<   2012年 08月 ( 10 )   > この月の画像一覧

2012年 08月 26日
福砂屋のカステラ
先日福砂屋のカステラを頂きました♪
福砂屋といえば、長崎カステラの元祖と言われているお店ですよね。

カステラって、大好物っていうほど好きではないのですが、ここの福砂屋のカステラは特別!
この黄色い箱入りのカステラを貰うと、テンションがすっごく上がってしまうくらい嬉しいんです。

a0157597_5483667.jpg


ここのカステラは、卵・小麦粉・上白糖・ザラメ糖・水飴のみで作っています。
添加物が一切入っていないのが嬉しいですね。とってもシンプル。

福砂屋のカステラが好きな理由は、食べた時にシャリッという食感が楽しめる、このザラメ!
口の中にカステラを含むと、ふんわりとした生地と甘~い香りが広がり、そして噛みしめるとこのザラメがシャリッ、カリッとという食感が最高♪

そしてもう一つの楽しみが、カステラの底の紙にザラメとカラメルが付いた所を食べる事(笑)
これが大好きなんですよ~。

a0157597_5494585.jpg
a0157597_550525.jpg


そいえば・・・、こちらの福砂屋は卵の手割りに始まり、泡立て、混合、撹拌、釜入れ、焼き上げまで、ひとりの職人が一貫して責任を持って作っているとの事です。
う~ん、脱帽!

by jenajena | 2012-08-26 22:30 | foods
2012年 08月 25日
ふんわり、もっちり。白桃酵母のフランス食パン
夏のせいか、はたまた歳のせいか・・・。

最近疲労がなかなか取れなくて困っています。
毎日デスクワークで長時間同じ姿勢で座っているのも良くないと思うのですが、帰宅して晩ご飯を食べた後から体が動かん!
もうだるくって、眠たくって仕方がないんです。
翌朝も疲労がのこったまま・・・。
なので毎日栄養ドリンクを飲んで何とか頑張っています。

みなさん、なにかおススメの疲労回復方法があれば教えて下さいませ m(_ _)m
  (因みに・・・。運動は何もしておりません。)


さてさて、白桃酵母の残りがありましたので、ミニフランス食パンを焼いてみました。
我が家ではこの時期、白桃酵母は2~3日で出来りますが(他の酵母はもう少しかかるけど)、こんなもんなのかしら?

a0157597_6162787.jpg


食パンの型が小さめだったので、とても小さな食パンになってしまいましたが・・・。
生地は・・・少し発酵時間が短かった為、思ったより釜伸びしてくれませんでした(泣)
粉はリスドルで焼いたので、いつも作るカンパよりあっさりした味になりました。
フワッとモチッとした食感になりましたが、できたらもう少し軽い目の食感の方がよかったかなぁ。
次回リベンジだわ。

by jenajena | 2012-08-25 22:06 | bread
2012年 08月 24日
白桃酵母のワッフル
先日白桃を頂いたので、白桃の酵母を作ってみました。
酵母の香りも甘酸っぱい良い香りがしました~♪

その酵母で息子が最近お気に入りのワッフルを焼いてみました。

a0157597_6101747.jpg


フワッとカリッと仕上がったワッフルから美味しそうな香りが漂ってきます(^^)
生地自体に甘さは殆ど入れていないから、スモモのジャムを付けて頂きました。
白桃酵母ワッフルにスモモジャム、桃づくし~。

a0157597_685737.jpg


作ったワッフル、美味しいと食べてくれましたが、息子が今一番美味しいと思っているのはマネケンのワッフル。
あの生地が美味しいんだって。(@@)
今度マネケン風のワッフルを焼いてみようかな。

by jenajena | 2012-08-24 22:06 | Sweets
2012年 08月 22日
死ぬまでに飲みたい30本のシャンパン 5/30

死ぬまでに飲みたい30本のシャンパン 5/30 (一生に一度は飲みたい10本のシャンパン 2/10)
◆ ジャクソン キュヴェ 735/Champagne Cuvee 735◆




シャンパンやワインネタは、興味のない方には全くもってつまらない記事だと思いますが、自身の記録に意味も込めて投稿しておりますので、暫しお付き合いくださいませm(_ _)m

息子の誕生日に飲んだシャンパンは、ジャクソン キュヴェ 735/Champagne Cuvee 735
かの有名な皇帝ナポレオンから大いなる寵愛を受け、皇帝の結婚式でも振舞われたというシャンパンです。

a0157597_9525146.jpg


そんな有名なシャンパンにもかかわらず、私は この本を読むまでは知らなかったんですよ。
間違いなく田舎では置いていないレアというかマイナー?なシャンパンです。
そんなナポレオンが愛したシャンパンも意外とリーズナブル(といっても毎日飲める価格じゃございません)で、並行輸入品のドンペリの半分くらいの価格・・・かな。
なので、意外と気軽に飲めたりします。

a0157597_953378.jpg


シャルドネ47%、ピノノワール33%、ピノムニエ20%のブレンド比率で作られたこのシャンパンは2007年のブドウが主体となっています。
『力強さと気品を備えたグラン・ヴァンの風格漂うヴィンテージとなっております』という能書きとは違う印象を私は受けたのですが、どちらかと言うとあまり力強さは感じられませんでした。
それが逆に飲みやすく、グイグイ飲めそうなくらい(もちろん、そんな飲み方はしませんが)スッと体の中に入っていくような感じです。
複雑なニュアンスもなく、シャンパン初心者におススメの1本かと思います。

余談ですが、クリュッグの創設者ジョセフ・クリュッグは、創業前にジャクソンで修行後、自身のメゾンを設立したらしいです。

by jenajena | 2012-08-22 22:52 | liquor/drink
2012年 08月 22日
ブルーベリーのバースデイケーキ チーズクリームで
やっと息子の誕生日がきました053.gif
昨夜のウチにケーキを焼いておこうと思っていたのですが、息子と添い寝をして『はっ!』と気が付くと深夜の12時過ぎ・・・。
慌てて飛び起きて焼き始めました・・・。

先日作ったプレバースデイケーキは賑やかな感じだったので、本番はもう少しシンプルにしようと思い、ブルーベリーのケーキにしました。

a0157597_6412391.jpg


タルト生地に少しラム酒をきかせたアーモンドクリームとブルーベリーを入れ焼いて、その上にグラサージュ(チョコレート+生クリーム+ゼラチン)をのせ冷やし固め、 その上にクリームチーズと生クリームと少々のラム酒のクリームをチョンチョンとのせ、最後にブルーベリーを飾って出来上がり~060.gif

a0157597_6414358.jpg


クリームがダレてはいけないので涼しい内にと思い、朝の早い時間にタルトの上のクリームを作り絞ったのですが、やはりダレダレ・・・。
やはり技術的な問題か・・・!?
しかしながら、甘さ超!超!控え目なので、夫も息子も喜んで食べてくれました。

a0157597_6444777.jpg



そして、誕生日の今日、嬉しいハプニングが!
なんと、trinさんから息子へのバースデイが届きました。いや~、すっごく嬉しかった~!
息子も大喜びで、今晩はドラえもんと一緒に寝るそうです(^^)
trinさん、有難うございま~す001.gif

a0157597_649049.jpg


今年6歳になった息子。大きな病気もせず、元気な子に育ってくれています。
最近自我も出てきまして、自己主張も激しくなり扱いが難しくなってきましたが、健康でこうやって誕生日を迎えられた事は何よりの幸せです。
これからも優しい元気な子で育ってくれればと思います。

a0157597_650077.jpg


by jenajena | 2012-08-22 22:32 | Sweets
2012年 08月 18日
息子のプレバースデイケーキ フルーツタルト
息子のプレバースデイパーティの為のケーキ、またもやタルト(笑)。
リクエスト通り?フルーツいっぱいのせて、フルーツタルトにしてみました。
フィリングはチョコレートにしようかと思ったのですが、先日チョコレートタルトを作ったばかりなので、同じような味だと飽きるかな?と思い、アマンドと生クリーム入りカスタードクリームをフィリングに使用しました。

a0157597_5553928.jpg


今日のフルーツは、弟夫婦が送ってくれた完熟マンゴー、母が送ってくれた大粒ブルーベリー、キウイ、そして巨峰。
予定ではイチゴをのせたかったのですが、残念ながら今の季節スーパーでイチゴが出回っていないので、赤い色のフルーツは“太陽”という品種のスモモをワンポイントに。

a0157597_5591899.jpg


最後にナパージュをしようとゼラチンを探したのですが、な、な、無い!
あると思っていたゼラチンの在庫が無い!!!
買いに行く時間もないので、今回はナパージュ無しです(泣) ← でもコレをするのとしないのでは大違いなの。

さ~て、誕生日本番には、何のケーキにしようかしら(^^)

by jenajena | 2012-08-18 18:54 | Sweets
2012年 08月 12日
息子のプチフルール♪
息子がお菓子を作りたいというので、先日のタルト生地の余りでプチフルールを作りました。


小さな花型のタルト型に、ちっちゃな手でギュッギュッと生地を詰め込んでいきます。
ちょっと心配になったのか、『これでいい~?』 と型に詰めた生地を見せにくる息子。
『なかなか上手に出来てるよ』 というと、ニコ~ッと嬉しそうにしていました。

オーブンでしばらく生地を焼き上げて、次に自家製のスモモとブルーベリー、スモモのジャムをその中に入れ、更に焼き上げます。
プーンとオーブンの中から甘い香りがしてきたら、そろそろ出来上がり♪

a0157597_713615.jpg


出来上がったばかりのタルトをお皿に並べたら、可愛いお菓子の花が咲きました♪


a0157597_7769.jpg


我慢できず、タルトに手を伸ばす息子。『ボクが作ったから、おいしい~!』 と、とってもご満悦(^^)
お家でまったり親子でこんなお菓子作りもアリかもね。

by jenajena | 2012-08-12 23:00 | Sweets
2012年 08月 12日
チョコレートタルト 
8月22日は息子の誕生日なのですが、『何食べたい?』の質問に『チョコレートケーキ』と返ってきた。
この時期は暑いし、キッチン&ダイニングにはクーラーがないので、生クリームを使ったケーキは危険なので、チョコレートタルトに決定しました。

実は22日が誕生日なのですが、今週末に夫の両親(じいちゃん&ばあちゃん)も一緒に息子の誕生パーティをする事になっているので、週末の誕生日パーティと22日の誕生日それぞれにケーキを作ることになりまして・・・。
あまり菓子作りが得意ではないので、失敗しないよう予行練習してみました。

a0157597_6492217.jpg


このタルト、超甘さ控えめなんです。殆ど砂糖を入れていないと言っても過言ではないくらいです。
タルトの生地もバターと砂糖を控えめにしています。
  
a0157597_6493431.jpg


写真で分かりづらいと思いますが、フィリングは2層になっています。
下の部分はチョコレート、生クリーム、アーモンドプードル、卵、無塩バターで生地を作ります。本当は砂糖も入るんですが、チョコレート(市販の)にちゃんと甘味があるので、砂糖は入れませんでした。これをタルト生地流し込み170度で約15分焼きます。
その上に生チョコを流しいれて冷やし固めます。この生チョコもチョコレートに生クリームとラム酒少々で作っています。もちろん砂糖も入れていません。
チョコレートの濃厚な味がありますが、甘さ超控えめなので意外といくつでも食べれそうです。

本番は『コレにフルーツを乗せてね』と息子にリクエストを貰ったので、ちょっと頑張りたいと思います。

by jenajena | 2012-08-12 22:39 | Sweets
2012年 08月 05日
久しぶりのカンパ
久しぶり・・・といっても、これは石窯で焼いたカンパーニュじゃないのです。
昨年の年末に購入した、三菱の石焼厨房(RO-EV10)で焼いたものなんです。
このオーブンはun_voyageさんおススメのオーブンです♪

購入してから、まともにコレでパンを焼いた事はなかったのですが、梅雨の間は雨のため石窯を稼働させられなかったので、このオーブンで何度か焼いてみました。
そうしたら、石窯でキレイに焼けていたカンパーニュが上手く焼けない!
クープも開かないし、釜伸びももう一つ。スチーム機能も使ったのだけど、いや~、初めての物で焼く時は使い勝手が良く分からず難しいね。

で、何度か焼いてみた結果、やっと人様にお見せできるようなカンパーニュが本日焼きあがりました♪

a0157597_6595989.jpg


苦節○年・・・とかよく言いますが、そんな気分ですわ(^^;
やっとオーブンの機能とかも把握できるようになり、プックリと釜伸びもして、クープもクワッと開いてくれたパンができました(^^)
(ブリスタもちゃーんとできてます。)

そうそう。因みに我が家のオーブンは『石窯厨房』という名前通り、石窯で焼くような機能を持っているみたいですが、パンを焼く時はオーブン庫内に耐火レンガを更に入れて焼いています。より石窯で焼くのに近い感じになります。

でもね、でもね、・・・やっぱり本物の石窯で焼いた方がいい香りがするし美味しい~。

by jenajena | 2012-08-05 23:57 | bread
2012年 08月 05日
カフェ・ドゥ・パリ・バターのレシピ♪
会社の夏祭りも無事終了し、やっと少し落ち着きました。
何かと気忙しかったのですが、先月の末にtrinさんから美しい絵葉書が届きました。
届いたお便りに励まさせて頑張れましたよ~。trinさん、有難うございま~す♪ 
a0157597_633483.jpg



さて、先日のcafe de Paris butter(カフェ・ドゥ・パリ・バター)のレシピを公開します。
下記の画像は、パンに軽く塗ってゆで卵などをトッピングしてみましたが、とても美味しかったですよ。

a0157597_632346.jpg


とにかく使う材料が多いのですが、作り方はとても簡単~♪
手に入らない材料や苦手なものは適当にアレンジしてみてください。
Damien Pignoletの『French』のレシピに出来るだけ忠実に載せさせてもらいます※


 【材料】

  ・無塩バター 1kg                                    
  ・トマトケチャップ 60g                               
  ・ディジョンマスタード 25g 
  ・酢漬けケイパーの荒みじん切り 25g                         
  ・エシャロットのみじん切り 125g        
  ・フレッシュパセリのみじん切り 50g     
  ・フレッシュチャイブのみじん切り 50g    
  ・乾燥マジョラム 5g                
  ・乾燥ディル 5g                
  ・フレッシュタイムのみじん切り 5g                 
  ・フレッシュタラゴンのみじん切り 少々     
  ・ドライローズマリーのみじん切り 少々
  ・ニンニクのみじん切り 1片分
  ・アンチョビのみじん切り 8切れ分
  ・ブランデー 大さじ1
  ・マディラ酒 大さじ1 
  ・ウスターソース(リーペリーソース) 小さじ1 
   ・パプリカ 小さじ1
  ・カイエンヌペッパー 少々
  ・白コショウ 少々 
  ・レモン汁 1個分
  ・レモンの皮のすりおろし 1/2個分
  ・オレンジの皮のすりおろし 1/2個分
  ・塩 10~20g     

 【作り方】

  ・無塩バターを室温に戻し、滑らかになるまで泡だて器で混ぜる。
  ・別のボールでバター以外の物を混ぜる。
  ・それをなめらかになったバターと一緒に混ぜる。
  ・冷凍する場合はアルミホイルの上にのせ、円柱の形に包んで冷凍し、次回使う時は必要な分だけ切り分ける。

このバターは肉料理や白身魚のムニエルはもちろん、クラッカーに塗っても良し、パスタに絡めても良し。
色々とアレンジして使えます。
沢山作って冷凍保存しておくといいですね(^^)

a0157597_6322513.jpg


by jenajena | 2012-08-05 06:20 | Home cooking