<   2014年 01月 ( 7 )   > この月の画像一覧

2014年 01月 29日
Opus One ナパのワイナリーでテイスティング① ~2013-'14 サンフランシスコ~ 
旅行前のプランでは、『○○と、○○、あー、○○も外せないよねー。』
なんて、2泊3日のナパ滞在で予定していたワイナリーが約5~6か所。

ところが、結局行けたのは2か所だけ~(泣)
ワイナリーでテイスティングが出来る時間は、殆どは朝9時頃から夕方5時ぐらいまで。
(ワイナリーにより多少時間が異なります)
到着した日は既に3時過ぎでしたし、2日目は夫の友人ファミリーと昼過ぎまで一緒にランチ、
1日目と2日目の両日はディナーは早い目の時間を予約していましたので、
結局ワイナリー巡りが出来たのは正味半日くらいでした(^^;

なので、予定していたワイナリーの中で、まず最初に押さえておきたい所2か所に行って参りました。 


【Opus One】

まず1件目。
泣く子も黙る!? Opus One(オーパス・ワン)
シャトー・ムートン・ロートシルトのフィリップ・ド・ロートシルト男爵とロバート・モンダヴィ
パートナーを組みんでオーパス ワンを創立しました。

a0157597_15414225.jpg



門から続く長ーいオリーブ並木のアプローチ。

a0157597_16251601.jpg



これがOpus one(オーパス・ワン)です!

a0157597_16410021.jpg



振りかえると・・・やっぱり門が見えないくらい、アプローチが非常に長い!笑

a0157597_16483522.jpg



立派な建造物です。
この建物を見るだけでも充分価値があります。

a0157597_16415876.jpg



ロビーから受付の方に案内され、テイスティングルームに向かいます。
尚、ロービーへ入った途端、豪華さと圧倒的な雰囲気に負けて写真は撮れませんでした(無念・・・)

テイスティングルームに入り、上品なマダムにワインを注いて頂きます。

a0157597_17185200.jpg



本日頂いたワインは、Opus One 2010
テイスティング料、$40でございます。
$40あれば、これよりコストパフォーマンスがいい美味しいワイン1本買えちゃいますよ。


a0157597_17300277.jpg




つまり、グラス1杯、4000円強ってところですかね。(2014年1月現在)

ひぇ~! た、た、高いですぅ!

a0157597_17432721.jpg



気を取り直して、先ず香りを確かめます。
因みに開栓は3時間前だったとの事。
パーカーポイント96点のそのテイストは・・・
最初にラズベリーやブラックベリーの様な赤い果実が凝縮したようなしました。
そして時間が経つにつれてスミレの様なエレガントな香りが漂ってきます。
いかにも凝縮したカリフォルニアワイン!という味ではなく、優雅さも兼ね備えています。
最初はまだ硬いかな・・・と思ったワインですが、さすがに3時間前に開栓しただけあって
そこそこ香りも味も、この年のワインにしては充分魅力を引き出しているように思います。

因みにブレンド比率は、カベルネ・ソーヴィニヨン 84%、カベルネ・フラン 5.5%、
メルロー 5.5%、プティ・ヴェルド 4%、マルベック 1%となっています。

a0157597_17500984.jpg



その魅力を引き出している理由の一つとして、リーデルのグラスを使っているのも要因の一つかも?

a0157597_18084473.jpg



『よかったら上でゆっくりテイスティングなさったら?』
と、スタッフの方が勧めて下さったので行ってみる事に。

a0157597_18115717.jpg



おおぉー!
なんていう素晴らしい眺めなんでしょう。
開放的で、無駄を一切排除したようなモダンなデザイン。
素晴らしい!
こんな所に住んでみたいわぁ~。

a0157597_18201279.jpg




しかし、素晴らしいのは建物だけではありませんでした。
ワインも時間が経つにつれ、更に開き、丸みを帯びた香りと味になってきました!
タンニンもあるけれど、程良く抑えられた感じがします。

a0157597_18241754.jpg



正直言って、舐めてました。
Opus Oneを!
どうせ、ネームバリューだけでしょ?
なんて思ってましたが、いえいえ、美味しゅうございました。

a0157597_21224111.jpg


確かに、2010年のものはもう少し置いた方が更に美味しく頂けるのではないかと思いましたが、
今でもそれなりに美味しく頂けるワインかと思います。
ただ、この美味しいワインをどうやって飲むか・・・。

美味しい料理と合わすなら、それなりの料理を用意する必要があるかと思います。
どんな料理かって?
そうですねぇ~。
今飲むならば、私だったら牛肉ではなく豚肉の料理で、そんなにへヴィーなものを選びませんが、
もしこのワインをもう少し寝かせて最高の飲み頃を迎えるのであれば、う~ん、どうだろう・・・
ワイン自体にクセはないから、もう少し重めのソースで牛肉の料理を選ぶかも。

行くまでは正直言って、『高いだけで、それほどのクオリティはないかも』と思っておりましたが
いや~、何の何の。やられました・・・。
テイスティングの環境、使っているグラス、それにスタッフレベル、全てにおいて素晴らしい!

また今度来るチャンスがあれば、また違うヴィンテージを試してみたいものです。




いつも有難うございます♪ ポチッと押して頂けると、とても嬉しいです☆

↓               ↓
にほんブログ村 料理ブログ 自家製酵母パン作りへ
にほんブログ村     
にほんブログ村 グルメブログ おうちグルメへ
にほんブログ村


by jenajena | 2014-01-29 15:53 |   ・2013-'14 サンフランシスコ | Comments(24)
2014年 01月 27日
ワインカントリーへGo! 冬のナパバレー② ~2013-'14 サンフランシスコ~ 
こういう図に憧れてたのですが・・・
(映画:sidewaysより)

a0157597_23414578.jpg



ナパはすっかり冬でしたー!
シブい風景にちょっと苦笑い。
でも、これはこれで味わいがあって?面白い風景かもね。

a0157597_23464917.jpg



干からびたブドウをちょっと摘まんで食べてみようかと思ったけど、・・・止めました(^^;

a0157597_23480587.jpg



ハイウエイ29号線を走っていると、偶然ワインとレインと遭遇!
実は私達、これに乗りたかったんですが・・・

a0157597_23540181.jpg



ワインとレインは料理とワインを楽しみながらナパ~セントヘレナをゆっくり時間をかけながら(約3時間!)
走っている列車なんですが、ウェブサイトやYoutubeなどで検索してみると、恐ろしいほどの料理の量で
食いしん坊だけどショボイ胃袋の我が家にとっては自殺行為の様なものなので、予定キャンセル。
コレに乗ってる人達、みな完食されているのかしら・・・?

a0157597_23551289.jpg



既に出来上がっている?方達が、車内から手を振ってくれます。
『みなさん、大丈夫ですかぁ~♪笑』

a0157597_23574734.jpg



ワイントレインの線路の側には、記念撮影で有名な?この看板もあります。
ここで記念に1枚を、と思ってたのですが、夫も息子も知らんぷり~(泣)
仕方がないので、観光客の方達が看板をバックに撮っている図でも撮ってみる・・・(^^;

a0157597_00002037.jpg



1976年頃はナパのワイナリーの数は50程度だったようですが、現在では300前後もあるそうな。
確かに道を走れば、有名・無名のワイナリーの看板がたくさん目に入ります。

a0157597_00285383.jpg



ワイナリーでテイスティングが出来たのは2か所だけ。
悔しいので、せめて他のワイナリーの入口の写真だけもと思い、撮ってきました(^^;

まずこちらは日本でもメジャーなRobert  Mondavi Winery
閉館間際の訪問です。
a0157597_00021479.jpg



こちらも立派な建物ですね。
いやらしい言い方ですが、儲かってる感』が漂ってます。
a0157597_00043113.jpg



銅像も『Welcome!』と言ってくれているのかどうかは分かりませんが、
私達を迎えてくれた銅像は聖フランチェスコだそうです。

a0157597_00045327.jpg



テイスティングもせず、コソコソと写真だけ撮って帰る私は、かなり怪しい人物のようだった!でも、広大な美しい庭も見れて満足満足♪

a0157597_00080451.jpg



こちら、Cardinale
知らない方も多いかと思います。
それもそのはず。ここのワインはカルトワインと呼ばれていて、生産量が少ないため手に入りにくいのです。
その上、手に入りにくいのでワインの価格も高騰していて、更に手に入りにくいワインとなっているそうです。
ここのワインを飲んだことがないので、今回行きたかったなぁ~。
a0157597_00093027.jpg
 



そして、最後は超有名、Domain Chandon。(ドメーヌ・シャンドン)
最近ここのスパークリングワインを飲むことは殆どなくなりましたが、日本のリカーショップや
スーパーマーケットではよく見かけるスパークリングワインですね。
ドメーヌ・シャンドンはドンペリのモエ・エ・シャンドン社がカリフォルニアで製造販売をしている所なのです。
a0157597_00103156.jpg



シャンドン社を出るころにはすっかり暗くなり、今からディナーに向かいます。
ナパバレーの夜はゆっくり更けていきます。
  
a0157597_00170435.jpg
 



季節柄か、あちらこちらの家でイルミネーションを飾っているましたが・・・
a0157597_00181697.jpg



こちらのお宅のイルミネーションは『パチンコ店ですか?』というくらいスゴかった!
私たち以外にも、このお宅の写真を撮ってらっしゃる方、いましたねぇ。笑
a0157597_00190033.jpg

ワイナリーもいいけれど、こういった普通のお宅を見るのも楽しいですね♪






いつも有難うございます♪ ポチッと押して頂けると、とても嬉しいです☆

↓               ↓
にほんブログ村 料理ブログ 自家製酵母パン作りへ
にほんブログ村     
にほんブログ村 グルメブログ おうちグルメへ
にほんブログ村


by jenajena | 2014-01-27 12:10 |   ・2013-'14 サンフランシスコ | Comments(14)
2014年 01月 23日
ワインカントリーへGo! 冬のナパバレー① ~2013-'14 サンフランシスコ~ 
私がとても行きたかった所・・・

サンフランシスコから車で北へ約1時間のところにある、ナパバレー(Napa Valley)を目指します!



sidewaysという映画を数年前に見てから、絶対ワインカントリーに行くぞー!って決めてたんです。
離婚のショックから立ち直れないパッとしない中年男と、売れない俳優の友人が、その友人の独身最後の旅に
ワインツアーの出かけるストーリーで、ワイン好きの私の琴線に触れた映画だったのですよ。
※この映画の舞台はナパバレーではなく、サンタバーバラ (Santa Barbara)だったんだけどね。
a0157597_22174998.jpg




しかし・・・年末という事と、ゴールデンゲートブリッジの手前が工事中のため、渋滞で車が進みませーん(泣)

a0157597_06062677.jpg



『あの~、私たち、急いでるんですけどぉ~』

と、心の中で呟きながらも、初めてのサンフランシスコの息子と久しぶりの私は、
ゴールデンゲートブリッジに興奮して写真を撮りまくり。笑 
夫、『同じような写真ばかり撮って、何がオモロイねん!?』と、あきれ顔。

a0157597_06132970.jpg



そんな言葉はスルーして、引き続き写真を撮りまくる息子と私。

a0157597_06201868.jpg



夫に、『私、ゴールデンゲートブリッジをバックに写真を撮りたいんですが・・・』

と、お願いしてみたものの、本日時間がないと言う事で却下されましたー。
案の定、皆さんがよく橋をバックに撮っている公園の前は渋滞してました。
(これも渋滞の原因だったのねぇ~)

a0157597_06215790.jpg



ゴールデンゲートブリッジを渡り、マリン郡(Marin County)を走り抜け、
長閑な景色を見ながらナパバレーまでひたすら車を走らせます。




車で走る事約30分。



はっ!
あれは・・・、もしかして!?

a0157597_22251615.jpg




枯れてますやん( ̄Д ̄;) ガーン

a0157597_22312435.jpg


予想はしてましてが、
ぶ、葡萄の木、落葉してます・・・よね!?

ですよねぇ~。
年末ですもの。冬ですもの。

分かっていたけどね・・・、つい眩いばかりの新緑や、


ナパの写真
ナパ (トリップアドバイザー提供)



鮮やかに紅葉した、そんな光景をつい想像(妄想)してしまっていました。


ナパの写真
ナパ (トリップアドバイザー提供)


目の前に美しい色をした葡萄畑はないけれど、念願のナパに来れて気分はサイコ―です♪





いつも有難うございます♪ ポチッと押して頂けると、とても嬉しいです☆

↓               ↓
にほんブログ村 料理ブログ 自家製酵母パン作りへ
にほんブログ村     
にほんブログ村 グルメブログ おうちグルメへ
にほんブログ村



by jenajena | 2014-01-23 11:22 |   ・2013-'14 サンフランシスコ | Comments(18)
2014年 01月 20日
サンフランシスコのパン屋さん① Josey Baker Bread ~2013-'14 サンフランシスコ~ 
昼前にサンフランシスコ空港に着き、その後レンタカーを借りて目的地へGo!
その前にダウンタウンへ寄って、ランチをto goしようと予定していた
Tartine Bakeryへ向かうも・・・
Tartine Bakeryサンフランシスコ サワードゥ・トップ12でNo.1に選ばれたベーカリー!)


ハッ! な、並んでる・・・!
a0157597_17571578.jpg


もう一回りすると、少し並んでいる人が少なくなったけど、パーキングがない!
(この辺りはパーキング激戦区なのです)

a0157597_18025197.jpg


何回ターティンの店の周りを回った事か・・・。
車でくるくる回っているその間も店の前に長蛇の列ができて、更に車停める所がなく、今日は泣く泣く諦めました(TT)
a0157597_18100679.jpg


仕方がないので、ここで予定変更。
次に向かったのはサンフランシスコ サワードゥ・トップ12の2位に選ばれたJosey Baker Bread (The Mill)

a0157597_19130811.jpg



ベーカリーの名前はJosey Baker Breadなのですが、中でイートインもできまして、
そのカフェFour Barrel Coffeeと合わせてThe Millという店になるのです。

a0157597_19135291.jpg


『店内の写真を撮ってもいいですか?』 『もちろん、イイよ♪』
と、ホットパンツを履いてクネクネ歩きをしていたオネェキャラのオニイサン。
(ひげのオニイサンです)
いいキャラだなぁ。笑
a0157597_19180998.jpg


棚にどうだ!と言わんばかりに並ぶパンは、殆どがハード系。
レジ横にはクッキーやカントリーケーキっぽいのが陳列されていましたが、写真を撮り忘れてしまいました。
パンはカントリーブレッド(カンパーニュ)、ライブレッドが多かったです。
焼き色かなり深し。
a0157597_19212563.jpg
a0157597_05490155.jpg



もう一つの棚にも焼きあがったばかりのカントリーブレッドが並んでいます。
a0157597_19223527.jpg


カフェスペースはこんな感じ。
客層はビジネスマン風の人や、若くても上品で落ち着いた方が多かったです。
a0157597_19280014.jpg


ここではとりあえずカントリーブレッドだけ購入。
夜食?と試食用に頂きました。
(今回もカッティングボードと包丁を持参♪ ナイフは万能包丁パン切り包丁の2本にパワーアップ。笑)

あ~、イイ香りがします。
a0157597_19302168.jpg


さぁ、断面ショーです。
むむむ。これは香りといい、気泡の感じといい、使っているであろう粉もウチのパンと似てますね。(ホンマかいな。笑)
噛みしめると、ほのかな粉の甘み、サワードゥ独特の酸味のバランスがいいですね。
a0157597_19314647.jpg



Whole Foodsで購入したチーズとオリーブ、ベルペッパー等と一緒に頂きましたが、やはり美味しかった~♪
a0157597_19324676.jpg



因みに、結局ランチはThe Millの近くで小規模のファーマーズマーケットが開かれていて(閉店寸前だった!)、
そこでホットドッグを購入し、目的地まで急いで行かなければならなかったので、車の中で慌ただしく頂きました。
a0157597_06464864.jpg



いつも有難うございます♪ ポチッと押して頂けると、とても嬉しいです☆

↓               ↓
にほんブログ村 料理ブログ 自家製酵母パン作りへ
にほんブログ村     
にほんブログ村 グルメブログ おうちグルメへ
にほんブログ村


by jenajena | 2014-01-20 17:45 |   ・2013-'14 サンフランシスコ | Comments(20)
2014年 01月 19日
The Best Sourdough Bread in San Francisco!
サンフランシスコ旅の前に・・・


昨年末、『サンフランシスコ サワードゥ・トップ12が発表されました!

サンフランシスコにはたくさんの美味しいベーカリーがあるのですが、
その中でサワードゥが美味しい店12店が選ばれ、その第一位に我が家の
憧れベーカリー、Tartine Bakery が、なんと第1位に選ばれました~♪
(さすがTartine Bakery、やりました!)
  

   The Winners!

       #1: Tartine Bakery
       #2: Josey Baker Bread (The Mill)
       #3: Della Fattoria


さて、日本でサワードゥブレッドはまだまだマイナーな存在で、好んで食べられる方はそんなに多くはないと思います。
日本人の味覚に『酸っぱいパン』というのは馴染みがないためか、どうしても敬遠されがちですが、
サンフランシスコでは日本の食パン感覚で普通に食卓やレストランで出るパンなのです。

サワードゥのような酸味のあるパンは、チーズやハム、サラミ、シチューのような煮込み料理にとても合うんです。
一緒に食べるとそれはそれは美味しく、ワインもついすすんでしまいます。
食べ続けると、癖になる、美味しいパンなのです。
食べなれていない方でも、酸味のあるサワーブレッドは食べ方ひとつでとても美味しく頂けますので、
チャンスがあれば是非味わって頂きたいと思います。

a0157597_15493566.jpg

我が家でサワードウ酵母(我が家で酵母を作っているので勝手にラ・メール酵母と呼んでいますが)で
パンを焼いていますが、最近はみんなが食べやすいように酸味を抑えた作り方で焼いています。
時々はあの味のパンが食べたくなるので、たまに本場さながらの酸味のあるサワードゥブレッドを焼きます。
日本でも、もっともっとサワードゥブレッド味を知ってもらい、食べてほしいと思っている今日この頃です。




いつも有難うございます♪ ポチッと押して頂けると、とても嬉しいです☆
↓               ↓
にほんブログ村 料理ブログ 自家製酵母パン作りへ
にほんブログ村     
にほんブログ村 グルメブログ おうちグルメへ
にほんブログ村


by jenajena | 2014-01-19 06:00 | bread | Comments(10)
2014年 01月 15日
ユナイテッド航空(UA)の機内食 関空→サンフランシスコ ~2013-'14 サンフランシスコ~ 
年末年始を利用して私達が行くのはサンフランシスコ!
夫は時々行く(帰る?)けど、息子にとっては初サンフランシスコ。
もっと前に連れて行ってあげたかったのですが、私が長期休みを取れない(取りにくい)ため、
今まで行けなかったのですが、今回は思い切って休みを頂き行ってきました。


Date: 2013/12/29
Airline: United Airlines
FlightNo: UA886(NH7070)
From: Osaka
To: San Francisco
Class: Economy Class


関空からサンフランシスコ直行便はユナイテッド航空だけ!
ご存じの通り、機内食は美味しくないけれど仕方がない・・・。

こちらは息子の1回目のチャイルドミール。
チャイルドミールを予め頼んでおきました。
子供のミールは大人の機内食より更に酷い場合があるのですが、それでも頼む理由は
一番早く持ってきてくれるから。それだけです。笑
1回目のメニューはチキンライス、ソーセージ、ミックスベジタブルのソテー、コーンサラダにパン、そしてグラハムクッキー(だったと思う。)

a0157597_06094863.jpg


これが1回目の大人用の機内食。夫はビーフを選択しました。
ビーフのトマトソース煮、茹で野菜、ベイクドポテト、サラダ、パン、そしてクッキー。
味は、・・・こんなもんです。
茹で野菜は茹ですぎていたらしく、不味かったとのこと。
期待をせず食べれば、問題ありません。

a0157597_06111583.jpg



これは私が選択した1回目の機内食。チキンのメニューです。
ビビンバにアジア系の味付けをしたフライドチキンが載ってます。
下にはご飯が敷き詰めてありますので、とってもボリュームがあります。
(多すぎましたので、残しましたが。)
そして、サラダ、パン、クッキーです。
a0157597_06132221.jpg


ドリンクは夫がカベルネソーヴィニヨン(赤)、私はソーヴィニヨンブラン(白)を頂きました。
相変わらずの味ですが、エコノミーで無料ですから、妥当と言えば妥当でしょう。
a0157597_06172201.jpg


今回、前回(私が乗った時より)機体が新しくなり、モニターも新しくなりタッチパネルになっていました。
が、かなり感度が悪くって、タッチするも中々反応せず・・・。
タッチの仕方が悪かったのかなぁ。
a0157597_06190579.jpg


しばらく眠って、起きてみると空が明るくなっていました。
『ママ、綺麗でしょ?』と見せてくれた下の2枚の写真、息子がいつの間にか撮っていました。
a0157597_06240150.jpg
a0157597_06250326.jpg


そして、これは到着間近の2回目のチャイルドミール。朝食です。
マフィンのハンバーガーで、パテとチーズが挟んでありました。
これと、ブルーベリーヨーグルトが朝食です。
a0157597_06203466.jpg


大人用の朝食。2回目の機内食です。
チーズでグチャグチャになっているホットサンド。
柔らかい食パンにチーズとハムが挟んであります。
ヨーグルトは気圧でパンパンに膨れ上がっているよ・・・。笑
そういえば、数年前?では、朝食にフルーツとか付いていたけど、今回なかったなぁ。
a0157597_06215806.jpg


さぁ、到着まであと少し、ワクワクします♪


(余談ですが・・・)
機内食は残念でしたが(分かっていましたが)、1時間も早く到着する事ができました。
着陸も『え?もう着陸したの?』というくらいスムーズでした。
サンフランシスコ行きのパイロットの方腕は最高でしたよ!




いつも有難うございます♪ ポチッと押して頂けると、とても嬉しいです☆
↓               ↓
にほんブログ村 料理ブログ 自家製酵母パン作りへ
にほんブログ村     
にほんブログ村 グルメブログ おうちグルメへ
にほんブログ村


by jenajena | 2014-01-15 06:01 |   ・2013-'14 サンフランシスコ | Comments(16)
2014年 01月 13日
スターゲイトホテル関西エアポート
今回の旅行にあたり、年末という事もあって渋滞を心配しましたので、前泊しました。
泊ったのはスターゲイトホテル関西エアポート(旧:全日空ゲートタワーホテル大阪)
関空に近いホテルで、りんくうタウン駅直結の超高層ランドマークタワーホテルなのです。

家からここまで車を利用したので、旅行中車を預かってくれる『15日間駐車場無料プラン』を利用。
これは嬉しいですね。(関空の駐車場代は高かったような・・・)


a0157597_07274345.jpg
(画像は一休.comよりお借りしました)



部屋は35階の3503室。
a0157597_05552811.jpg



『お部屋をアップグレードさせて頂いております』と、通された部屋がこちら。
少し古さが感じられますが、寝るだけなので特に問題なし。
広さも十分にあります。

a0157597_07332367.jpg
a0157597_05251213.jpg



このホテルって、シティホテルだと思っていたのですが、もしかしてビジネスホテルに変わった?
というくらい、なにもない。苦笑
冷蔵庫の中も空っぽだし、無料サービスのドリンクは梅こぶ茶と緑茶のみ!
徹底したコスト削減ですな・・・。
a0157597_05361350.jpg



事前に子供の宿泊も伝えていて、子供用のアメニティもお願いしていたのですが、
急なアップグレードだったた為か?アメニティの用意はされていませんでした。
(フロントに連絡し、持ってきてもらいました・・・。)
大人には薄い生地のバスローブとスリッパが用意されています。

この部屋にはドレッサーがありましたが、結局使わず荷物置きとして活用しました(^^;
a0157597_05540111.jpg



バスルームも昔ながらのユニットバス。
便座はウォームレットではないので、この時期座ると『冷っ!』としますね。
シャンプー、リンス、ボディソープは備え付けのもの。
確かブランドは資生堂(だったと思う。)
a0157597_05434992.jpg



洗面所も特筆すること(もの)は、何もなし。
a0157597_05464759.jpg



ここまで余分なものが何もないと潔いですね。

でもね、でもね・・・
高層ホテルだけあって、眺めは素晴らしい!

こちらは街側の眺め。
a0157597_05564390.jpg


これはビーチ側の眺め。
観覧車も近くに見えます。
a0157597_05582624.jpg



関空まで見えるんです。
明日の出発が待ち遠しい~
a0157597_05573670.jpg


朝食は54階のダイニング&バー「スターゲイト」にて頂きます。
バイキングとなっています。
a0157597_05595204.jpg


 関空から飛び立つ飛行機を見ながら朝食を頂きます。
景色はいいけれど、食事はイマイチ・・・。
レトルトの味がするよー。泣
a0157597_06482450.jpg


全日空ホテルだった頃は、食事も良かったんだろうなぁ。
建物は良いのに(内装は別として)、中身はかなりレベルダウンしていました。
う~ん、惜しいです。

今度前泊する時は、ココと同じく車無料預かりプランがあって、一番関空に近い
以前宿泊したホテル日航関西空港になるだろうなー。




いつも有難うございます♪ ポチッと押して頂けると、とても嬉しいです☆

↓               ↓

にほんブログ村 料理ブログ 自家製酵母パン作りへ
にほんブログ村     
にほんブログ村 グルメブログ おうちグルメへ
にほんブログ村


by jenajena | 2014-01-13 16:41 | travel(国内) | Comments(8)