カテゴリ:  ・2011 台湾( 15 )

2011年 11月 13日
ぶら~り台北 ~2011・台湾~
台北は新しい物と古い物が混在する面白い街。
無機質な近代的なホテルの裏をちょっと歩くと、生活の匂いが漂ってくるような景色がある。
あちらこちらの家やアパートの最上部には、勝手に?建て増ししたようなものが乗っかているが…。
a0157597_7464024.jpg


道路にはマスクを付けたスクーター族がブンブン走ってくるが、そのスクーターの数にビックリする。
車も少しの車間があろうものなら秩序無しにグイグイ入ってくる。かなりアグレッシブだ。
慄きながら乗っていたタクシーの中から見た信じられない光景…、スクーターに20kg(だと思う)のプロパンガスを3つも積んで走っている。

・・・絶句・・・。 
a0157597_7584581.jpg


朝はアチラこちらで車の屋台も見かけるけれど、この屋台は結構人気なのか行列ができていて、割包(グワバオ)のようなものを売っていた。真相は?
a0157597_8102228.jpg


こういう光景を見ると、台湾だな、と。
a0157597_8121831.jpg


『ドラゴンが欲しい~っ!』 『散歩の後でね』
a0157597_817872.jpg


『ジュース、オイシイヨ~』  『じゃ、ひとつ下さい』
『ストロー、ナニイロガイイ?』 『オレンジジュースだからオレンジ色で~。シェイシェイニーン』
a0157597_8202090.jpg
a0157597_822775.jpg


『ここはどこですか?』 『油化街、問屋街だよ』とタクシーの運転手さん。
そうそう、ここ!ココだったんだ。油化街にも来たかったんだよね…。今度来る時はゆっくりと散策しよう。
a0157597_826618.jpg
a0157597_8331474.jpg
a0157597_8335639.jpg


油化街のちょっと外れ、横道に入ったら…薄暗い商店(問屋)街。
a0157597_8395416.jpg
a0157597_1102655.jpg


バナナはこういう風にすると傷みにくいのよね。
a0157597_8415520.jpg


『一羽、どう?』『いえ、今日日本に帰らなくっちゃいけないので遠慮しておきます…』
a0157597_846612.jpg


『今度はもっとゆっくりしていきな。』 『ハイ。おじいちゃんもその時までお元気で。』
a0157597_853142.jpg


来年、きっと、きっと、きっとまた来るね。多謝、台湾!

by jenajena | 2011-11-13 21:41 |   ・2011 台湾 | Comments(2)
2011年 11月 12日
からすみの老舗店 永久號 ~2011・台湾~
台湾のお土産といえば、からすみも有名ですよね。
もちろん、台北の彼方此方のお店にも売っているので、どこで買うか迷ってしまいます。
我が家が購入した所は、からすみの老舗店の永久號
a0157597_1124456.jpg


永久號で販売しているからすみは全て天然のものです。
からすみは色も美しく、塩分が強すぎることもなく、ねっとりとして美味しいんです。
a0157597_119189.jpg


店頭で気軽に味見もさせてくれるので、納得したうえで購入できるのがいいですね。
a0157597_11103290.jpg


薄くスライスして、ネギや大根と一緒に食べても美味しいですが、個人的には薄くスライスして網の上でカリカリに焼くのが大好きです。いくらでも食べれます。
a0157597_1317473.jpg


永久號は、からすみ以外ではフカヒレの真空パックなども販売していますので、興味のある方は一度立ち寄ってみては如何でしょうか。



永久號 烏魚子專賣店
 住所 台北市延平北路2段36巷10号
 電話 02-2555-7581 02-2555-5481
 営業時間 8:00~18:00
 定休日 無
 交通 MRT中山駅から徒歩約20分

by jenajena | 2011-11-12 20:51 |   ・2011 台湾 | Comments(4)
2011年 11月 11日
維格餅家のパイナップルケーキ(鳳梨酥) ~2011・台湾~
台湾のお土産と言えばパイナップルケーキ(鳳梨酥)。
色々メーカーもあり好みも人其々。全て試す事は難しいので、この方おススメの維格餅家のパイナップルケーキを購入。こちらは100%天然材料を使っている為に、他のメーカーの物より賞味期限が短いです。
a0157597_9113444.jpg


さて、帰ってきてから維格餅家のパイナップルケーキをちょっと調べ見たのですが、ん?、皆さんが購入しているものとパッケージが違うけれど、あれ~?どうなっているの???と思い、ホームページで調べてみると、私が購入したものは『古早味鳳梨酥』だって。
通常の『鳳梨酥(パイナップルケーキ)』とどこが違うのかというと、サイズが小さいだけらしいです。(多分。。。)

コチラが通常?のパイナップルケーキ(鳳梨酥)。
a0157597_9321089.jpg


食べるとホロホロと生地がこぼれる繊細なお菓子です。烏龍茶と良く合います。
維格餅家では色んなお茶も販売していて、バラの花びら入り烏龍茶も買ってみました。綺麗なピンク色の花びらが入っているので香りも良く、女性ホルモンが沢山出そうな気がします。セットでお土産なんて如何でしょうか(^^)
a0157597_10295699.jpg

 ※維格餅家は台湾桃園国際空港のターミナル店でも購入できますので便利ですね。

by jenajena | 2011-11-11 20:00 |   ・2011 台湾 | Comments(4)
2011年 11月 10日
新純香(シンチュンシャン)でお茶のお買い物 ~2011・台湾~
台湾土産のお茶と茶器を買いたくて行った先は新純香(シンチュンシャン)。 
このお店は、地元の方より日本人の観光客をターゲットにしているのかなと思わるほど、日本人の観光客が多いです。
実は、この方が行かれた徳也茶喫や他にも行ってみたいオシャレなお店が幾つかあったのですが、今回は夫セレクトのこの店へ。ここは決してオシャレ感は殆どありませんが(失礼!)、日本の商店街にあるようなお店なので、妙に?落ち着いたりします。
a0157597_6161528.jpg


店内には何種類のお茶があるのでしょうか。沢山の種類のお茶が所狭しと置いてあります。
a0157597_6412418.jpg


まず店内に入ると、店員さんがどんなお茶を探しているのか聞いてくれて、そのお茶を試させてくれます。
今回は九份の九份茶坊で頂いたキンモクセイの烏龍茶がとても美味しかったのでそのお茶とジャスミン茶をお願いしました。もちろん、新茶でね。
a0157597_6561781.jpg


流暢な日本語で入れ方を説明してくれながら入れてくれます。九份茶坊で教えてくれた入れ方と少々違いますが、流派とか何かあるのでしょうか。
a0157597_6511140.jpg


お茶を頂く時に数種類の茶菓子も一緒に出してくれます。この茶菓子は全てこのお店で購入する事が出来ます。
茶菓子全て美味しかったのですが、驚いたのが舞茸チップス。最初恐る恐る?口に運んだのですが…、美味しい!。塩味なのですが、サクサクして、ほんのり塩味が中々イケます。お酒のお供にも良いかも(笑)
他にも椎茸チップス、ドライマンゴー、茶梅、パイナップルケーキ、蓮の実、クッキー、クランベリーケーキ等少しずつ頂きましたが、全部おススメです。
a0157597_720548.jpg


このお店も茶器を売っています。様々な茶器がありますので、自分好みの茶器を探してみましょう。
a0157597_7221371.jpg


一つが50元からあるので、画像のようにセットで購入してもお手頃価格です。
本当はこのセットで欲しかったのですが、茶托(というのでしょうか?)も陶器だと茶器を置いた時のカチャッと音がなるのが嫌なのでやめました。
a0157597_7231548.jpg


で、茶托だけ変更してこのセットを購入。シンプルなものが飽きがこなくていいかと…。
a0157597_726773.jpg


そうそう。このお店は台湾料理で有名な青葉の直ぐ近所で~す。



新純香 
 住所 台北市中山北路一段105巷13-1号
 TEL 02-2543-2932
 営業時間 (月~土)10:00~23:00 (日)~22:00

by jenajena | 2011-11-10 19:24 |   ・2011 台湾 | Comments(0)
2011年 11月 09日
寧夏夜市(ニンシャー・イエスー) ~2011・台湾~
台北の中山駅近くにある寧夏夜市(ニンシャー・イエスー)に行ってきました。
本当は士林夜市まで足を伸ばしたかったんですが、時間的に余裕がなくホテルからもそう遠くなかったので、こちらに決定。タクシーの運転手の方も寧夏夜市の方がおススメとの事。本当かなあ~。
a0157597_6173420.jpg


士林夜市は観光客が多いらしいけれど、寧夏夜市は地元の方が殆どらしいです。
どうやら台湾の方は『家でご飯を作る』という観念があまりないらしく、晩ご飯は夜市などですます事が殆どらしいです。
『共働きが多いし、家で作るより夜市で食べた方が経済的でしょ?』と地元のタクシーの運転手さんの談。
まあ、1品が安いのは認めるけど、自分で作った方が更に安くないですか???
a0157597_6235485.jpg
a0157597_6244364.jpg


これは『檸檬愛玉冰(リーモンアイユイビン)』。
愛玉という植物を原料としたゼリーにレモンシロップをかけたものです。爽やかなデザートです。
a0157597_6345172.jpg


鶏を丸々1匹を調理して売っていた店。良い匂いはしてたけれど・・・。
a0157597_6363450.jpg


魚団子スープを売る店。これ、美味しいのよね。
a0157597_6375062.jpg


『蚵仔煎(オアチェン)』は日本でもおなじみ?のカキ入りお好み焼き。
a0157597_640086.jpg


様々なフルーツを売っていたお店。さすが台湾。南国のフルーツが盛り沢山です。
a0157597_6432731.jpg
a0157597_6442080.jpg


野菜までお洒落に?ディスプレイされています。
a0157597_646034.jpg



ここでも夫はすたすたと一人で先に行ってしまうので、息子の手を引いて写真を撮って…と大変でした。(汗)
夜市はかなりディープな世界で、『臭豆腐』のビビってしまうような匂いも入り混じり『あ~、台湾へ来た』と実感。夜市って地元の食生活ってどんなのか見れて面白いです。

by jenajena | 2011-11-09 21:08 |   ・2011 台湾 | Comments(1)
2011年 11月 08日
鼎泰豊・本店(ディンタイフォン) ~2012・台湾~
台湾で食べたかったもの・・・、それは小籠包!
日本でも美味しいお店があるかもしれないけど、やっぱりコチラの物も食べてみたい。

・・・ということでこの方にアドバイスを頂いた鼎泰豊・本店(ディンタイフォン)に行ってきました。
台北に来たら、やっぱり一度はここの小籠包はたべなきゃね。
a0157597_6211194.jpg


このお店は禁煙なのが嬉しいです。
a0157597_6213282.jpg


店内の厨房では大勢のスタッフが作業しています。
a0157597_6214518.jpg


ここに来た時間が4時頃と夕食には少々早かったので、少しだけ頂くことに。
喉が渇いたので、私と息子はジャスミン茶を、夫はこちらのTAIWAN  BEERをグイッと。
a0157597_6273772.jpg


お待ちかねの小籠包!10個入りで確か190元。小さいながらも食べ応えアリ。
a0157597_6293468.jpg


醤油と酢で作ったタレの中に生姜が入ったものを小籠包に乗せて頂きます。
a0157597_6305680.jpg


こんな感じで頂きます。
中から肉汁がジュワ~っと出てきて口の中に幸せが広がります。想像していたより美味しく感激しました。
a0157597_6324869.jpg


予想以上の美味しさに、さっきまで元気のなかった息子もこの笑顔!
a0157597_637376.jpg


これはカニみそ入りの小籠包。これも美味しかったけど、ノーマルな小籠包の方が好みかな。
a0157597_6393251.jpg


軽く食べる筈が、美味しかったので調子に乗って沢山注文し過ぎてしまいました。
酸辣湯(小)、紅燒牛肉麺、空心菜炒め、鮮肉粽子・・・、全て美味しかったのですが、思ったより量が多く食べきれません。なので、店員さんに頼んでホテルに持ち帰りする事にしました。ちゃんと専用の持ち帰りパッケージもあるので安心です。
a0157597_6403224.jpg


このお店、女性の皆さんはミニスカートでした。
そういえば、台湾の税関の女性の方も(ちょっと年配の方も体格の宜しい方も)ミニスカートを着用してらっしゃいましたが、台湾でミニスカートが流行しているのかなあ。
どうでもいい話ですが・・・(ボソッ)

食事が終わって(たしか6時頃だったかな?)店の外に出ると、大勢の方が順番待ちをしていてビックリ!この方たちは、あとどの位で順番がまわってくるのでしょうか。。。
この店に行かれる方は、食事時を少々外されて行かれた方がスムーズに店内に入れるのでおススメします。
a0157597_6584960.jpg


by jenajena | 2011-11-08 21:08 |   ・2011 台湾 | Comments(4)
2011年 11月 07日
九份へ・・・ ~2011・台湾~
台湾へ行ったら、是非行ってみたかった場所・・・、九份。
日本ではキュウフン、台湾ではジォウフェンと言うらしい。

電車とバスを乗り継いで行ってきました。
台湾の電車は、自動販売機でブルーのコインを買って、それを改札口にあるセンサーに当てて入ります。最初戸惑いましたが、親切な方が『センサーに当てるんだよ』と教えてくれました。
a0157597_23183486.jpg


金瓜石行きのバスに乗り換え、日本では考えられないスリル感いっぱいの運転にビビりながら九份へと向かいます。
とにかくスピードが速いし運転も荒々しい! 息子も最初は豪快な運転に驚いたのか、暫く無言でした。
a0157597_2329515.jpg


九份も近づいてきた頃、既に山の高い所まで来ていました。その山からの眺めです。
a0157597_23325943.jpg


そういえば、日本でも昔こんな車があったよね。こちらは未だ現役。
何となく昭和っぽい感じを受けるのは私だけ?
a0157597_23335114.jpg


そしてやっと念願の九份に到着。停留所から直ぐにこんな風景が広がります。
a0157597_23384085.jpg


早速アチラこちらからイイ匂いが漂ってきます。朝ガッツリ食べたけど、食欲をそそる匂いでいっぱいです。
a0157597_23415736.jpg
a0157597_23431735.jpg


ここでよく見かけたのが、この食べ物。『紅糟肉圓』という食べ物で、もち米とサツマイモの粉で作った生地に、紅糟で味付けした豚肉餡を包んでいるらしいです。
なんだろうな~と(かなり!)気にはなっていたけれど、結局食べず。いったいどんな味だったんだろう。
a0157597_23561761.jpg


そろそろ小腹もすいてきたので九份老麺店で食べました。
左が魚丸湯。魚と海老のすり身のスープで、美味しかった。たぶん万人受けする味かも。すり身はまるでカマボコの様なお味でした。
右は牛肉麺。色は濃いですが、味は見た目ほど濃くはありません。庶民的な味です。
a0157597_094892.jpg


九份に来たなら是非入ってみたいお店はコチラ九份茶坊
a0157597_0262863.jpg


最初に簡単なレクチャーを受け、その後は自分たちで自由にお茶を頂けます。
今の時期のおススメはキンモクセイの花が入った新茶のウーロン茶。キンモクセイの華やかな香りがフワッと漂い、そして新茶の爽やかさが何とも言えない。こんなにウーロン茶が美味しかったなんて目からウロコ!
お勧めの茶菓子(パイナップルケーキ)とともに頂きます。
a0157597_0301770.jpg
a0157597_0314288.jpg


九份茶坊は庭からの眺めも良いんです。絶景!
a0157597_0385045.jpg


お茶を飲んでゆっくりしたら、そろそろホテルへ。ゆっくり階段を降りながら、バス停まで歩きます。
途中、九份でおなじみの景色が飛び込んできました。この景色が見たかったんです。
子供の手をつないで写真を撮るのは至難の業、自分が撮りたいポイントで写真が撮れず非常に残念。
a0157597_047896.jpg
a0157597_05068.jpg


なかなかフォトジェニックな街なので、もう一度行ってみたいですね。
そうそう、ここのお店にいる人たちって九份に皆住んでいるんだろうか・・・という疑問がわいたので聞いてみたら、『住んでいる人もいるけど、大体は山の麓の町に住んでいて通ってきてる』との事。通勤も大変だ~。
a0157597_123234.jpg
a0157597_12474.jpg


by jenajena | 2011-11-07 23:01 |   ・2011 台湾 | Comments(4)
2011年 11月 06日
天星港式飲茶 ~2012・台湾~
ホテルに到着してから小腹がすいたので飲茶をしようとなり、近くの兄弟大飯店の梅花廳(飲茶で有名らしい)へ向かったのですが、道に迷って今回は断念…。
息子も疲れてきたようなので、ホテル近くにある香港スタイルの天星港式飲茶で飲茶。ビルの2Fにあります。
a0157597_630513.jpg


店内は結構広かったのですが、食事の時間が4時頃だったので空席も目立ちますが、昼時や夕食時刻になると満席になる事が多いらしいです。
a0157597_6331690.jpg


メニューを持ってきてもらいチョイスしたのは、蝦餃(海老入り蒸し餃子)やモツの煮込み、牛肉の蒸し物、酸辣湯などなど。
料理の名前が分からなかったので、確認の為に写真を撮ろうとメニューを広げるたびに注文を取りに来るので、結局写真は撮れず料理の名前は分かりませ~ん(泣)。
a0157597_646059.jpg
a0157597_6461281.jpg
a0157597_6474558.jpg


そうそう、ここは日本語も英語も通じません。息子がミルクを飲みたいと言い出して、注文するのも一苦労…。紙に『牛乳』と書いて見せたら『無いよ』とゼスチャーされました。
で、頼んだ飲み物はオレンジジュース。500mlは入っているんじゃないかと思われるほど大きなグラスに入って持ってきてくれました。生ジュースだったので美味しかったです。飲みきれなかったけどね。
a0157597_648548.jpg




天星港式飲茶 台北市南京東路三段275号2F(兄弟大飯店近く)
 TEL:02-2713-3877
 営業時間:年中無休24時間

by jenajena | 2011-11-06 06:15 |   ・2011 台湾 | Comments(0)
2011年 11月 05日
台北商旅慶城館(Les Suites Ching Cheng ) 番外編 ~台湾2011~
実は…、この旅行中に夫が誕生日を迎えまして、というか、誕生日プレゼントを兼ねて台湾旅行を企画したのですが、このホテルに滞在中嬉しいハプニングが!

誕生日だったので、お祝いにシャンパンのルームサービスを頼んだんだのですが(もちろん誕生日とかそんな事はフロントには言わなかったですよ)、そうしたらホテルのスタッフの方2名がシャンパンを持ってきてくれて、『Happy Birthday♪』と祝ってくれました。
それに、な、な、な、なんと! 可愛らしいケーキとフルーツまでプレゼントしてくれたのには感激!!!
そしてこの後、『本当にいいホテルだな~♪』と、このホテルの褒めまくり大会となりました(笑)

こちら、好きなシャンパンの一つ『Veuve-Clicquot 』があったので、これをチョイス。
a0157597_17475681.jpg


そしてコチラがプレゼントのケーキとフルーツ。フルーツはイチゴとチェリモヤ。
ケーキは甘いものをあまり食べない私達ですが、このケーキは美味しかったです。トッピングはストロベリーチョコでデコレイトしていました。あ~、もう一度食べたい。
a0157597_17525289.jpg
a0157597_1754152.jpg


本当を言うと、最初は『ザ・リージェント台北』や『シェラトン』などの大規模ホテル(シティホテル)も考えていたのですが、団体客で騒がしいのも好きじゃないし(どちらかというとスモールホテルの方が好き)、DFSとかはそんなに興味がないのでホテルの必要条件じゃありませんでした。
色々検索した結果、このホテルがいいという口コミをみて決めました。
まず、スモールホテルであった事。独立したレストランが無いので、外からの来客がないのでプライバシーも守られてセキュリティもちゃんとしている。そして旅行中でも仕事をしなくてはいけない夫に必要なインターネット環境がちゃんとしてる等々、ピッタリ条件にハマったのです。
ただ、ホテルの部屋からの眺めは…、残念ながら良いとは言えませんが、それはそれで台北のフツーの一面を見れたのという事で面白かったです。私的にはね。

a0157597_18112967.jpg
部屋からの景色はこんな感じ。

by jenajena | 2011-11-05 05:30 |   ・2011 台湾 | Comments(0)
2011年 11月 04日
台北商旅慶城館(Les Suites Ching Cheng ) 食事編 ~2011 台湾~
台北商旅慶城館(Les Suites Ching Cheng ) の食事です。
朝はラウンジでブッフェの食事となります。
a0157597_16545848.jpg
a0157597_171433.jpg
a0157597_1711224.jpg
a0157597_1712191.jpg
a0157597_17194098.jpg
a0157597_17215357.jpg


品数は大規模のシティホテルには及びませんが、クオリティの高いものが提供されていますので、とても満足感がありました。
味も日本人の口に合う優しい味付けとなっています。
このホテルでは毎週月曜日から金曜日の7:00am~10:00amまで、ブッフェだけではなく約8種類のメインディッシュが無料で注文するが出来ます。
色々と迷った末、私がオーダーしたのはコレ。サルサソースが美味しかったです。
a0157597_1710698.jpg


週末はメインディッシュのオーダーは出来ませんが、卵料理をお願いするとオムレツか目玉焼きなどは特別に作ってくれます。
オーダーしたオムレツは、ベーコンとタマネギのソテーしたものとチーズも入っていて美味でした。
a0157597_17134120.jpg


台湾料理では生野菜(サラダ)を食べれないので、朝食でタップリ摂れるのが嬉しいですね。
フルーツも新鮮で美味しかったです。
2日間ともテラスで頂きましたが、朝の光を浴びて食べる朝食なんて…、なんて贅沢!
いつもよりゆっくり沢山食べてしまうのも納得です。
a0157597_17175557.jpg
a0157597_17223031.jpg


そうそう。子供にはこんな綺麗な色の食器を貸してくれるんですよ。個人的に欲しかった(笑)
a0157597_18164698.jpg


by jenajena | 2011-11-04 05:00 |   ・2011 台湾 | Comments(2)