<   2013年 05月 ( 10 )   > この月の画像一覧

2013年 05月 29日
ビール酵母でフォカッチャ作り
昨年の秋、自宅で採れたオリーブを塩漬けしていたのが出来上がったので、
早速フォカッチャを作ってみました♪


a0157597_631135.jpg



今回使った酵母は Lievito(生タイプのビール酵母菌)。
ピザを焼くために500gのリエヴィトを購入していたのですが、使いいれないくらいの量が
まだ冷凍庫に残っていたので、今日のフォカッチャはビール酵母で作りました。

リエヴィトを使うと結構早く発酵するので、気をつけなきゃ!


a0157597_6324293.jpg



実はこのフォカッチャ、石窯で焼く予定だったのですが、またまた石窯の温度が上がらず
他のパンはもちろんの事、このフォカッチャも焼けなくなり、急遽オーブンで対応。

なんとか焼けましたー (;^_^A


a0157597_6352748.jpg



ローズマリーとオリーブの塩漬けの香りもフワ~っと香り、いい匂い♪
もう少しオリーブを塩出ししても良かったかな?って思いましたけど、
まあ、許容範囲内・・・かな?

ブラックオリーブの塩漬けは半年経つと、さすがに渋みも抜けて美味しくなってました。


a0157597_6373673.jpg



まだ400gは残っているであろうリエヴィト・ビール酵母。
次は何を焼こうかしら ( ̄- ̄;)



いつも有難うございます♪
ポチッと押して頂けると、とても嬉しいです☆


↓               ↓

にほんブログ村 料理ブログ 自家製酵母パン作りへ
にほんブログ村     

にほんブログ村 グルメブログ おうちグルメへ
にほんブログ村


by jenajena | 2013-05-29 06:26 | bread
2013年 05月 23日
ウィーンからやって来た! これが本物ザッハトルテ
今年の私の誕生日に、ウィーンのホテル・ザッハー(Hotel Sacher)よりザッハトルテを取り寄せてみました♪


a0157597_6375767.jpg



そう、あれは・・・前回の円高の頃、海外通販というのが巷で流行りまして、私もその波に乗って衣類や
雑貨などを買ったものでした。勿論、その頃はインターネットなどありませんでしたのでFAXでオーダー。
その時ウィーンからザッハトルテも取り寄せたことがあるのですが、最近あの味を思い出すことが多くなり、
どうしてもまた食べたくなったので、自分の誕生日プレゼントして思い切って購入しちゃいました♪

ホテルのサイトから購入してから約5日後、空輸便で届きました。


a0157597_232984.jpg



以前と変わらず、木箱入りです。
興奮する気持ちを抑え、そーっと箱をオープン♪


a0157597_2325968.jpg



キャーッ、 懐かしのザッハトルテ!
お久しぶりです(^^)


a0157597_235319.jpg



長旅のせいで、少々コーティングのチョコレートにひびが入っていますが、これは仕方がありませんね。


a0157597_237295.jpg



実はこのザッハトルテ、「甘い七年戦争」とも言われる論争があったんです。
スイーツ好きの方はご存じかとおもいますが、ホテル・ザッハーとデメルがザッハトルテの商標をめぐって
訴訟をおこしたのですが、7年間かかった裁判の結果、ホテル・ザッハのものを『オリジナルのザッハトルテ』
デメルのものは、『デメルのザッハトルテ』と呼ぶことになったそうです。


a0157597_23113061.jpg



涙が出そうなくらい甘い、いえ、非常に甘いザッハトルテの味は昔のまま。
世の中が変わろうと、この味は不変です。

ホロ苦いチョコレートの味は、腰を抜かすくらい入っているであろう砂糖の量のお陰でホロ苦さも何処へやら。
中に挟んでいるアプリコットジャムが良いアクセントになっています。
砂糖を入れず泡立てた生クリームと一緒に食べるのが本場の食べ方です。

久しぶりに食べたこの味は、遠いあの頃の味がして、ちょっぴり心が『キュン』。
しみじみ『懐かしいなぁ~』なーんて呟いた自分に『歳とったなぁ』って感じたバースデイでした。



いつも有難うございます♪
ポチッと押して頂けると、とても嬉しいです☆


↓               ↓

にほんブログ村 料理ブログ 自家製酵母パン作りへ
にほんブログ村     

にほんブログ村 グルメブログ おうちグルメへ
にほんブログ村


by jenajena | 2013-05-23 08:08 | foods
2013年 05月 22日
死ぬまでに飲みたい30本のシャンパン 11/30

死ぬまでに飲みたい30本のシャンパン 11/30 (一生に一度は飲みたい10本のシャンパン 4/10)
◆ドゥーツ キュヴェ ウィリアム 1999/ Deutz Cuvee William Deutz 1999◆




私の誕生日に夫からプレゼントされたシャンパン、ドゥーツ キュヴェ ウィリアム 1999
何故このシャンパンを選んだのかと言うと、誕生日まですぐ届けてくれるのがこのシャンパンだったから(らしい)。
なので、深い意味はないらしい・・・・(笑)

多分、見た目も煌びやかなゴールドの化粧箱に入っていたのも、選んだ理由の一つかもしれないなぁ。


a0157597_0305676.jpg



有名なレストランもこのシャンパンをハウス・シャンパンに選んでおり、例えば見事なワインリストで
知られているパリのレストラン『タイユヴァン』や、高品質を追求する香港の『ザ・ペニンシュラ香港』内の
レストランもハウス・シャンパンに選んでいるらしいのです。

あのマドンナもこのシャンパンを愛飲しているとかどうとか・・・。ま、これはどうでもいい話ですがね。


a0157597_0363851.jpg



購入後、殆どセラーで休ませず飲んだので『どうかぁな?』って思いましたが、幸いにも購入先の管理が
良かったからか、若しくはそんなに遠くないショップで購入したからストレスが掛らなかったようです。

飲んだ感じ、華やかな化粧箱とは少し違うイメージを受けたこのシャンパン。
もっと堅実でしっかりとした味でした。かといって、繊細さもちゃんとあるのです。
勝手な想像ですが、ドイツ系のドゥーツの気質がそのままシャンパンに表れているような、そんな気がしました。

ピノ・ノワール55%、シャルドネ35%、ムニエ10%で、口当たりもよし。
酸味はさほど多くないので、誕生日に作って作ってもらったローストビーフに合いました。


a0157597_040427.jpg



若々しいタイプのシャンパンでもなく、かと言ってしっかりと熟成されたシャンパンでもない、
程々の熟成さが、今の自分の歳と重なり、愛着が湧いた1本でした。



いつも有難うございます♪
ポチッと押して頂けると、とても嬉しいです☆


↓               ↓

にほんブログ村 料理ブログ 自家製酵母パン作りへ
にほんブログ村     

にほんブログ村 グルメブログ おうちグルメへ
にほんブログ村





by jenajena | 2013-05-22 06:50 | liquor/drink
2013年 05月 20日
誕生日でした♪
一昨日は私の誕生日でして、夫が美味しいものを作ってお祝いしてくれました♪

もうこの年になると老化が目立つ一方なので、お祝いという感じではないのですが、
それでも今まで健康で?これた事は幸せな事で有難く思わなくっちゃいけませんね。
平穏無事であることへの感謝を忘れてしまいがちです。

で、この日夫が作ってくれたのはローストビーフ。
この時上手くローストビーフが焼けたので、『今度は僕が作る!』と夫が言いまして、
朝から仕事をしながら作ってくれました!


夫と夫の両親からのプレゼントのシャンパンに合わす為、急遽作った野菜のゼリー寄せ。
これは私が作りました(^^; (急いで作ると野菜の配置バランスが悪っ!)
急いで作ったので簡単なレシピで作りましたが、本当はフレッシュトマトをミキサーにかけ、
ペーパータオルで濾した透明のジュースとチキンブイヨンなどと合わせたスープに
ゼラチンと野菜を入れて冷やし固めて作るのです。
入れる野菜は何でもいいのですが、彩りのキレイな物と、食感が楽しい物を使うといいと思います。
今回使った野菜は人参とセロリを小さめのサイコロ状に切ったもの、そしてプチトマトと今が
旬のグリーンピース、それとパセリのみじん切りとピンクペッパーを入れました。
冷たい前菜だし、見た目も涼しげですので、これからの季節にピッタリではないでしょうか(^^)

コンポートの大きさとゼリー寄せの大きさのバランスが悪かったけど、これもご愛嬌(笑)

奥にあるのは、息子も私も大好きなアメリカンチェリー♪
多分、3kgは2人でペロリと食べられると思う(笑)


a0157597_6234392.jpg



そして、夫入魂のローストビーフ。
ちゃんと食品温度計で肉の中心温度を測りながら作っていましたが、
思ったより加熱しすぎていたようで・・・。

でも、とても美味しかったですよ。
ソースはグレービーソースで。


a0157597_625471.jpg



付け合せの野菜も作ってくれていましたが、盛り付けがイマイチかな?
料理は美味しいんだけど、盛り付けは時々繊細さに欠ける事があるのよね~(^^;


a0157597_62653100.jpg



でも花を飾ったり、キャンドルを灯したり、とてもロマンチックな夫。
こういう所は私、欠けているのよ~(^^;
夫を見習わなくっちゃね。


a0157597_6302983.jpg



いつも美味しい料理を作ってくれて有難う。
忙しい中、一生懸命作ってくれて感謝です。

そしてこの日気分良く飲んだワインは、シャンパン1本、カヴァ1本、赤ワインが3本の
二人で合計5本飲んだ!(と言っても、殆ど夫が飲んだけど) 
その他にもビールも梅酒も飲んだ!(笑) 
蟒蛇(うわばみ)夫婦だわ~


それと、誕生日を機に思ったこと。
それは今年から着物の着付けを習う事。
今年の年末頃には一人で着れるようになりたいな♪ なーんてね。



いつも有難うございます♪
ポチッと押して頂けると、とても嬉しいです☆


↓               ↓

にほんブログ村 料理ブログ 自家製酵母パン作りへ
にほんブログ村     

にほんブログ村 グルメブログ おうちグルメへ
にほんブログ村


by jenajena | 2013-05-20 10:18 | Home cooking
2013年 05月 14日
キャラではないキャラ弁
『ママ~、今度の遠足のお弁当、キャラ弁じゃないのにして~!』

と、息子からの注文。



という事で、これ、4月の末にあった小学生になって初めての遠足のお弁当です。(もう先月の話だけど)
小学生になって初めてのお弁当ということで、私も張り切って『何のキャラにしようかなぁ~』なんて
数週間前から楽しみに考えていたのに、まさかの息子からの『キャラ弁はやめて』の言葉。

意外な展開に私も、 『え~~~!?』と思ったけれど、これも息子が成長して
『恥ずかしい』という気持ちが芽生えたということなのかしら。

ちょっぴり淋しい気もしましたが、恥ずかしさのあまりお弁当をみんなの前で開けて食べられなかったら
それも可愛そうなので、『キャラクターではないキャラ弁』にしました。


a0157597_617018.jpg



息子の話によると、キャラ弁にすると、みんなが見に来るから恥ずかしくって食べられないんだとか。

『じゃあ、キャラクターにしないけど、自分(←息子)の顔の弁当ならいい?』
と聞くと、それならイイよ、とO.Kをもらえたので、息子の顔の弁当にしました。

ま、似ても似つかない息子の顔のオニギリですが、どうやら気に入ってくれたらしいです。

『で、次はどんなお弁当にする?』
と、聞くと、
『普通の弁当にして~』
だって。

なんだか・・・、母はさみしいぞ。。。(TT)



いつも有難うございます♪
ポチッと押して頂けると、とても嬉しいです☆


↓               ↓

にほんブログ村 料理ブログ 自家製酵母パン作りへ
にほんブログ村     

にほんブログ村 グルメブログ おうちグルメへ
にほんブログ村


by jenajena | 2013-05-14 06:15 | Home cooking
2013年 05月 13日
かざりや ~2013.4 京都~
京都旅行、最後のレポです♪

折角京都に来たなら食べておきたかった物の一つ、それは かざりやのあぶり餅。


a0157597_23572599.jpg
a0157597_23551373.jpg



実は京都旅行来る数ヶ月前、夫の書斎に新たに本が仲間入りしました。
それは池波正太郎さんの本で、『むかしの味』という本でした。


a0157597_233954100.jpg



その本の中の127頁の『おでんとあぶり餅など』という章があり、
かざりやのあぶり餅について、こう書かれてあります。

『・・・参拝をすませてから東門を出ると、その参道の両側に名物の[あぶり餅屋]がある。私は、
いつも[かざりや]というのへ入る。江戸の頃を想わせる店構えも、いまはところどころに手を加え
はじめたようだが、それでもまだ、古めかしい縁台に腰を掛けて、おばあさんが焙ってくれる餅を
食べていると、なんだか自分の頭にチョンマゲでものっているような気分になってしまう。』

『小さな餅に豆粉をまぶして竹の串へ刺し、炭火であぶってくれるのを、
鉢の中のタレ(白味噌と砂糖)につけ、木皿へのせて出す。』(むかしの味より)


a0157597_693015.jpg

a0157597_6113852.jpg

a0157597_6121462.jpg
a0157597_6205153.jpg



江戸の時代に思いを馳せ、1個1個、口の中に頬張るあぶり餅は、懐かしい味がしました。
炭で小さなあぶり餅を丁寧に焼いているので、口の中に香ばしさが広がります。
甘い味噌だれも餅といい具合に絡まり、とろけるような食感なのです。


a0157597_6225184.jpg



次から次へと来る客の為に、せっせと餅を串に刺し、店先で餅をあぶる かざりやの人達。
かざりやの向かいには、同じくあぶり餅を出す店、『一文字屋和助』が。
一文字屋和助は創業1000年、かざりやは400年とのことです。
味は・・・食べ比べをしていませんが、 かざりやの方がやや甘さ控え目で白味噌の風味があるのだとか。


a0157597_6244980.jpg



せっかく今宮神社へ来たけれど、お参りもせず、あぶり餅を食べて帰ってしまったので、
次回はちゃんとお参りしなくてはね・・・。


a0157597_624143.jpg




かざりや
 京都府京都市北区紫野今宮町96
 TEL 075-491-9402
 営業時間 10:00~17:30
 定休日 水曜日



いつも有難うございます♪
ポチッと押して頂けると、とても嬉しいです☆


↓               ↓

にほんブログ村 料理ブログ 自家製酵母パン作りへ
にほんブログ村     

にほんブログ村 グルメブログ おうちグルメへ
にほんブログ村


by jenajena | 2013-05-13 22:07 |   ・2013.4 京都
2013年 05月 12日
東寺弘法市で骨董巡り ~2013.4 京都~
今回の京都旅行のもう一つのメインは東寺の骨董市へ出掛けること。
骨董は夫と私の共通の趣味なのです。

東寺の骨董市は毎月21日に行われます。
4月21日は日曜日と重なりましたので、人出も凄かった!


a0157597_15513620.jpg



この日の朝方まで雨が降っていたので、出店するかどうかとても心配していましたが、
結構な数の店が既にならんでいました。
でも、これでも出店数は少ない目だとか。


a0157597_1553725.jpg



今日の骨董市で目立つのはトウガラシやチリメン山椒を売っているお店。
毎朝うどんを食べる夫も調合してくれるトウガラシ屋さんで七味唐辛子を購入。
私は、ちりめん山椒を購入。(お弁当用ね)
この店ではチリメンのスモークしたものも売っていて、これまた美味しかったので即買い♪


a0157597_15541026.jpg



4月の弘法市はお大師様の入寂された日で、正御影供など法要が行われておりました。
厳粛な気持ちになります。


a0157597_15571499.jpg



ところで、骨董市に来てお店や商品の写真を撮る時は、必ずその店の方の了解を得てから撮りましょう~。
骨董市でのマナーです!


a0157597_1625743.jpg



あちらこちに気になる物がいっぱいで悩みます。
蕎麦好きの我が家は蕎麦猪口をいつも探すのですが、良いものはやっぱり高い!


a0157597_163820.jpg



もう一つ気になっているのがガラス製品。
素敵な物が見つかるかしら?


a0157597_1633486.jpg



ふと見ると、東寺の五重塔が見えました!
ココからの眺めも良いですねぇ~


a0157597_1635689.jpg



この弘法市で一際目立っていた方。
櫛やかんざし、帯どめなどを売ってらっしゃいました。

『写真、撮っていいですかぁ?』
『いいわよぉ~、そうやってウチの店の情報を発信してもらってるのぉ~♪』


a0157597_165574.jpg



『あ!爪、キレイですねー(*゚▽゚ノノ゙☆』
『そうなのぉ、娘が塗ってくれたのぉ。今春で桜の季節でしょぉ~、来月は鯉のぼりかしらん(*´∇`*)』

この方は弘法市だけじゃなく、北野天満宮の天神市(毎月25日に開催)にも出店されているそうです。


a0157597_167486.jpg



『ところでべっ甲とセルロイドの見分け方って、どうしたらいいんですか?』
『そぉ~ねぇ、炙って動物っぽい匂いがしたらべっ甲、薬っぽい匂いがしたらセルロイドやプラスティックね』

『でも購入する時には出来ないですよね?』
『そう~ねぇ、あとは水を少したらすの。セルロイドなら水を弾くのね。べっ甲には繊維があるから、
水を垂らしてもあまり弾かないのよぉ~。でも素人が見分けるのって、難しいわぁ~』
『うわ~、勉強になります!』


a0157597_168223.jpg



そんな会話をしながら、かんざし類には興味がない夫と息子を東寺の外で待たせていたので
今回は何も買わず、御礼だけ言ってこの店を後にしました・・・。
もっと見たかったー(。>0<。)


a0157597_16112221.jpg



で、この日迷いに迷って、私が買った物。

ガラスのコンポート。
ウランガラス?・・・なのかなぁ?大正?昭和?のガラスです。
ちゃんと説明をしてくれたのですが、私が内緒で購入している後で夫がウロウロしていた為、
気になって説明内容を忘れてしまった(><)
誰か詳しい方、ご一報くださいましー!

本当はテリーヌをのせたら映える大正~昭和ガラスの20cmくらいのお皿が欲しかったんだけど、
このコンポートに一目ぼれしちゃいました。
帰宅してから早速洗ってキレイにしてあげたら、とてもキレイになりました。

このガラスは透明のものより色がついている方が高いんです。
それはその時代、ガラスに色を付ける技術がまだ難しかったからだとか。


a0157597_16162797.jpg



このコンポートに乗せると映えるだろうなぁと思い、イチゴを上に置いてみた。
やっぱり、とってもキレイ♪

『いくらで買ったの?』の夫の問いかけに、
『それは言えません(笑)』


a0157597_16164268.jpg



6歳の息子にはこの骨董市は広すぎてt歩きまわるのが少々辛かったようですが、
昆虫の置物や玩具なども売っていたので、子供も楽しめる骨董市だと思います。

帰りのタクシーの運転手さんに聞いたのですが、京都では東寺弘法市や北野天満宮骨董市の大きな
骨董市以外にも、あちらこちらのお寺や公園などで、がらくた市やフリーマーケットが開かれているそうです。
次回はそういう小さな市にも来てみたくなりましたので、今からリサーチしなくっちゃね♪



東寺骨董市
 京都府京都市南区九条1
 開催日 毎月21日
 出店数 1,500店(うち、骨董店150店)・・・主催者発表数です
 連絡先 東寺出店運営委員会 0774-31-5550
 雨天の場合 雨天決行ですが着物など雨に濡れると困るものを売る店は出店しない事もあります



いつも有難うございます♪
ポチッと押して頂けると、とても嬉しいです☆


↓               ↓

にほんブログ村 料理ブログ 自家製酵母パン作りへ
にほんブログ村     

にほんブログ村 グルメブログ おうちグルメへ
にほんブログ村


by jenajena | 2013-05-12 11:07 |   ・2013.4 京都
2013年 05月 09日
ル・プチメック (Le Petit Mec) ~2013.4 京都~
またまた京都旅の続きです~

最後に行ったパン屋さんは、ご存じル・プチメック (Le Petit Mec)
こちらも京都へ行ったら、是非とも行きたかったパン屋さん。
数ある京都のパン屋さんの中でも、一際目立つ存在です。

赤い外観が目印。オッシャレ~♪

ここだけ、おフランスのパリ~!です。


a0157597_6271689.jpg



店内にはかなりの種類のパンが並べられていて、テンションが↑↑↑です♪


a0157597_6283577.jpg



どれにするか、非常に迷ってしまいます。
(本当に迷った!)


a0157597_630143.jpg



デニッシュ系や、惣菜系も美味しそうですが、やはり目が行くのはハード系♪


a0157597_635992.jpg



ハード系のパンの種類も豊富で、どれを買いましょう~?


a0157597_634667.jpg
a0157597_631959.jpg



こちらのカンパーニュのクープは格子模様ですね。


a0157597_6402236.jpg



バケットやセーグル、バタールなどは、レジのお姉さんの横に鎮座しています。


a0157597_6392340.jpg



迷いに迷った末、購入したパンはコチラ♪

バケットと、カンパーニュ、クロワッサン、クロワッサン・オ・ザマンド、ミルクフランス、
ラムレーズン入りミルクフランス、そしてパン・オ・ショコラの計7個をお買い上げ~♪


a0157597_6411537.jpg



自宅に戻って、購入したパンをカットしてみましょう。

まずコチラはバケット。
キュッと細身のボディをしていますね。
気泡はボコボコ開いているタイプではありません。
かといって、ヘビーなタイプではありません。


a0157597_6444260.jpg



クロワッサンの断面。
・・・美しいです。
生地の表面は結構焼けていて、口の中に香ばしさが広がりました。
(ちょっと焼けすぎた感もあり・・・)


a0157597_6454116.jpg



そしてカンパーニュの断面。
えーっと・・・(^^;
パンの成形時に失敗した???
生地もかなりしっとり、というよりはネットリした感じがあり、ちょっと我が家の好みでは
なかったかなぁ。


a0157597_6472527.jpg



今回買った中で私が気に入ったのはミルクフランス&ラムレーズン入りミルクフランス。
中のクリームが丁度良い甘さで気に入りました♪ 美味しかったわぁ~(*´∇`*)

また京都に行かねば!笑



ル・プチメック (Le Petit Mec)
 京都府京都市上京区今出川通大宮西入ル元北小路町159 大晋メゾネ西陣今出川 1F
 TEL 075-432-1444
 営業時間 8:00~20:00、[イートイン]8:00~19:30
 定休日 月曜・火曜・水曜・木曜(祝日の場合は営業)



いつも有難うございます♪
ポチッと押して頂けると、とても嬉しいです☆


↓               ↓

にほんブログ村 料理ブログ 自家製酵母パン作りへ
にほんブログ村     

にほんブログ村 グルメブログ おうちグルメへ
にほんブログ村


by jenajena | 2013-05-09 15:37 |   ・2013.4 京都
2013年 05月 07日
極上の休日、最高の石窯ライフ♪
連休といえども、夫も私も仕事があったりするので、長期休暇をとって旅に出掛けることは殆どないの。

ニュースとか見て旅行やお出掛けしたり出来る人達がちょっぴり羨ましいと思った事もあるけれど、


でも・・・

我が家にはこんなに最高の生活があるじゃない!



a0157597_148384.jpg



折角の石窯ライフ、パンを焼くだけじゃなく、もっと楽しまなくっちゃ♪

今日もパンを焼くために石窯に火を入れたけど、パンを焼くまでの時間、活用しなくっちゃ勿体ないよ。



a0157597_1502937.jpg



ここには地元で採れる新鮮な野菜だって、魚介類だってあるんだよ。

じゃ、今日のランチは石窯パエリアだ!

お天気も良いし、庭で食べましょう~♪



a0157597_1523579.jpg



石窯の中で、こんがりとフライパンの周りが香ばしくなっている。

良い香りだね。

そういえば、庭で食べるの、久しぶりだね。

1年ぶりだっけ?



a0157597_1534639.jpg



『ママ~、写真ばかり撮ってないで、早く食べようよ~』

『ごめんごめん、じゃ、食べようっかぁ』



a0157597_1563929.jpg



待ち切れず、ちょっとお先に失礼。



a0157597_1582653.jpg



旬のホタルイカと新タマネギのマリネも美味しいの。

大好物のホタルイカ、美味しいからお代りも自分でします。


a0157597_159588.jpg



世の中GWで、何だか騒々しいけれど・・・

ここの時間はゆっくり、ゆっくり流れて、



a0157597_215796.jpg



特別な事は何もないけれど、

この当たり前の、変わらない時間が幸せだと思う。



a0157597_232858.jpg



『ママ~、晩御飯も庭で食べようよ~』



a0157597_251772.jpg



『う~ん、ちょっと寒いから晩御飯はお家の中で食べましょう』



a0157597_255912.jpg



石窯でローストビーフを焼きたかったけれど、バケットを焼く時間になったから、これはオーブンで。

庭で摘んだローズマリーとレモンタイムとオレガノと、イタリアンパセリにセージも肉にマリネして焼きました。

一緒にローストした野菜も柔らかくなって・・・



a0157597_291847.jpg



肉の焼き加減も丁度いい。

この焼き加減、最高よ。

それにとってもジューシーで柔らかいの。



a0157597_2112577.jpg



さっき焼きあがったバケットも一緒に食べる?



a0157597_214553.jpg




どこかへ行かなくたって、お家でゆったりと過ごすのもイイものよ♪


極上の休日!

最高の石窯ライフ!


by jenajena | 2013-05-07 05:50 | Home cooking
2013年 05月 04日
石窯ブレッド、出来ました♪ oishii
パンを焼く、その時を待つ石窯・・・

先日も石窯を使って焼いたのですが、残念な事に温度が上がっておらず撃沈。。。

今日はいつもより長い目に火を焚いたので大丈夫かな?


a0157597_6304492.jpg



まずはバケットから。

この時もう夜の7時。

晩御飯に間に合うかしら。


a0157597_6323446.jpg



慎重にクープを入れて、


a0157597_634722.jpg



いざ、投入!


窯の温度は、約250度。


a0157597_635276.jpg



そして、バケットが焼きあがりました~♪

今回加水率70%、石窯の中に入れて、約23分で焼き上がりです。

窯から出したばかりのバケットは、香ばしい香りと共に、パチパチと音を立てています♪


a0157597_6355964.jpg



ぐずぐずはしておれません。

次はカンパーニュ。

外はもう真っ暗なので、クープを入れるのも大変 (〃゚д゚;A 


a0157597_637541.jpg


待つ事およそ40分ちょっと。

焼きあがりました~♪

今日のカンパーニュは加水率77%です。


a0157597_19223512.jpg



私個人的な意見としては、もう少しこんがり焼けていたらなぁと思ったのですが、パンの底の部分が

結構こんがり焼けていたので、このまま放置すると底だけ焦げちゃうので窯から出す事に。


a0157597_19285594.jpg



それでもクワッと開いたクープにご満悦の夫 ヽ(*^^*)ノ


a0157597_19302635.jpg



低温熟成の証、ブリスターもちゃんと出来ています!


a0157597_193143100.jpg



断面ショー♪

気泡もまずまず・・・かな?


a0157597_19333522.jpg



そうそう。最近カンパーニュの形をオーバルに変えました。

丸い形も可愛いので良いのですが、サンドイッチとかにするならこちらの形の方が作りやすいので

最近はこの型で焼く事が多くなっています。確かにコチラの方が、作りやすいわ。

型は100均の藤カゴでーす♪(100均サマサマだわ。笑)



いつも有難うございます♪
ポチッと押して頂けると、とても嬉しいです☆


↓               ↓

にほんブログ村 料理ブログ 自家製酵母パン作りへ
にほんブログ村     

にほんブログ村 グルメブログ おうちグルメへ
にほんブログ村


by jenajena | 2013-05-04 23:27 | bread