<   2011年 10月 ( 8 )   > この月の画像一覧

2011年 10月 30日
キャセイパシフィック航空の機内食 関空⇔桃園(台北) ~2011 台湾~ 
ハッキリ言って、飛行機が大好きだ。というか、飛行機を使って行く旅行が大好きだ。
なぜだか、スーツケースを持って空港を歩き、飛行機に乗る瞬間がワクワクしてたまらない。
これから行く地への期待と喜びが沸々と湧き上がってくるのである。
それは若い頃、初めて家族旅行で乗った宮崎空港から伊丹空港までの飛行機(たしかJALだった…)に感激してから、それは今も何ら変わっていない。

今回台湾(台北)へ行くにあたり、エアラインをどこにするかが問題だったが、いちばん子供にも負担の少ない時間帯に発着していたキャセイに決定。夫が持っているアメリカンのアドバンテージのマイルにも加算できるしね。


という事で、往復ともBOEING 777-300で。少々狭いが、約2時間のフライトなので問題なし。
a0157597_1719118.jpg


往路のチャイルドミールについてきたオマケ。
ディズニーのキャラクターがついた色鉛筆、パズル、メモ帳、それに紙でできた組み立て式のバッグ等々、子供が喜びそうなものが沢山入っていた。
a0157597_17373792.jpg


カトラリーも何とも可愛らしい。ストローはNEMOのドーリーだろうか。これは息子も結構気に入ったようだ。
a0157597_17382532.jpg


往路のチャイルドミール。日本のチキンライスにミックスベジタブルが添えてあった。
ソーセージはかなり大きくて、1本だけしか食べられなかった・・・。グミは今まで食べさせた事が無かったので見向きもせず。ゼリーも食べなかった。ミルクを注文したのでアップルジュースも飲まなかった。けれどパンは、自分の分と私のパンと!2個も食べた。
a0157597_17405052.jpg


往路のチキンメニュー。チキンの旨煮に茹野菜が添えてあった。フルーツはレッドグレープフルーツとオレンジとリンゴ。ケーキはマロンケーキ。すごく甘かったので食べれなかった。
頼んだ白ワインはドイツワインのリースリング。ドライな白ワインが良かったけど無かった・・・。
エコノミーなので仕方ない。
a0157597_17443218.jpg


往路のポークメニュー。確かジャージャー麺だった気がする。こっちの方がマシだったような・・・。でもチャイルドミールの方がもっとマシな味だった。
a0157597_17452176.jpg


こちらは復路のチャイルドミールについてきたオマケ。紙の組み立て式のバッグがナイロンのバッグになった事と、キャラクターが変わっただけの違いかな。
a0157597_17475775.jpg


復路のチャイルドミール。トマトソースのパスタとハンバーグ。フルーツは台湾のオレンジの柳丁(リョウディン)とドラゴンフルーツとリンゴ。フルーツはまずまず美味しかった。ケーキはチョコレートケーキ。パイナップルケーキも付いてきた。
a0157597_1749631.jpg


復路のチキンメニュー。照り焼きチキンに中華風の野菜炒め。ヤングコーンは全て息子に食べられた!今回も白ワインは甘口のリースリングだったので、赤ワインを注文。エコノミーの味です…。
a0157597_17503667.jpg


復路のポークメニュー。醤油風味の味付けのポークにヌードルが添えてあった。何とも不思議な味付けだった。夫はビールを注文。
a0157597_17511412.jpg



機内食に関してはあまり他のエアラインと特に変わりがなかったような気がするが、それでもアメリカ系航空会社のものに比べればバリエーションもあるのでは…?
もちろん乗務員の態度やサービスも良かったので、多分次回もキャセイパシフィック…かな。

by jenajena | 2011-10-30 20:41 |   ・2011 台湾 | Comments(0)
2011年 10月 27日
台湾旅行 ~2011 台湾~
以前から気になっていた所の一つ、台湾・・・。

東北地方太平洋沖地震の時もいち早く来てくれて、義援金も驚くほどしてくれた。
そんな日本を支援し愛してくれている台湾に行きたくなり、家族でとうとう訪れる事に!
とても楽しみです。


搭乗まで時間があったので、ラウンジでゆっくり過ごしました。ここなら大好きなお絵描きもできます。
夫はPCを使っていましたが、どうやらサクサクと動かなかったらしい。インターネットの無線アクセススポットの方が動きはいいみたい。
a0157597_6401179.jpg


搭乗時間です。子供連れなので、優先で早い目に乗る事ができます。
それでは、いってきます!
a0157597_6402964.jpg


by jenajena | 2011-10-27 12:00 |   ・2011 台湾 | Comments(6)
2011年 10月 23日
秋です! 石窯ピザです!
秋と言えば・・・、食欲の秋ですよね。ということで、我が家の石窯でピザ作り。
7月の末に作ったのが最後たっだので久しぶりです。
生地は今回はサワドウカンパーニュに使っているサワー種(ラ・メール酵母)オンリーで作ってみる事にしました。
生地の仕込みは前日からします。
a0157597_615635.jpg


生地を形成してから生地におリブオイル、トマトソース、モッツァレラチーズ、そしてお好みのトッピングをします。
手作りの木製ピザピールの上に乗せて、熱くなっている石窯の中に投入。
a0157597_695414.jpg


ピザがプツプツというまで暫く我慢。
a0157597_6101423.jpg


1分ぐらい経つとチーズと生地がプツプツとし出しますので、今度はステンレスの手作りピザピールで生地を回転させ、焼けていない部分を火のある方に方向にもっていきます。
a0157597_6103396.jpg


シュッ!シュッ!
a0157597_6105115.jpg


いい焦げ目が付いてきましたね。
a0157597_611638.jpg


そして最後の仕上げ。
a0157597_6112059.jpg


ステンレスのピザピールでピザを持ち上げ、石窯の上に近づけて焦げ目を付けます。この時木製のピザピールを使用するとピザピールが焦げちゃいますので使いません。
本日は約2分で焼きあがりました。
a0157597_6114332.jpg


こちらは自家製イタリアンソーセージとバジルのシンプルピザ。夫のリクエスト。
a0157597_6122327.jpg


これは私のタラコとフレッシュ野菜のピザ。大好きなコリアンダー(パクチー)も入っています。
a0157597_6123317.jpg


息子のリクエストはアンチョビとプチトマトとバジルのピザ。いつの間にかアンチョビ好きになっていたので驚きました。
a0157597_6124564.jpg



今回はサワー種だけの生地で作ったので、しっかりと重い目のモッチリ生地に仕上がっていました。イーストで作ると軽い目の生地になるのですが、どうやらサワー種オンリーでナポリ風のクラストのするとヘビーになるので、かなり薄い目のクラストにするといいかもしれませんね。
サワー種のピザ生地って皆さん食べた事が無いと思いますが、これ、結構チーズと相性が良く美味しいんです。
ということで、本日はこちらのカヴァと一緒にいただきま~す♪
a0157597_6542856.jpg


by jenajena | 2011-10-23 22:30 | pizza | Comments(6)
2011年 10月 16日
色々試しています
本日も夕方から石窯に火を入れ、パンを焼く準備。今日と明日は熊野三所神社の秋祭りで、夫が火の番をしている間に獅子舞をみたいという息子を連れて近所へ見に行ったりしたのですが、家に帰らないと言い出して、連れて帰るのに一苦労。非常に疲れてしまいました(苦笑)

で、いつものように、真っ暗な庭でクープを入れます。今回藤製のバヌトンを買ったので使ってみましたが、やっぱり綺麗な模様が入りました。
a0157597_925839.jpg
a0157597_9272375.jpg


本当は今回リスドォルでを使って焼きたかったんですが、残念なことに宅配が間に合わず、今回もサワードウカンパーニュは『石臼挽き春よ恋100』を90%と『臼夢』10%、バケットは『スムレラ』90%と『石臼挽き春よ恋100』10%で。酵母はもちろん、ラ・メール酵母。
a0157597_10362697.jpg
a0157597_10363867.jpg


前回と違うのは、バケットの酵母。(写真ないけど・・・)
TARTINE BREADと同じように、いつもはラ・メール酵母とイーストを使ってバケットを焼くのですが、どうにも今まで使っていたイーストが臭く感じたので別のものを購入して焼いてみた。
ふむふむ、やはりイーストを変えると香りも違いますね。いいイーストは臭くありません。

今日も石窯の温度があまり上がらなかったので、焼き色は浅い目。
私はもうちょっと焦げ色があったほうがいいかなと思ったのですが、実はまだ石窯は完成していないので、蓄熱がちゃんと出来ないようです。
そろそろ気温も良くなってきますので、石窯の外装部分を仕上げなくては!ね。

by jenajena | 2011-10-16 23:20 | bread | Comments(0)
2011年 10月 15日
焼き鯖鮨
出勤する時、近道の為にクネクネ曲がりくねった山道を通って行くのですが、子供を幼稚園に送って行く車何台かとすれ違います。
で、驚くことに運転している人(多分親だと思うのですが)はシートベルトをしているのに、小さな子供はにチャイルドシートをしていないらしく、車の中で動き回っているんです。
もし急ブレーキを踏んだりアクシデントがあった場合、親はシートベルトをしているから助かる確率は高いとしても、子供はどうなるのかと考えただけでも恐ろしく思います。
一体運転している親は何を考えているのでしょうか・・・、と思う今日この頃です。


ところで、今日食材を買いに行った先で、朝獲れの鯖があり安かったので、生鮨用に3尾購入。
ついでに焼き鯖寿司も作ってみました。
a0157597_6452425.jpg


我が家は生鮨や鯖寿司が大好物でして、新鮮な鯖があると買ってきて刺身や生鮨、鯖寿司を作ります。
私の実家の方では、なれ寿司という食べ物があるのですが、その寿司にも鯖がのってあり、小さな頃から『なれ寿司』を食べるのが大好きでした。
さすがに発酵臭のある『なれ寿司』を夫はあまり好まないので、発酵していない鯖寿司を作る事が多いですね。
で、気分によって今回のように鯖の表面を炙って、焼き鯖寿司を作ることもあります。

母が作ってくれた新生姜の甘酢漬けとともに食べましたが、とても脂がのっていて美味しかったです。

by jenajena | 2011-10-15 22:45 | Home cooking | Comments(6)
2011年 10月 10日
粉の話
毎度毎度、深夜の石窯パン焼きです。
a0157597_155216.jpg


暗いので、クープを入れる時は懐中電灯を石窯に縛り付けて、パンを照らしてます。
a0157597_15521365.jpg


今回もサワードウカンパーニュは(クープの入れ方は別として)まずまずの仕上がり、美味しかったと思います。
a0157597_15542912.jpg
a0157597_15544334.jpg
a0157597_15545548.jpg


我が家でサワードウカンパーニュを作る時に使っている粉は、『石臼挽き春よ恋100』を90%と『臼夢』10%で作っています。
バケットは『スムレラ』90%と『石臼挽き春よ恋100』10%で使っています。

実は、石窯パンを焼き始めた頃、ことごとく失敗していました。
バヌトンに入れては、くっ付いたり生地ダレしたりと散々でした。原因をあれこれ考えていたある日、夫がハタと粉の給水量に気が付きました。
誰かにパン作りを習った訳ではなく、以前の記事にも書きましたが、CHAD ROBERTSONの『TARTINE BREAD]』等を読んで勉強して作っていますが、さすがに日本の小麦粉の事まで書いてなかったので見落としていました。
小麦粉には給水量があるため、水分量がその給水量を上回ってしまうと、余分な水は外に出るしかなく、くっ付いたり生地ダレが起こってしまい、更には窯伸びしないパンになってしまうのです。

それから新たに粉探しをして、現在の小麦粉を使って焼いています。
バケットに関して『夫は』今の小麦粉の配分も含め気に入っているようですが、『私は』重い生地があまり気に入らず『リスドォル』を使ってみたいと思うようになり、先日購入しました。
残念ながら今回は間に合わなかったので、次回それを使って焼いてみたいなと考えています。

by jenajena | 2011-10-10 23:50 | bread | Comments(0)
2011年 10月 04日
秘密兵器
この方がとてもお洒落なマシーンを購入されたので、我が家も負けじと載せてみました。(全然オシャレじゃないけど。)

これ、『リターダー』。 
数ヶ月前に購入。パンの発酵を抑える為に使ってます。発酵を促す発酵器と違いますよ~。
リターダーの上に何か乗っかってますが、気にしないでね。
a0157597_6481157.jpg
a0157597_648411.jpg


リターダーといっても、リターダーとして売っているものじゃないのよね。
お気づきの方もいると思いますが、コレ、飛行機のの機内で使っている、機内食を入れておくカートなんです。(だけど、結構大きいからホテル仕様かもしれません。。。)
それを購入し、パンの発酵を遅くする為に使っています。かなり電気代がいるので、必要な時だけ電気を入れています。

すみません、ちょっと自慢?してしまいました(笑)
なんでも応用して使う夫はスゴイです。


そうそう、余談ですが、本日は息子の運動会。
早起きをして、我が家の分と夫のお母さんの分のお弁当を作りました。フルーツが大好きな息子の為にフルーツは多い目に。
殆ど食べてしまいました。息子は一所懸命?走りましたが、私の血を引き継いだのか、今年もビリでした。
まあ怪我もなく元気に楽しくやってましたので、それが何よりですわ。
a0157597_76143.jpg


by jenajena | 2011-10-04 06:33 | bread | Comments(2)
2011年 10月 03日
何でやろ・・・・???
またまた、いつものサワードウカンパーニュ&サワードウバケット。
いつもの如く、夜な夜な石窯で焼き上げました。(夜の10時頃に焼きあがったんですよ・・・)
a0157597_9391949.jpg

a0157597_9313091.jpg


カンパーニュはまあ美味しかったんだけど(特に皮が美味しい!)、バケットがちょっと上手くいかない。
a0157597_9393543.jpg


我が家の石窯では、窯の中に25~30cmぐらいのカンパーニュなら6個入るんだけど、1投目でその6個を焼き、2投目でバケットを10本ほど焼きます。
なので2投目のバケットを焼く時に少々温度は下がっているけど、まあ問題ない範囲だと思うのですが、個人的にはもうちょっと焼き色が付いているのが好みかなあ。

っていうか、今回の問題は塩分でして、ちゃ~んとレシピ通りにつくったはずなのに、何故かしょっぱかったんです。はかり間違いもしていないし、原因は???です。

それと見ての通り、バケットはあんまりバケットっぽくない色です。
質感もちょいと違います。カンパーニュのように結構ずっしりとした重みがあり、バケットっぽくないように思います。サワードウを使っているからなのか。はたまた粉が原因なのだろうか?
因みに粉は無漂白のものを使っています。←やっぱりコレが原因か???
我が家のサワドウは全粒粉を使っています。


そうそう。今日夕方から久しぶりに五目釣りに行ってきました。
窯に火を入れていたので、そう遠くには行けなかったので近場で我慢。予想以上に風が強く、オマケに寒くて縮こまりながら釣りました。
成果ですか?えーっと、ベラの10cmクラスが3匹でした。ガシラを釣るはずだったんだけどなあ(笑)
a0157597_12134684.jpg


by jenajena | 2011-10-03 23:55 | bread | Comments(0)