<   2015年 03月 ( 3 )   > この月の画像一覧

2015年 03月 25日
カンパーニュで作る、フィッシュサンドのカレー風味
夕べ焼いたカンパーニュで作った、フィッシュサンド。
今日の魚はタラを使い、カレー風味に仕上げてみました。
(写真ではカレー風味かどうか分からないですよね。笑)
アクセントに大好きなピンクペッパーをトッピング。
仕事が休みの日なら玉ねぎのスライスもたっぷり入れたのですけどね。
今日は控えめに^^

a0157597_16140074.jpg





今回焼いたのはカンパーニュ2個とプチバケット4個。
プチバケットはいつものバケットを半分に分けて焼いただけですけど。笑


a0157597_16033560.jpg






あー、クープが切れちゃいました。
惜しい!
けど、美味しい♪


a0157597_16015422.jpg






皆さんのブログでは春らしいパンやお菓子、お料理がいっぱいで
目の保養させてもらってます~♪
ウチは相変わらずマイペースでパンを焼いてますが、
そろそろ春らしい記事をアップしたいなぁ~。





ということで、お知らせです。
エキサイトでは彩り華やか!楽しさ2倍「お花見&春の行楽弁当」の特集がスタートしました!
当ブログも関連記事として紹介して頂きましたので、宜しかったら見てくださいね♪
私の記事はこちらの下の方に掲載されてます♪→

a0157597_11403204.jpg



 頂いたコメントのお返事は折り返し訪問時にさせて頂きます。
ブログをお持ちでない方はコメント欄でお返事させて頂きますね。





*いつも有難うございます♪ ポチッと押して頂けると、とても嬉しいです*
↓               ↓


by jenajena | 2015-03-25 16:38 | tartine/sandwich | Comments(7)
2015年 03月 16日
フランス郷土料理 Bistro Cerisier(ビストロ スリージェ) ~2015.2 京都~ 
今回の京都旅で行ったお店をもう一軒アップ。
京都の出町柳にあるフランス料理店、Bistro Cerisier(ビストロスリージェ)


a0157597_06170613.jpg
(コチラの画像は『いつもNAVI』さんから画像をお借りしました) 




ビストロ スリージェはミシュランのビブグルマン・京都2015にも選ばれたお店で、
フランスの郷土料理を食べられるということ、
安くて美味しいということ、
個性的であるということ、
これらの理由で行ってみたいと思い予約。

場所は京都・出町柳の住宅街の少々分かり辛い所にあり、
目的地辺りまで着いても店が分からず、しばらくキョロキョロしながら店を探したけれど、
あら、こんな所にあるじゃな~い、という所にあり拍子抜け。笑

店内はフランスの田舎にありそうな、温かみのあるインテリアで統一されて、
これから出てくる料理も期待が膨らむ。


a0157597_15373092.jpg




こちらのお店の料理は結構しっかりとしたものが多そうだったので、濃厚でスパーシーな
Fitou Domaine de Rolland(フィトゥー ドメーヌ ド ロラン)をいきなり注文。
実際飲んでみると、思ったより軽い目で、出だしのワインとしては丁度良かったかも。
息子にはザクロ100%で出来た発泡性のジュースを。
これ、結構美味しかったのですよ。


a0157597_05535226.jpg





まず1品目。パテ・ド・カンパーニュ。
定番ですが、我が家の好きな前菜。
ああ、ワインがすすむ・・・。


a0157597_05554945.jpg





アンディーヴ、クルミ、ブルーチーズのサラダ。
アンティーヴのほろ苦さとクルミのナッティな風味が良く合います。
シンプルな料理だけど、とてもバランスが良く調和した味。
これ、是非真似したい味ですね。


a0157597_06000500.jpg





そろそろ新しいワインを注文。
今度はChateau Le Bourdieu(シャトー ル ブルデュー)を頼んでみた。
カベルネソーヴィニヨン50%、メルロー50%の果実の香りがしっかりと香るボルドーのワイン。
ほのかにバニラ香もある。


a0157597_06011902.jpg





次の料理は、自家製アンデュイエット、ジャガイモのリヨネーズ添え。
アンデュイエットは豚の胃、小腸、大腸、直腸などの煮込みを詰めたソーセージで、
クラッシックなメニューのひとつ。
こういう料理、苦手な方が多いようですが、うちはこういう系には全く抵抗がなく、
というよりは、こういう臓物系は好きだったりする。
ハーブを上手く使っているためか、内蔵系の料理なので独特の風味はあるけれど
臭みは殆ど感じられない。
この風味がワインと良く合ったりする訳で、それを言い訳にワインもついススんでしまう。笑


a0157597_06051090.jpg





で、息子はというと、家では通常この時間(夜の8時頃)はまだ元気なのですが、
外食をするとこの時間になると何故か眠くなる。
案の定この辺りから息子に睡魔がやってきて、
水を飲んで目を覚まそうと子供なりに努力したりして・・・。


a0157597_15391524.jpg




そしてメイン料理。カーン風トリップ。
夫の大好物、トリップ(トリッパ)の登場。
牛の胃袋4種類をシードルなどで煮込んだ内臓料理である。
トリッパが大好きで大好きで、これがメニューにあると必ず頼んでしまう。
オーブンでしっかり煮込まれているので、トリッパがトロトロ!


a0157597_06081744.jpg





あー、美味しくってお箸が止まらない~。
いえ、箸ではなくフォークでしたね。
食べきれないや、なんて思っていたけど、問題なく平らげた。


a0157597_06082304.jpg





そして・・・とうとう息子は夢の世界へ。。。
結局オーダーしていた子羊のロティ・タイム風味は急遽キャンセルし、泣く泣く
店を出ることになりまして・・・、かなり心残り。
後ろ髪惹かれる思いで、この店を後にしたのであーる。

今度来店することがあるならば、今日食べることが出来なかった子羊のロティを注文しよう、
いや、ジビエも今日は食べれなかったな、
ん、シーフードも頼むべきか?

妄想でしばらく楽しめるかな。
なーんてね。笑


a0157597_06123768.jpg





で、お知らせです。
エキサイトでは彩り華やか!楽しさ2倍「お花見&春の行楽弁当」の特集がスタートしました!
当ブログも関連記事として紹介して頂きましたので、宜しかったら見てくださいね♪
私の記事はこちらの下の方に掲載されてます♪→


a0157597_11403204.jpg



 頂いたコメントのお返事は折り返し訪問時にさせて頂きます。
ブログをお持ちでない方はコメント欄でお返事させて頂きますね。





*いつも有難うございます♪ ポチッと押して頂けると、とても嬉しいです*
↓               ↓


by jenajena | 2015-03-16 16:47 |   ・2015.2 京都 | Comments(5)
2015年 03月 09日
再訪・一汁三菜の御食事処乃 福松 ~2015.2 京都~ 
また来てしまった・・・、御食事処乃 福松

旅行をする時、我が家にとってどこで食べるか?が大きな課題なので、
旅行前にリサーチしまくります。
子供と一緒に旅行やお出かけをするようになってからは、食べるものも宿泊する所も
コストパフォーマンスのよい所を選んでいくようになりました。
コストパフォーマンスのよい店…といっても、安くて沢山食べさせてくれる店のことではなく、
安くてもきちんと丁寧に仕事しているか、接客はどうか、雰囲気はどうか等々を
総合的に見て(調べて)行くようにしています。

大好きな京都へ行くときも、新しい店を開拓したいと思う気持ちも強くって、
我が家の中では同じ店には(出来るだけ)行かないというルールみたいなのがあるのですが、
ここ、福松は1度目の印象がとても良かったので、どうしてもはずすことが出来ず
結局今回もお邪魔させてもらうことにしたのです。
さて、今回はどんなお料理を頂くことが出来るのが楽しみです。

* * * * *

お伺いしたこの日は2月の寒い冬の日。
あたたかいお店の入り、予約をしておいた店主の前のカウンターに座り、メニューを眺めます。
そしてお勧めの日本酒をオーダーし、一汁三菜が始まります。

まず最初に出てきたのは、ホウレンソウを薄く切ったカブラで包んで梅肉ソースで頂く1品。
中のホウレンソウにもあっさりと出汁味がついていているので、野菜の味が損なわれずよく分かります。


a0157597_16015674.jpg




先の一品と一緒に頂いたお酒は、清泉。
たしか新潟の日本酒だったと思います。
その名の通り、とても澄み切ったクリアで綺麗な味のお酒でした。
新潟のお酒はやっぱり美味しい~。
さすが米どころ!


a0157597_16050377.jpg



2品目。
ヨコワの山掛け。
絡めている出汁醤油もちょうどいいバランスで濃すぎることもなく、魚の旨みの感じられました。


a0157597_16072058.jpg




次に注文したお酒は山形の大虎。
辛口で飲み飽きしない味です。
と言っても、夫と私で1合、つまり半合ずつなので、飽きるほども飲むことはないのですけど。笑


a0157597_16094513.jpg




汁物です。
鯛の椀物がきました。
これがまた出汁の味が良く利いてまして、美味しくって美味しくって、
あっと今に平らげてしまいました。
鯛の身もしっかりとした筋肉質で、元気のいい鯛だったんだなぁ、、、
なんて思いながら頂ました。


a0157597_16140098.jpg




一汁三菜とは別に魚がどうしても頂きたかったので、盛り合わせを注文。
こちらのお店の代名詞?と言っても過言ではない〆鯖と、鯛と・・・なんだったけ?
んー、名前を失念! 
とにかく三種盛りにして頂きました。
お酒と一緒に味わいながら頂こうと思っていたのに、気が付くともうお皿の上には数切れのみ!
競争に負けましたわ・・・。泣


a0157597_16150023.jpg




そして三菜の3品目。
ああ、やっぱり美しい・・・。
この小さな箱の中に早い目の春が詰まってますね。
お伺いした時期が節分月だったので、豆、イワシもあり、季節感の感じられるものでした。


a0157597_16181373.jpg




この御重に合わせて店主の方に選んでもらったのが、岐阜県の竹雀。
辛口で切れ味のよいお酒でした。
骨董の酒器で頂く1杯は美味しいですねぇ~。


a0157597_16205594.jpg




夫が野菜を食べたいというので、聖護院大根と椎茸の椀物を注文。
息子も私もお腹いっぱいだったので注文はしなかったけど、あまりにもいい香りが
してきましたので、味見をさせてもらいました。
お箸がすーっと入って切れるほど柔らかく煮た聖護院大根が
ホンノリと優しい甘味がして、そしてこちらも出汁がよく染みていて美味でした。


a0157597_16221481.jpg



最後はあっさりと浅漬けで。
美味しい赤カブとキュウリ、茄子の盛り合わせで、思わずお茶漬け下さい!と言いたくなりましたが
もう満腹で食べることは出来ませんでしたので、勿論オーダーはしませんでした。笑


a0157597_16401591.jpg




今回もとても満足感のあるお料理を頂き、次回も『新しいお店開拓』という目標が危いです。笑
再々訪の可能性大ですね。
ほっこりとした店で楽しい店主との会話、美味しい料理とお酒。
居心地がとてもいいです。

あーーー、やっぱりまた行きたい!笑


a0157597_16403498.jpg
a0157597_16404408.jpg






いつも有難うございます♪ ポチッと押して頂けると、とても嬉しいです☆
↓               ↓
にほんブログ村 料理ブログ 自家製酵母パン作りへ
にほんブログ村     
にほんブログ村 グルメブログ おうちグルメへ
にほんブログ村


by jenajena | 2015-03-09 17:19 |   ・2015.2 京都 | Comments(8)