<   2010年 09月 ( 8 )   > この月の画像一覧

2010年 09月 26日
石窯制作記録3 今日も頑張りました
今日は朝から石窯作製に励みました!

a0157597_029851.jpg
今日は窯のドームを作る土台作り。

a0157597_0293948.jpg
コンパネでドームの形を2枚作ります。どうするのかと言うと・・・

a0157597_036013.jpg
コンパネ2枚を組み合わせ・・・、耐火レンガを積んでいきます。

a0157597_0304396.jpg
窯に実際乗せるとこんな感じ。
次回はこのドームの形に合わせ、耐火レンガを実際積んでセメントでくっ付けていきます。


a0157597_531637.jpg
私が色々撮影していると、息子が家の中からマイカメラを取りに行き、一緒になって写真を撮り始めます(^^;
なので、どの写真にもチョロッと息子の姿が・・・。
すみませんが、ちょっとだけ退いて頂けませんでしょうか?040.gif

by jenajena | 2010-09-26 22:30 | 石窯作成 | Comments(0)
2010年 09月 22日
こじんまりと、十五夜
a0157597_13253955.jpg
せっかくの十五夜なので、デッキで夕食。
お団子は息子が『いらん!』というので、ひりょうずの中にウズラの卵を入れ油で揚げたものをお団子替わりに。塩とスダチで頂きました。
それとシイラのムニエル柚ポン掛け、そして長いもとオクラとシメジの椀物を作りました。
で、写真を撮って、食事をして、チビチビ晩酌して・・・・・。
ん?なんか地味な食卓だなぁと思ったら、せっかく作った梅サラダを出すのを忘れてました(^^;
さすがに皆満腹になってしまったので、サラダは明日へ持ち越し。

肝心のお月様は、残念ながら家の反対側に出てたので、食事しながら見ることは出来ませんでした~。

by jenajena | 2010-09-22 23:00 | Home cooking | Comments(0)
2010年 09月 20日
石窯制作記録2 始動開始
a0157597_23175274.jpg
今日は少し暑さがマシだったので、石窯作製をしてもらう。
午前中は仕事があったので、午後(と言ってもほぼ夕方)から作製に取り掛かる。


a0157597_23181176.jpg
『もうすぐ出来るよ』と言って3年は経つ。応援はするので頑張ってください(笑)

by jenajena | 2010-09-20 23:23 | 石窯作成 | Comments(0)
2010年 09月 05日
小又川(龍神)温泉 楽酔舎 ~2010.9 和歌山~
楽酔舎の食事です。
とにかく色々な種類を沢山食べることができ、満足度120%でした。

a0157597_652144.jpg
こちらは到着後すぐに出して下さったコーヒーと一緒に出して下さったアップルケーキ。
米粉で作ったケーキでたしかバターも使っていないとの事。甘さ控えめでとても美味しかったのでお持ち帰りをお願いしてしまいました。


a0157597_7173917.jpg
夕食です。夕食は離れではなく、到着後通された本館で頂きます。
見て下さい、この美味しそうな料理の数々! 生まれて初めて鮎の刺身を頂きましたが絶品でした。川魚独特の臭みが全く無く、プリプリとした身が美味しかったです。この刺身は梅醤油で頂きました。


a0157597_7281032.jpg
囲炉裏では鮎を焼いてくれます。


a0157597_7432066.jpg
a0157597_7434133.jpg
次から次へとお料理が出てきます。
最後に熊野牛の笹蒸しが出てきたのですが、これがまた美味しい!お肉自体が良いお肉を使ってくれていて、おまけに下に余分な脂が落ちるお鍋で蒸してくれているので、肉の旨みがよく出て最高でした。
ただ、ウチは小食なので食べきれませんでした。ゴメンナサイ・・・!
殆ど食べきったお義母さんには脱帽です005.gif


a0157597_7451078.jpg
お酒はここの親戚の方が作ってられるとの事。やはり料理に合った芳醇なお味で、ついつい沢山頂いてしまいました。


a0157597_6244554.jpg
そして、朝食です。朝からこんなに立派なご飯で、とても嬉しかったです。


a0157597_630159.jpg
アマゴ(だったと思う)の干物を、その場で炙ってくれて頂きます。やはり焼きたてはいいですね~。


a0157597_631531.jpg
最後にデザートお庭で頂きました。


全てのお料理に心がこもっており、最高のおもてなしをして頂きました。
食べるのに夢中で撮り忘れたお料理がまだ幾つかあったので、全部紹介する事は出来なかったのが残念です。

なので、機会があれば一度行ってみてください 。
美味しい料理、いいお湯の温泉、“何もしない事が贅沢”な時間、そして何よりも楽酔舎にはホスピタリティがあります。サービスではなく、本当に人をもてなす心があると感じました。

最後に、楽酔舎に連れてきてくれた主人にも深く感謝します。有難う!


その他の写真はコチラ

by jenajena | 2010-09-05 23:10 |   ・2010.9 和歌山 | Comments(0)
2010年 09月 05日
小又川(龍神)温泉 楽酔舎 ~2010.9 和歌山~
楽酔舎の温泉の内風呂と露天風呂です。
ここのお湯はナトリウム炭酸水素塩泉だそうで、効能は、神経痛・筋肉痛・関節痛・慢性消化器病・痔疾・冷え症・病後回復期・疲労回復・きりきず・やけど・慢性皮膚病・虚弱児童・慢性婦人病だそうです。 (楽酔舎のホームページより引用しました)

a0157597_5511922.jpg
ツタが絡まっている露天風呂の可愛らしい蛇口。


a0157597_5542782.jpg
この露天風呂は私達家族が泊った上の離れのものです。
空気も美味しく、露天風呂と言えども周りを気にしないでゆっくり入れるので、ついつい長風呂になってしまいます(^^;
木桶の露天風呂も気持ちいい!
息子もあまりにも気持ちが良かったのか?嬉しかったのか?、露天風呂で泳いでおりました。


a0157597_5562311.jpg
こちらは主人の両親が泊った下の離れの露天風呂。上の離れのものより広いです。


a0157597_624481.jpg
a0157597_6252100.jpg
こちらは上の離れの内風呂。槙の香りの癒されます。
内風呂ですが、開けっ放しにして入るが気持ちいい。露天風呂気分です。

来たときは私は(一応)メイクをしていたので、オイルでメイクを落としてその後洗顔フォームで洗ったのですが、洗えども洗えどもヌルヌルしてメイク落ちてんのか~?と心配になりました。
どうやらここのお湯は石鹸類を使うとヌルヌルとするらしいです。ボディソープで体を洗った時もそんな感じで、タオルもいつまでたっても洗えていないかのようにヌルついていました。
でも石鹸類を使わず入った時は、まるで毛穴の奥まで汚れを取ったでーみたいなくらいキュキュッとするような感じのお湯でした。
湯上りは化粧水やクリームなどを付けなくでもお肌はツルツル012.gif キメが細かくなったような気がしました。
中々良い湯です。美人になれそうなお湯でございました。今まで入った温泉の中で好きな泉質の一つですね。また入りに来たいです。

by jenajena | 2010-09-05 22:05 |   ・2010.9 和歌山 | Comments(0)
2010年 09月 05日
まったりと のんびりと 楽酔舎にて ~2010.9 和歌山~
a0157597_6383771.jpg

a0157597_13512081.jpg

a0157597_6225160.jpg


龍神村小又川温泉の時間はゆっくり流れて行きます。

by jenajena | 2010-09-05 21:55 |   ・2010.9 和歌山 | Comments(0)
2010年 09月 05日
小又川(龍神)温泉 楽酔舎 ~2010.9 和歌山~
主人の両親と龍神村の小又川温泉、楽酔舎へ。

a0157597_23103087.jpg
龍神村の小又川という、周りが田んぼと山に囲まれた宿です。
緩やかな坂を上がっていくと、そこに隠れ家『楽酔舎』があります。
到着するまでは、『本当に道合ってる???』と心配になりましたが、無事着く事が出来ました。


a0157597_23111464.jpg
画像には写っておりませんが、宿のご主人と奥様が出迎えてくれました。とても物腰の柔らかい素敵なご夫婦です。
正面玄関はこんな感じです。
古民家風の建物ですが、何年か前に建築されたまだ新しい宿だそうです。


a0157597_23331711.jpg
1日限定3組まで宿泊ができるこちらのお宿は、基本的に小さい子供の宿泊は断っているそうですが、たまたま今日は私達家族と主人の両親だけだったので、うちの息子の宿泊を許可してくれました。
予約時、多分子供連れはやっぱり駄目だろうな、と思っていたので、この柔軟な対応にとても感謝です。

まず到着して通されたのは、本館の囲炉裏の間。
食事はここでするらしいです。
部屋のあちらこちらには、奥様が焼かれた陶器や骨董品がセンス良く飾られています。
そして日本酒や焼酎が囲炉裏の間や階段に沢山置かれています。


a0157597_039515.jpg
宿泊できるのは、本館、離れの上と、離れの下の合計3か所。
主人の両親は離れの下の棟に宿泊。6畳が2部屋と内風呂と露天風呂付きのココが一番大きな棟になります。
私達は離れの上の棟に宿泊。6畳と4.5畳の2部屋と、下の離れより小さめの内風呂と露天風呂付きです。


a0157597_0492750.jpg
テーブルの上には茶菓子が用意されていて、息子はお菓子に興味津々(^^; 案の定チョコレートを欲しがり、とりあえず1個だけ食べさせました。
冷蔵庫の中にはビールの他、日本酒や赤ワイン(カベルネ)などが入っていました。下の離れの冷蔵庫には白ワイン(シャルドネ)とロゼワインも入ってましたよ。
寝巻も用意されていましたが、浴衣ではなく甚平でした。これはちょっと嬉しいですね。
なぜなら浴衣だとどうしても前が肌蹴てしまったりするけど、これなら安心して眠れそうです。
足袋も用意してあり有難かったです。


a0157597_0594625.jpg
そして、主人の嬉しい誤算はコレ!
そう、トイレです。ウォシュレット好きの主人は、まさかこんな山の中の宿にウォシュレットなんかあると思っていなかったらしく、付いているのを見た瞬間歓喜の声をあげていましたよ071.gif


a0157597_623157.jpg

そうそう、ここの宿にはクーラーありません。
温泉に入って、冷房の効いた部屋でゴロ~ンとしようと思って来たらダメですよ~006.gif
夏は扇風機と自然の風オンリーです。
自然を満喫して下さい(^_^) 可愛い小鳥も遊びにやって来ます。


でも夜になると少々涼しくなり、朝方には寒いくらいです。
自然の中に溶け込んで暮らしてるって感じがして、これもまたオツなものです。


龍神温泉郷 小又川温泉元湯 楽酔舎
 和歌山県田辺市龍神村小又川343番地
 TEL 0739-79-0161(代)
 FAX 0739-79-0171

by jenajena | 2010-09-05 21:53 |   ・2010.9 和歌山 | Comments(0)
2010年 09月 04日
懐石カフェ ocha-ya
主人の両親と竜神村へプチ旅行に行く前にocha-yaでランチを頂きました。
まだ『松葉』という店名で営業をされていた数年前からお世話になっているのですが、ここのお料理は美味しいと思います。ご主人は京都の老舗料理屋で修行された方です。
通常、ランチは日替わりランチがあるのですが、水曜日限定で懐石ランチが限定であるのですが、前もって予約をしていれば水曜日以外でも出してくれます(多分)。
いつも美味しいお料理を出してくれるので、今日はどんなお料理が出てくるのか楽しみ053.gif


今日のメイン
a0157597_17123916.jpg
a0157597_17125864.jpg
 マグロの漬け 山芋と黄身がけ(左奥:これは美味しかった!)
 湯葉のうにソース?(左前)
 鯵のフライ(右皿:ゴマ油と風味と軽い塩味でサクサクしていました)
 茹でとうもろこし(右皿:息子が食べたので味は分かりません)
 焼きエリンギ(右皿)
 豚肉の味噌漬け(右皿:ご飯やお酒が欲しくなります。好きな味です)
 青菜の胡麻和え(右皿)
 スダチ釜 きのこ和え(右皿)


茄子とイチジクの揚げ庵かけ
a0157597_1731817.jpg
これも美味しかった。イチジクの甘みが庵とうまくマッチしていていました。もちろん、茄子もおいしかったです。


とろろ昆布とミョウガ、エノキの吸い物
a0157597_17342099.jpg
いつもながら良い出汁がでています。

写真をうっかり撮り忘れましたが、あと五穀米のご飯と白瓜と茄子の浅漬け、最後にデザートを頂きました。本日のデザートは、抹茶アイス粒あんと最中添え(フルーツ付き)でした。
ここへ夜にゆっくり食事を楽しみに来たいと思っているのですが、子供が小さいと中々来ることができませんので、またその内ゆっくり来たいですね。

by jenajena | 2010-09-04 17:06 | Restaurant | Comments(0)