して下さるととても励みになりますっ!



さて、京都でのレポがまだまだ残っているので、ちょっと急いで更新です(^^;

京都での朝食はホテルで頂きませんでしたので、ホテル近くのパン屋さんへ向かいました。
2013年10月にオープンしたというPAUL(ポール)
ここにはカフェスペースがあり、モーニングやランチなどが頂けるのです。



a0157597_06112373.jpg




とてもシックでオシャレです。
東京や大阪などに数店ありますが、京都ではココが初めての店のようです。
前回京都へ来たとき、オープンしていたなんて気が付かなかったなぁ。

朝9時半頃に訪れたら、まだバケットは並んでいなくて、11時頃(あれ?10時だったけ?)に焼きあがるよ、との事でした。



a0157597_06150580.jpg





私の大好きなハード系が沢山あって、テンションが上がります。



a0157597_06155210.jpg





クロワッサンサンドも美味しそうですね。



a0157597_06180282.jpg




ペストリー類も沢山種類があり、どれにするか迷ってしまいます。



a0157597_06185000.jpg




朝早い時間でも、タルト類は豊富にあります。
フルーツ大好きの息子は、ベリーたっぷりタルトとミックスフルーツのタルトに目が釘付け・・・(^^;



a0157597_06201102.jpg





モーニングはカフェスペースにて頂きました。



a0157597_06270707.jpg




夫はモーニングセットを注文。
内容は確かバケットのサンドイッチとワッフルだったかな。
コーヒーまたは紅茶付きで500円(この時はまだ税込で525円)。

私はクロワッサンサンドが食べたかったので、それと紅茶を注文し、
息子は先ほど目を付けていたベリーのタルトとフレッシュフルーツのタルトの2個、
それにミルクを注文しましたが、結構割高になっちゃった・・・。
モーニングセットにすれば良かったわぁ ( ´△`)



a0157597_06282231.jpg




パンの価格設定はやや高め、というところでしょうか。
とりあえずカンパーニュとクロワッサン、それとフルート・アンシェンヌを購入。
このフルート・アンシェンヌとバケットの違いは形だけの違いのようです。
フルート・アンシェンヌのほうが、ちょっと細身です。



a0157597_06300068.jpg




カンパーニュは気泡がやや詰まり気味ですね。
味はほんのり酸味が心地いいです。
そんなに酸味が強くないので、万人受けするんじゃないでしょうか。



a0157597_06324881.jpg




普段ははハード系のパン中心に食べていますが、こちらはペストリーなどが気になります。
写真に撮るのを忘れましたが・・・、
100%好み、という訳でもなかったのですが、クロワッサンアマンドも美味しかったです。
コチラのパンは紅茶より、コーヒーと一緒に食べたい、と思わせるお味でした♪





PAUL(ポール)
 京都府京都市中京区三条通高倉東入ル桝屋町53-1 Duce mix ビルディング 1F
 TEL 075-256-5018
 営業時間 8:00~20:00(朝食、ランチあり)
定休日 年中無休 



いつも有難うございます♪ ポチッと押して頂けると、とても嬉しいです☆
↓               ↓
にほんブログ村 料理ブログ 自家製酵母パン作りへ
にほんブログ村     
にほんブログ村 グルメブログ おうちグルメへ
にほんブログ村


# by jenajena | 2014-04-29 13:58 |   ・2014.3 京都 | Comments(10)
2014年 04月 19日
大好きオリーブ尽くし! 小豆島のお・み・や・げ♪
いや~。エライ目にあいましたわ・・・(´ρ`)

先週末から息子が胃腸炎になりまして、吐くわ熱出るわ、お腹が痛くなり喚きちらすわ、
散々な日々が続き、やっと治ったかと思いきや、今度が私が胃腸炎になってしまって
二日ほど寝込み、その後も何日か這いながら(貞子か!?)出勤しました。
息子も私もすっかり良くなりましたが、あらてめて健康の有難さがよくわかりました。
皆さんも健康に気を付けましょうね~☆



さて。
先日un_voyageさんから、小豆島の美味しいお土産が届きました~♪
我が家の大好きなオリーブづくしですよ。

オリーブの葉を焙煎して作ったオリーブ茶、オリーブの花酵母仕込みのヤマヒサ醤油、
それとun_voyageさん手作りのオリーブクラッカー!を送って下さいました(^^)



a0157597_19171236.jpg




早速お茶を頂きました☆
このオリーブ茶はですね、手摘みした小豆島産オリーブの葉を焙煎して作ってるんですが、
甘い香りのするハニーブッシュと、『老化予防に良い』(これ重要ね)と言われている
ルイボスティー、柿の葉、ビタミンCたっぷりローズヒップがブレンドされているんです。
これはもう飲むしかないでしょ。笑

ルイボスの独特の香りが甘い香りのハニーブッシュで抑えられ、焙煎したオリーブの葉も
香ばしくって、とっても飲みやすいお茶だわ~ ヽ(=´▽`=)ノ 



a0157597_19262513.jpg




そして、日もそろそろ沈もうとしている時間となりましたので、我が家のカクテルタイムに突入です。笑
『待ってました』と、nu_voyageさん手作りのオリーブクラッカーをイソイソと開封♪

う~ん、オリーブの良い香りが広がるぅ~。

小豆島産の新漬けオリーブと井上誠耕園の緑果絞りエキストラヴァージンオリーブオイルを
使って、このクラッカーを作ったんだって!(だからオリーブの香りが濃くっていい香りがしたんだぁ。)



a0157597_06521994.jpg




我慢しきれず、日が沈む前にワインと一緒に頂きまーす☆

はっ! これは・・・、
確かに『止められない止まらない~、かっぱえびせん♪』の世界です。笑
un_voyageさん、この美味しさは誰にも止められません。
あっという間に、無くなっちゃいました。
オリーブの香りと、塩の加減といい、サクサク感といい、もう最高ですね。 ♪~♪ d(⌒o⌒)b♪~♪
ワインとの相性もピッタリよ。
さすが私の好みをよくご存じでらっしゃる。
本当にこれは美味しかったです☆
nu_voyageさんファンの皆様、抜駆けごめんね~ <( ̄∇ ̄)ゞ



a0157597_06491323.jpg




un_voyageさん、我が家にも小豆島の風、吹きましたよ~!
いつも有難うございまーす♪

(レシピもこっそり教えてね~。←これ、かなり本気。笑)





いつも有難うございます♪ ポチッと押して頂けると、とても嬉しいです☆

↓               ↓
にほんブログ村 料理ブログ 自家製酵母パン作りへ
にほんブログ村     
にほんブログ村 グルメブログ おうちグルメへ
にほんブログ村


# by jenajena | 2014-04-19 14:07 | goods | Comments(10)
2014年 04月 09日
一汁三菜からはじまる、御食事処乃 福松 ~2014.3 京都~ 
京都へ行くたびに飲食店のレベルって高いと感じます。
高級割烹店だけじゃなく、居酒屋、フレンチ、イタリアン、パン屋さんなど
ジャンルを問わず、レベルの高さに驚かされます。
やはり生き残るために腕を磨き、工夫を凝らし、舌の肥えたお客に満足してもらうために
日々頑張っているからなのでしょうか。


さて、伏見での日本酒まつりのあとホテルに戻り、少し散策した後に夕食に出かけました。
この日お伺いした店はホテルから歩いて行ける距離にあるのですが、
路地の奥にある店でなので少々分かりずらい所でスマホのナビを頼りに行きました。

御食事処乃 福松
こちらが1日目の晩御飯を頂くお店です。
18時半に予約を入れました。



a0157597_06303901.jpg




既に先客が4~5名ほどいまして、カウンターのみの店内はあと数名で満席です。
お伺いすると、その数席も予約でうまっているとの事。
この日はとても寒かったので、出して下さった温かいおしぼりが気持ちいい。
落ち着いたジャズが流れイイ気分になったところで、夫は鹿児島の焼酎を、私は山形の純米酒・大虎を頂きました。

そうそう。こちらのお店はとても面白いシステムになっていまして、
カウンターに座るとまず一汁三菜が出てくるんです。
それをアテにお酒をちびちびとやるのもよし、足りなければ追加注文をします。
因みにこの一汁三菜で、な、な、なんと!1500円なのです。

まず最初に頂いたのは新玉ねぎと若芽の酢の物。
新玉ねぎの甘さがとシャキシャキした食感がいいですね。



a0157597_06332044.jpg




次にサバの味噌漬け。
私は味噌漬けが大好きなので嬉しいですね。
純米酒・大虎は、新玉ねぎの酢の物とも合いましたが、こちらの味噌漬けとも相性良し。
大虎はサッパリしていますが、旨味もちゃんとありますので幅広く合わすことが出来そうです。



a0157597_06351880.jpg




汁物はイワシのつみれ汁。
イワシのつみれは見た目凄い色をしていますが、イワシの味がギュッと凝縮していて
それがお出汁の中にも染み出ています。
良いお味です。



a0157597_06374182.jpg




そして一汁三菜の最後の品、八寸。
季節感をふんだんに取り入れ、春らしさを演出しています。
この日は、イカナゴと胡桃の佃煮、冥加と春キャベツの甘酢、ブロッコリーの煮浸し、
鰹のたたき、スナップエンドウと蕗味噌、クラゲの中華風、山芋煮でした。
今日は春と言えど、霙が降り、まるで冬に逆戻りしたかのような天気でしたが、
このお重の中は春がいっぱいで思わず嬉しくなりました。



a0157597_06391511.jpg



座った席が丁度店主の方の前だったので、料理をする様子がよく見えます。
我が家にとってはこの席は特等席。
次のお料理が運ばれてくる間、じっくりと眺めたり、お話をしたりして・・・。
料理の写真や店内の写真撮影にも快く承諾してくださいました。



a0157597_06432125.jpg




店主が魚を切っているのを見ているとアレが食べたくなり、そして注文。
それを注文する時に、その料理に合いそうなお酒も一緒に注文。
山形の純米吟醸生酒、白露垂珠。
すっきりしているのに芳醇で辛口のお酒です。



a0157597_06464907.jpg




『アレ』というのは、〆鯖のこと。
これが食べたくてこのお店に来たようなものなのです。
福松の〆鯖は酢で〆切っていないので、どちらかというと刺身に近いです。
この〆鯖を大根おろしかワサビで頂くのですが、鯖のねっとりした感じが
大根おろしと合わすことでサッパリと頂けるのです。



a0157597_06480202.jpg






〆鯖を満悦したあとは、自家製のからすみを注文。
やや小ぶりのからすみをスライスし、バーナーで炙り・・・



a0157597_06494578.jpg




定番ですが、大根の上に載せて頂きます。
塩加減も丁度良く塩っ辛くないので幾らでも食べられます。
口の中で濃厚な味が広がります。



a0157597_06511032.jpg




からすみを頂きながら、これに合うお酒を店主の方に相談。
『島根の十旭日はどうですか?』
『では、それを頂きます♪』
旨味があり、しっかりとしたボディで、そして切れもある。
美味しいお酒です。



a0157597_06534895.jpg





『今日のおススめは?』と、夫。
『そうですね、稚鮎の唐揚げとかはいかがでしょう?』と店主。
うん、確かに美味しい。
山椒塩を付けて食べるのだけど、はらわたの仄かな苦みが心地いい・・・。
それを十旭日でグイッと流し込む。
夫は相変わらず焼酎を飲んでいるが、きっと焼酎にも合うだろうな。



a0157597_06543777.jpg




そろそろ息子も眠くなってきたようなので、締めの注文を。
『最後の締めにふさわしいお酒ってなんでしょう?』
『古酒とかはいかがですか? 山廃の純米酒があるのですが・・・。』
『古酒ですか。ではそれを下さい』

頂いたお酒は滋賀県お酒、不老泉の山廃仕込純米原酒。
確か3年熟成させたものだったかと思います。
まるでウイスキーのような黄金色をしたお酒は、奥行きのある味と香りでした。



a0157597_06564324.jpg





最後のアテはホタルイカの干物。
炭火でさっと炙ります。



a0157597_06585619.jpg





あー、まるで八代亜紀の舟歌の世界。
『肴は炙った烏賊でいい~♪』

若い人は分からないだろうなぁ。笑



a0157597_07001073.jpg




これだけ食べて飲んで、驚いたのはお勘定。
ちょっとドキドキしながら伝票を見て驚愕した。
思っていたより遥かに安かったー。
からすみも食べたしなぁ~、お酒もたらふく飲んだし、絶対かなり支払わなきゃアカンよな・・・
なんて思っていたけど、嬉しいことにかなり良心的な金額だった!
『ほんまにエエんですか?』と、思わず聞き返したくらい。笑



a0157597_07023608.jpg



気さくな店主とテキパキと動くスタッフの方達。
美味しい料理とお酒・・・。
静かな店内で肩ひじ張らず寛げる空間。

またまた素敵な和食店を大好きな京都で発見してしまいました。





御食事処乃 福松
 京都府京都市中京区衣棚通六角上ル了頓図子町475  
 TEL 075-741-7138
 営業時間 18:00~23:30
定休日 不定休 




いつも有難うございます♪ ポチッと押して頂けると、とても嬉しいです☆
↓               ↓
にほんブログ村 料理ブログ 自家製酵母パン作りへ
にほんブログ村     
にほんブログ村 グルメブログ おうちグルメへ
にほんブログ村


# by jenajena | 2014-04-09 16:36 |   ・2014.3 京都 | Comments(16)
2014年 04月 03日
伏見の日本酒まつり ~2014.3 京都~ 
第8回伏見の清酒新酒蔵出し「日本酒まつり」。
3月21日に伏見で行われたのですが、こちらに行ってきました!

前日くらいまでは暖かかったのですが、この日は寒くってねー。
霙まで降って、凍えながら?行ってきました。

伏見の清酒利き酒会というのがありまして、『
伏見の蔵元季節限定新酒きき酒』が御香宮神社で、
『伏見の蔵元自慢の名酒きき酒』が伏見夢百衆にて行われました。
連休の初日とあって伏見まで来るのに渋滞し、伏見に到着したのが昼過ぎ!

とりあえず昼食前に
御香宮神社の会場で蔵元季節限定新酒利き酒をしました。



a0157597_06054253.jpg





会場の入り口で受け付けし、入場チケットとリストをもらいます。



a0157597_06070378.jpg




会場の中には伏見の新酒が並べられ、リストに書かれている能書きを見ながらお味をチェック♪
会場では少々?出来上がっている人もチラホラと・・・(^^;



a0157597_06081433.jpg




『どうだ!?』と言わんばかりに、樽もドーンと飾ってありました。
知らない酒蔵もいっぱいあるぞ~!



a0157597_06091068.jpg




試飲は大きな杯からスポイドでチュポチュポと小さな杯に入れて頂きます。
(この小さな杯は受付した時に一人1個頂けるんですよ。)
このスポイド1回分だととっても少ないのですが、会場のお酒全部を飲み込んで
試飲しようとしたら結構な量になるので、少ないと思っても控えめに・・・。苦笑



a0157597_06120547.jpg




御香宮神社を出て、とりあえず急いで昼食を食べた後に向かうは伏見夢百衆。
ここでは『伏見の蔵元自慢の名酒きき酒』が行われています。



a0157597_06153088.jpg




こちらの中にもたくさんのお酒が陳列されており圧巻です。



a0157597_06163424.jpg
a0157597_06202027.jpg






伏見夢百衆はかなりの混雑をしており、酔っぱらったハンパなくいらっしゃた為、先に進めません(泣)
まるで酒場状態です( ̄□ ̄;)!!
いつも利き酒会って、こんなのな雰囲気なのでしょうか?(ひぇ~!)



a0157597_06171676.jpg






とりあえず、来たからには利き酒をしなくては!
少しだけお酒を入れて、グビッ♪
伏見のお酒はフルーティーなものが多いですね。



a0157597_06175441.jpg






こんな張り紙がありますが、あまり役立っていないじゃないかと・・・。



a0157597_06185003.jpg






伏見夢百衆での利き酒が終わった後、外へ出て近くを散策。
この辺りは酒蔵が多いので、あちらこちらの酒蔵でも利き酒をしています。
路地では酔っ払いさん達が大声で酒盛りしてたり・・・。
それを見てビビる息子。
そりゃ、道端で酒飲んで大声出してりゃ子供はビックリするよな(^^;



a0157597_06133029.jpg





私達はこちらの蔵元さんの蔵開きにお邪魔しました♪
神聖というお酒をつくられている山本本家です。



a0157597_06215284.jpg





そろそろ終了という時間に行きましたので、粕汁や販売品は売り切れ・・・。
うーん、食べたかったなぁ、粕汁。残念(><)



a0157597_06232452.jpg






折角ですので、こちらでも試飲をさせて頂きました。
選んだのは純米大吟醸『神聖』。
昨日、この日のために詰めたそうです。
スタッフのオネエさん、紙コップにドバドバとお酒を沢山注いてくれたのですが、
これ、飲みきられへんでぇ・・・ w(゚o゚)w オオー!
(この頃、寒さ絶好調!)



a0157597_06262937.jpg






そろそろ息子も飽きてきたので、そろそろ伏見をあとにすることに。
あちらこちらの蔵元さんの蔵開きも終わりのようで、路上で酒盛りをして盛り上がっていた人達もお開きに。

『じゃ、また来年~♪』
と、真っ赤な顔と目をして千鳥足で帰っていく酔っ払い達・・・。
ちゃんと帰れるんだろうか?


そうそう。
伏見は有名な酒造地だけあって、質の良い水に恵まれているんですよね。
これでお茶やコーヒーを入れても美味しいんだろうなぁ。



a0157597_06304335.jpg





伏見の日本酒まつり。
いや~、濃かった・・・です( ̄ω ̄;)





いつも有難うございます♪ ポチッと押して頂けると、とても嬉しいです☆


↓               ↓

にほんブログ村 料理ブログ 自家製酵母パン作りへ
にほんブログ村     
にほんブログ村 グルメブログ おうちグルメへ
にほんブログ村


# by jenajena | 2014-04-03 11:58 |   ・2013.9 京都 | Comments(20)