カテゴリ:  ・2012 台湾( 13 )

2012年 11月 25日
JALで帰国 桃園(台北)→関空の機内食 ~2012・台湾~
楽しかった台湾旅行もあっという間に終わって、帰国です。
桃園空港の中も、すっかりクリスマス色に♪

a0157597_663130.jpg


さて、帰りの便の機内食です。
これはチャイルドミール。
海老フライにソーセージ、マッシュポテトと人参グラッセ、ゆでブロッコリー。
そしてフルーツ盛り合わせとハーゲンダッツのアイスクリーム。
これぞ機内食!というメニューですね。ハーゲンダッツを除いたら(^^;

a0157597_685491.jpg


私達の機内食。今回も機内食は1種類で選ぶ余地はありません。
焼き魚にひじきの煮物がこれでもか、というくらい入ってました。筍とオクラと人参の煮物も有り。
そして、うどん。これも定番なんでしょうか。
野菜サラダとフルーツ盛り合わせ、ハーゲンダッツのアイスクリームは私達にもついていました。
が、私は寒くて食べられませんでしたが、夫と息子は食べてましたね。
アツい男達は、やっぱり違います(笑)

a0157597_695561.jpg


行きの便の機内食が思った以上に美味しかったのに比べると、こちらはちょっと・・・のお味。
ま、これが機内食なんだろうけれど、帰りの便の機内食もわざわざ無理して和食にしなくても、中華風の美味しいご飯を出してくれたらいいのにね。

そうそう、四国上空で乱気流に入りましてね、急にガタっ!!!と揺れまして、飲んでいたワインが空中に舞いまして・・・
ヒャー、驚いたわぁ~
このあと、客室乗務員の方がね、『お怪我はございませんでしたか?洋服など、汚れませんでしたか?』と聞きに回ってくれました。
きっと米系の航空会社じゃ、あり得んでしょうね。
日系航空会社の細やかな心配りに感激した出来事でした(^^)

by jenajena | 2012-11-25 18:06 |   ・2012 台湾 | Comments(0)
2012年 11月 24日
迪化街を散歩 ~2012・台湾~
台湾へ来たなら迪化街へ・・・

と言いながら前回は時間がなく来れませんでしたので、今回は是非とも来たかったのよ~

小雨の中、タクシーでGo!
台湾のタクシーは安いので、毎度お世話になっております(^^;

a0157597_1612218.jpg


迪化街の広場辺りでタクシーをおりたら、『ココはどこ!?』と思わせる、レトロ感がいっぱいの不思議なエリア。

a0157597_16115047.jpg


迪化街は台北で最も古い問屋街で、18世紀頃から商業施設として栄え、20世紀の初頭には台湾随一の商業エリアとなっていたらしいです。

a0157597_1633211.jpg


20世紀初め頃に、裕福な商人がゴージャスなバロック建築などを競って築いたらしい。
バロック式、洋樓式、現代主義式など、様々な建築様式があり、この建築物を見るだけでも価値がありますね。

a0157597_21314279.jpg


今回中には入りませんでしたが、永楽市場に布を扱う店中心に色んな問屋が入っています。
可愛い雑貨とかも売っていたようで、・・・うーん、入ってみたかった(残念!)

a0157597_16152236.jpg


乾物を売っている通りを歩くと、何を売っているのかよく分からない店も(笑)
よくよく見ると漢方薬だったり、燕の巣専門店だったり、

a0157597_21362273.jpg


乾物を沢山扱う問屋の通りを歩いていると、現代風の店が。
何だろう~と思って入ってみると、ショーケースにお菓子が並べてあり、ここで食べる事が出来るとの事。
どうやら、ここは宅邸cafeという、厨房機器を扱うお店が展示場と共にされているカフェらしい。
丁度歩き疲れたので休憩する事にしました。

a0157597_21393775.jpg


夫はカプチーノ、私はアールグレイの紅茶を、息子はクリーマーで泡立ててくれたミルクを!手作りのデザートと一緒に頂きました♪
スノーボールクッキーも色んな味が合って楽しい~☆
いちご大福と柿大福も、甘さがかなり控えめで日本のものより美味しかったのよ。

a0157597_21423753.jpg


宅邸cafeの中庭ではチャボが放し飼いされていて、お客さんの人気者になっています。
カフェでお茶をしていると『コケコッコー♪』と長閑な鳴き声が常に聞こえてきて・・・。
迪化街の雑踏の中で、ここでは癒しの時間が流れます(^^)

a0157597_21475187.jpg


迪化街は問屋街なので、乾物などの食品以外のお店も沢山あり、布を売っている問屋さんの店先に・・・
これ、購入される方って・・・いらっしゃるのかしら?笑

a0157597_21533319.jpg


子供連れではぜ~んぶ回り切れなかったけれど、もっとゆっくり時間があったなら、更にディープな散歩ができたかな。
それと、ここで可愛い服もオーダーしたかったのよ。
今回出来なかったので、いつか可愛いチャイナドレスを注文してみたいわぁ053.gif
なーんてね。夢が膨らみます(^^)

by jenajena | 2012-11-24 22:53 |   ・2012 台湾 | Comments(2)
2012年 11月 24日
ローカルフード満載!遼寧街夜市(リャォニンジエ・イエスー) ~2012・台湾~
台湾の夜市といえば台北最大の夜市、士林夜市が一番有名ですよね。
その他、寧夏観光夜市なども日本ではある程度知名度のある夜市でしょうか。

今回向かったのは、MRT文湖線「南京東路」駅から徒歩10分のところにある、遼寧街夜市(リャォニンジエ・イエスー)。
ここは他の夜市と少し雰囲気が違う、地元住民たちの胃袋を支えるお店の集まりのような所なのです。
数百メートルほどの通りに屋台だけはなく、店舗も何箇所もあり、、地元住民で毎日賑わう夜市です。

a0157597_6412582.jpg


1時間半ほどブラブラしていましたが、日本人や観光客らしき人には全く合わず。
1人だけ・・・白人の女性が通り過ぎたくらい、かな。

a0157597_6512996.jpg


でもたまにココの夜市へ来る日本人の為に?日本語メニューを置いている店もあったりしました。
年配の方で、たまに片言の日本語を話す方もおられましたが、基本日本語は通じませんので、注文する時は『これ!』と、指差して頼みましょう~

a0157597_12465920.jpg


ここの夜市は新鮮なシーフードが売りなんですよ。
前日度小月で美味しい担仔麺とともに食べた魚のスープが少々生臭くて、
ここで魚系の食事を摂る勇気がなくパスしてしまいました。
(しかし、どの店の魚もとっても新鮮だったよ~)

a0157597_12222990.jpg


果物屋さんを発見! そして、息子の大好きなパッションフルーツを買い込みました。
1個89元位だったけど、数件離れた果物屋さんで78元で売っていた。う~ん、失敗(><)
ま、それでも安かったから許せちゃう~(笑)
フルーツスタンド?もあり、カットしたフルーツや、かき氷などのデザート系の店も多々あり。

a0157597_12264395.jpg


そろそろ小腹が減ってきたので、食事をココで♪
ローカルフードが沢山ありすぎて、メニューを見てもよく分かりません(笑)
とりあえず地元の方が注文しているのを見て、同じものを注文してみました。

注文したのは『坦仔麺』(下の画像左上)。 な、な、なんと30元!なのだぁ~
そして『関東煮』(下の画像中上)。自分で好きな物(下の画像右上)を選んでお勘定をしてもらいます。
坦仔麺は私達の口に合い非常に美味しかった!! 牛肉の旨みがいっぱい出てておかわりしたくなるくらい美味しかった♪
関東煮は、あっさりした味付けに甘味噌をつけて頂くのですが、名古屋風おでんみたいなものですかね?

そのあと、1個40元の割包も注文♪ こりゃまたウマウマ(^^)
柔らかく煮た豚バラ肉と高菜との相性がバッチリ! 最後にパラパラとピーナッツをトッピングしてくれるんだけど、
これは無くてもいい・・・かな?

そしてデザートはタロイモ団子や白玉団子などが入ったおしるこを頂きました。
うどん鉢いっぱいの量にビックリしましたが、案の定、食べきることは出来ませんでした。
隣ではおじいちゃんがコレを食べていましたが、果たして食べきることが出来たのでしょうか。

a0157597_12265167.jpg


ここの夜市では、住民の方の逞しさというか、パワーを見る事が出来ました。
店の外で調理をガンガンしていたり、女性がパワフルに店を切り盛りしていたり。。。
多分戦後の日本もこんな感じだったんだろうなぁ~と思いながら、台北の夜は更けていきました。

a0157597_1229135.jpg


この夜市ですが、士林夜市のような賑やかでバラエティーに富んだ夜市が好みの人には向かないでしょう。
(日によっては閑散としている事もあるらしいです)
遼寧街夜市は観光客向きではないので、美味しいものやローカルなものに触れたい人向きの夜市かと思います。
次回来る時は、シーフードに挑戦してみようかしら(^^)

by jenajena | 2012-11-24 21:30 |   ・2012 台湾 | Comments(2)
2012年 11月 23日
台湾、美容室にて。。。 ~2012・台湾~
台湾式シャンプーにあこがれて・・・

旅行前にね、日本でも活躍されていた某女性タレントさんが経営されるお店に予約を入れていたのですが、
料金が「NT$2000 / 90分」と台湾にしてみたら決して安くない・・・。
他のお店ではもっと安い価格で台湾式シャンプーをしてくれるところもあったので、台湾に行ってから考えよう
と思って、ひとまずそのお店はキャンセルしました。

で、宿泊したホテルの周りを散策している時に1件の美容室発見!
夫はホテルの部屋で仕事、息子も疲れて寝ていたので、その間にャンプーをお願いすることに・・・♪

受付で『シャンプーをしたいのですが・・・』とお願いしたのですが、日本語、英語ともあまり通じず。
髪をシャカシャ洗うゼスチャーしながら 『シャンプー!』 と言うと、『O.K! O.K!』と言って、
鏡の前に連れて行ってくれました。

で、座ること数分。マグカップにティーパックを入れたお茶を持ってきてくれて、『私の?』と聞くと(もちろんゼスチャーで)、
『うん、うん。』とうなずくオネエサン。

a0157597_6581311.jpg


では、頂こうとカップを手に取ろうと思ったら、『シャンプー台へどうぞ』と促され・・・。

ん? 台湾式シャンプーって、シャンプー台へ行ったっけ?
と思いながらもシャンプー台へ。。。  このシャンプー台は、日本と変わりませんね。
(注:この写真は、ワタシではありません~)

a0157597_6582426.jpg


いつキューピーさんのようなシャンプーが始まるんだろう~?と思いながらも任せていると、洗髪が
始まりました。
『ふむふむ。最初に軽く洗髪するのねー』と思う私。

『・・・・・ぶぶぶ、ぶぶぶぶぶっ!ブブブ、ブブブブブッ!』

『!?』


な、な、なんか腰の辺りで振動がするんですけどぉ~?


『ぶぶぶ、ぶぶぶぶぶっ!ブブブ、ブブブブブッ!』

『こ、こりゃなんだぁ~?』


どうやら洗髪の間、椅子がマッサージをしてくれるらしいんですが、この振動、マッサージと言うより
タダの振動。気持ちイイとかという感覚はなく、本当に“タダの振動”。笑
もう、笑いを堪え切れません。

そして、台湾式キューピーさんの泡々シャンプーが始まるのかとわくわくしながら待っていたのですが

チーン! シャンプー終了。

そしてまた鏡の前に座り、『どんな風にする?』と聞かれる事もなくブローが始まりました。


ひたすら内巻きにブローをしてくれるオネエサン。
巻いて~、巻いて~♪ さらに巻いて~♪

a0157597_6592063.jpg


前髪も横も後の髪も巻いて~

a0157597_70578.jpg


見事! オバサンの出来上がり~(爆笑) 
台湾ではこういうヘアスタイルが流行っているのかぁ~?

a0157597_76987.jpg


確か元は富岡佳子さんヘアだったのに、シャンプー後はなめこヘアだよ。
美容室からホテルまでたかが数分だけれど、恥ずかしくて出て行けなかったので、もう一度ブローを
やり直してもらいました。(夫には『高度成長期のヘアスタイルだな』と爆笑されました・・・)

a0157597_1584317.jpg


教訓。

一つ。 台湾どこでも台湾式シャンプーをやってくると思ったら大間違い。

一つ。 行く前に、店の情報収集をしておきましょう。

一つ。 シャンプーあとのヘアスタイルはきちんと伝えましょう。


・・・でも。シャンプーNT$200(約600円)は、お・と・く053.gif

by jenajena | 2012-11-23 14:40 |   ・2012 台湾 | Comments(12)
2012年 11月 23日
台北の茶藝館 小慢(シャオマン)  ~2012・台湾~
今回是非とも来たかった茶藝館、小慢(シャオマン)
台湾師範大学近くの路地にひっそりと佇む1軒の茶藝館です。
小慢とは、オーナーの方のお名前。それが店名になっているそうです。

この日も雨だったので近くまでタクシーで行ったのですが、道端に大量の自転車やバイクが置かれていたため
タクシーで店の前まで行けず、途中から傘をさし走って店に駆け込みました(汗!)

a0157597_10533310.jpg


外観からは想像がつかないかもしれませんが、とてもシックでモダンな内装の店内。
オーナーさんのセンスの良さがキラリと光ります。
モダンなのにどこか懐かしく癒されるような空なんです。

a0157597_1054268.jpg


オーナーの小慢さんはマルチな才能を持ってらっしゃる方で、書や。テーブルコーディネート、生け花、
イベントのプロデュースなどをこなすスーパーウーマンなのです。


a0157597_11213694.jpg


モダンシックな店内のあちらこちらに、アンティークの家具や思わず手に取ってみたくなるような器が置かれていて、
これらの器は購入する事もできます。

a0157597_10541651.jpg


茶器以外にも小菓子や手作りのお酒も売っています。
下の画像(左上)の金色に輝いているが、そのお酒。もち米で作ったお酒だそうです。
持って帰ってるのが大変そうなので購入しませんでしたので、残念ながら飲むことは出来ませんでした。
一体どんな味だったんだろう~?

a0157597_10564264.jpg


とにかく、肝心のお茶を注文しなくっちゃ!
と、持って来てくれたメニュー。
達筆なメニューの字は、見るだけで目の保養~(^^)
書の勉強になります!

a0157597_1059190.jpg


お店の方におススメのお茶を聞いて、注文したのは蜂蜜のような香りのする烏龍茶。蜜香烏龍と言います。

茶壷(急須)にシュンシュンと沸くお湯を入れ茶壷を温めます。そのお湯を今度は茶海に移して、茶杯を温めます。
そのお湯を捨てたら、今度は蜜香烏龍茶を茶壷の下の面が隠れるくらい入れ、沸騰したお湯を茶壷に注いで、
茶葉が開くまでしばらく待ちます。
開いたら茶壷から茶海にお茶を移し、茶杯にお茶を注ぎます。

茶藝館によって、聞香杯から茶杯へお茶を移し、注いだ後の聞香杯の香りを楽しむ・・という所もありますが、
こちらはいきなり茶杯に入れて頂きます。

a0157597_11145573.jpg


供された茶菓子たち。
左から、胡桃入りのナツメ(棗泥核桃片)。羊羹のようなお菓子ですが、甘さ控えめで胡桃のナッティな味がクセになります。
そしてドライパイナップル。よくあるドライフルーツのように砂糖がジャリジャリしているのもではなく、
砂糖なしでドライフルーツにしたかのようなお味でした。美味~。
右から2番目のものが私のお気に入り、ピーナッツのクッキー(澎湖花生酥)♪ 
口に入れた瞬間、ホロホロと崩れて幸せが口の中いっぱいに広がります。これぞ口福!
そして右端が緑豆の落雁(豆冰糕)。
台湾のお菓子の美味しい事! パイナップルケーキのような甘いお菓子ばかりだと思っていましたが
こんな繊細なお菓子が台湾に存在していた事に嬉しいショックを受けました(@@)
どれも優しいお味で、体の中からキレイになっていくような気がします。。。

a0157597_11171168.jpg


私たちが訪れた時、偶然にも日本の出版社の方の取材がありまして、編集者の方と暫しお話をしました。
今までこのお店の紹介をしていなかったらしく、今回初めての載せるらしく撮影などが行われていました。
取材の合間に本を見せてもらい、フムフムと研究~♪
へ~、こういう本があったのねぇ~。 (無知なワタシ・・・)
次回来るときは参考にさせてもらいますね(^v^)

a0157597_11402891.jpg





小慢(シャオマン)
 台北市泰順街16巷39号 
 TEL 02-2365-0017
 営業時間 10:00~18:00
 定休日 月曜日

by jenajena | 2012-11-23 10:53 |   ・2012 台湾 | Comments(14)
2012年 11月 22日
台湾地元の味 田園 ~2012・台湾~
台湾に到着して、台湾らしい食事をしていなかったので、夜はホテル近く(ホテルはもあた後ほど・・・)の台湾料理店に行きました。

ホテルから歩いて行こうと思えば行ける距離だったのですが、雨だったし、それにタクシーの料金もとても安いので、少しの距離でしたがタクシーで向かいました。

向かった先は田園(ティエンユェン)という台湾料理のお店です。
ここは・・・よく見てなきゃ見過ごしそうな小さなお店で、黄色い看板が目印です。
台湾料理といっても、オシャレな店じゃなく、どちらかと言えば地元の方で店がいっぱいになる店でした。
この時も観光客(らしき)人はいませんでした。

a0157597_23263438.jpg


店頭には本日のお勧めらしきメニューが・・・。

a0157597_23392088.jpg


お店に入ると、威勢のいいお姉さんが日本語で迎えてくれました!
どうやらこの後姿のお姉さん、日本に留学していた事があるらしい。なので、日本語はバッチリ♪
(料理の内容が分からない時は、この方に聞いてみましょう~)
とてもキビキビとした動きで、注文の料理を次から次へと作っています。

a0157597_2340484.jpg


そして、元気なオバチャンに席に案内されて座ると、既に付出しがありました。
左画像の料理なんですが、台湾しじみの醤油漬けとピーナッツとウリの煮物です。
シジミの醤油漬けがちょっとしょっぱかった~(TT)
台湾の有名店『青葉』にもシジミの醤油漬けがあるけれど、こんな味なんでしょうか。
ピーナッツとウリはあっさりとしたした味で食べやすかったです。

先ず何から頼んでいいのか分からなかったので、お店の方に聞いて注文したのは、右画像の燙紅燒肉(焼き豚)。
サクサクとした食感と、よく味の浸みたお肉が柔らかくて美味しかった~♪
サンドイッチの具にしても美味しかったりして(^^)
チャーハンに入れてもきっと美味しいはず!

a0157597_2349867.jpg


左画像は燙鮮蝦という海老を茹でた(蒸した?)シンプルな料理。ワサビ醤油でいただきます。
(添えられていたワサビが異常に緑色だったので、食べれんかった。。。)
海老はほんのり塩味が付いているので、醤油につけなくても大丈夫。
右画像はボイル?したカキをオイスターソースで絡めたもの。(だと思う・・・)
カキは大好きだけれど、う~ん、ちょっと微妙。。。

a0157597_23501499.jpg


左の画像は、この店のおススメの料理で、田ウナギの炒め物。
田ウナギって、日本のウナギとはかなり違って、田んぼにあるだけあって少し泥臭い香りが。。。
食感は日本のウナギのように柔らかくはなく、身がしっかり締まってましたね。
この田ウナギ、一応食べたけど、ちょっと苦手・・・かも。
でも、地元のお客さん達はコレを注文している人が多かった!
これって、台湾のソウルフードなのか(@@)

a0157597_23512519.jpg


さて。メニューが沢山あったのですが、何を書いているのかわからそれぞれの漢字で『大体こんな料理かな?』って想像しながら注文したのですが、実際出てきた物が想像していたものと違ってたりして、それがまた楽しかったですね!
全体的な感想ですが、八角を効かせた料理が多く、味も濃すぎることはありませんが、しっかりした味付けです。
使っている素材は地元の方がよく食べられるような素材が多く、あまり聞きなれないような食材もいっぱいあります。
観光客用にアレンジされた物ではなく、いつも台湾の方が食べられているものに興味のある方向きのお店かもしれません。

そうそう。このお店ですが、どうやら台北ナビや他の台北紹介サイトでも取り上げられていた有名店だったようです。



田園
 台北市東豊街2号
 TEL 02-2701-4641
 営業時間 11:00~14:00、17:00~21:00 
定休日  月曜日

by jenajena | 2012-11-22 22:22 |   ・2012 台湾 | Comments(12)
2012年 11月 22日
台湾の地中海料理 a poet ~2012・台湾~
台湾に到着したあとホテルにチェックインし、そのあと直ぐにLA TERRE BOULANGERIEへ行ったわけですが、お昼ご飯をまだ食べていなかったので
LA TERREのパン屋さんのスタッフに『この辺りでどこかおススメのレストランない?』と聞いたら、こちらの店を紹介してくれました。

LA TERREから歩いて1分くらいかなぁ。a poetというMediterranean(地中海料理)のお店です。
お料理は添加物ナシの自然素材を使っているそうです。
とっても可愛い店構え♪

a0157597_6403471.jpg


このお店を訪れたのが午後三時頃。
既にランチタイムが終わっていて、カフェタイムにお邪魔しました。

以外や以外、なかなか居心地のいい店なのよ~(^^)
ナチュラル感いっぱい☆

a0157597_6435514.jpg


天井から光がたくさん入ってくる作りになっているから、明るくて気持ちイイ♪

a0157597_6452755.jpg


そしてオーダーした物がきました。
まずはチーズの盛り合わせ。自家製っぽい?オリーブのバルサミコ漬けともに♪
あまりにも気持ちの良い空間だったので、よく冷えた白ワインも頂きました。
白ワインのセレクトも我が家好みのドライで美味しかった~

a0157597_6493219.jpg


そしてオーダーしたピタ。

・・・

(夫)『ピタ、ですか???』

(店の人)『Yes!』

う~ん・・・違うような気もするけど、どうやらピタだそうです。
見た目はピタとは別物のような気がするけれど、意外と美味しい~ (゚∇^*)

a0157597_6513791.jpg


そしてピタ(らしきもの)を食べ終わった頃に、オーダーしたフォカッチャが出てきました。

・・・

(夫)『フォカッチャを注文したのですが・・・?

(店の人)『フォカッチャ!(^^)』

(私達)・・・。

これもまた私たちが考えるフォカッチャとは別の物が出てきたのですが、食べると美味しい~
ここのお店で出されるパンはすっごく美味しくってビックリw(゚o゚)w
使っているパンもね、とっても美味しかったんです。
日本でも十分通用する味で、優しい味付けで体にも良さそう~

a0157597_6524372.jpg


本当に気持ちのイイ空間で、長い時間ココに座ってボーっとしていたいくらいのお店でした。
隠れ家っぽくって、ちょっと内緒にしてたいくらい(笑)
思いがけず素敵なお店を紹介してくてHappy~♪

a0157597_6545913.jpg


日本語も英語もあまり理解できなかったようだけど、一生懸命聞き取とうと頑張ってくれたサービス係りのお兄さん。
とっても可愛かったので(実物の方が可愛かった!)、記念にパチリ☆
素敵なお店に出会えて感謝です。
今度はランチかディナータイムにお邪魔したいですね。

a0157597_6564553.jpg




a poet
 台北市敦化南路1段295巷9號
 TEL 02-2709-0068
 営業時間 11:30~17:00、17:30~22:30 
定休日 無 

by jenajena | 2012-11-22 15:35 |   ・2012 台湾 | Comments(20)
2012年 11月 22日
台北のパン屋さん A TERRE BOULANGERIE ~2012・台湾~~
今回の台湾の旅で行ってみたかった所・・・。
それは台湾のパン屋さん。
まあ、普通観光で台湾へ来たら行かんとこやろうなー。


前回台湾に来た時、街中やホテルで見かけるパンって、フワフワしたパンや甘い系のパンが多かったので、ハード系のパンは
台湾では売られていないのか?と思い、旅行前にちょっとリサーチしていました。

けれど、ヨーロッパから冷凍したものを解凍して焼いていたり、ハード系といってもソフトななんちゃってハード系だったりする店が多いみたい。
けど、探したらありました。ハード系のパンを売っている店が!
LA TERRE というパン屋さんは、台湾のパン屋さんの中でも本格的にハード系のパンも焼いているという情報を見つけました。


こちらがLA TERREというお店♪

a0157597_6394432.jpg


店内には様々な種類のパンが並んでます。
意外と?種類が多かったのでプチ驚き(@@) 失礼!
ソフト系、甘い系、惣菜系は健在。
そして、試食天国(笑)

a0157597_6422076.jpg
a0157597_644287.jpg


大好きなハード系、ありました!
ふむふむ。これはカンパーニュですな。

a0157597_6453878.jpg


リュスティックもありました~。
息子、これが欲しいというのでお買い上げ~♪

a0157597_6462322.jpg


バケット、ありましたよ。
長時間低温で発酵させる方法を採用してるらしいですが、ブリスターはなかったですね。

a0157597_6472699.jpg


どうだ!と言わんばかりの断面ショー(*´∇`)ノ

a0157597_648234.jpg


おお!こちら、我が家が作っているバケットと同じ、昔ながらの製法で作ったバケットが!
こんなところで出会えるなんてビックリよ(o゚Д゚ノ)ノ

a0157597_6485797.jpg


これ誰が何と言おうと、フォカッチャです。笑

a0157597_6495480.jpg


この『平窯王』という立派な名前の窯でパンを焼いています。
この窯、たしか日本製ですよね。

a0157597_6505372.jpg


それと、こちらのお店で使用している粉ですが、日本の熊本製粉の石臼引きを使っているそうな。
我が家も熊本製粉の石臼引きを使っていますので、なんだか親近感がわきますねぇ。

このお店ですが、どうやら日本人の職人さんがいらっしゃるようです。
お会いしたかったのですが、すでに帰られたあとだったようで(中国語わからんかったけど、ゼスチャーでなんとなく)、お会いする事ができませんでした。
もしまた台湾に行くチャンスがあるのなら、会ってみたいなぁ~

余談ですが、数日の旅行なのに、こちらの店で昔ながらのバケットと、ノーマルタイプのバケット、リュスティック、クロワッサン、カンパーニュを購入して『どうすんのよっ!』と思ってたら、『プレゼント♪』と言って、お店のお姉ちゃんがチーズ入りのミニクロワッサンの袋詰をくれました。 ありがたや~(^^;



LA TERRE BOULANGERIE
 台北市仁愛路四段112巷23號 
 TEL 02-2706-4666
 営業時間 11:00~21:00
定休日 なし 

by jenajena | 2012-11-22 14:24 |   ・2012 台湾 | Comments(20)
2012年 11月 22日
Small Luxuryなホテル、Hotel Eclat Taipei(ホテル エクラ) ~2012・台湾~
今回1泊だけお世話になったホテル、HOTEL ECLAT(ホテル エクラ)

a0157597_2433425.jpg


ここは2009年5月に繁栄街敦化南路沿い(大安区)にオープンした、まだ新しいホテルです。
Small Luxury Hotels of the Worldのメンバーで、小さいながらもゴージャスな雰囲気のホテルです。
目がくらむようなロビー・・・。キャーッ、豪華すぎる!

a0157597_3264956.jpg


部屋はプレミア・ナイン・ルーム。
実はここのホテルの部屋には基本バスタブがなく、あるのはこのプレミア・ナイン・ルーム、もしくはスイートのみ。
ゆっくりバスタブに浸かりたかったので、この部屋にしました。
キングサイズのベッドはふかふかで気持ちがよく、ぐっすり眠ることができました。枕は少し柔らかすぎたかも?

a0157597_2503567.jpg


ウェルカムフルーツに息子の大好物、パッションフルーツあり!これは嬉しい(^^)
この後速攻食べていました。柿とリンゴは・・・食べにくいです(苦笑)

a0157597_2515515.jpg


最近のホテルの必須アイテム、ネスプレッソもあります。
グラス類はリーデルのヴィノムシリーズ。ワイン好きには嬉しい♪
お茶の種類も豊富で、ウーロン茶の他、紅茶やハーブティーもあり、ハーブティーのセレクトのセンスがgood!
(ラベンダー&バニラが美味しかった♪)

a0157597_2581350.jpg


これがウワサ?のバスルーム。
この部屋はワンルームのようになっていて、バスルームやシャワールーム、トイレがベッドがある所より一段高くなっています。
見られて恥ずかしければ、カーテンで仕切る事も可能です。
意外や意外!? ここのレインシャワーがとても気持ち良くて、これならバスタブなしでもO.Kかも。
シャワールームの床はスノコになっています。

a0157597_33382.jpg


アメニティーの種類も豊富で、一通り以上揃っています。
モルトンブラウンのアメニティは、なんとリップバームとハンドクリームまであり(@@) 嬉しいサプライズ♪
あ、でも全て各1個ずつ。人数分は置いていません。
これはこのホテルだけに限らず、台湾のホテルでは当たり前のようです。

a0157597_38244.jpg


スリッパもフカフカで気持ちイイ~
ゴミ箱は・・・なんと、自動で開閉します。
デスク周りの文具は、こりゃまたビックリのモンブラン。

a0157597_395582.jpg


ハイテクを駆使した部屋で、ベッドルームとバスルームを区切るカーテンもリモコンで操作!
が、壊れていたため、勝手に開いたり閉ったりして鬱陶しかった(泣)
さらに、テレビもリモコン一つでベッドの中から出てくるの~
息子は面白がって、何度も出したり閉ったりしてました(笑)

a0157597_3175419.jpg


そして、このホテルの朝食です。
1Fのロビー横のラウンジで頂きます。
メインの卵料理を数種類の中からチョイスして、それ以外はブッフェとなっています。
私達が注文したのはエッグベネフィクト。
ゴージャスなお皿に盛って出てきました。
ブッフェにあるメニューは多くはありませんが、ハムやチーズが数種類、オリーブもグリーンとブラックの2種類が用意されていました。
サラダも生野菜が何種類か、もちろんフルーツも、フレッシュジュースもあり。
ヨーグルトはパッケージ入りのものが4種類ほど置いてありました。
また粥もありましたが、お腹がいっぱいで食べる事ができませんでした。

a0157597_3223946.jpg


ゴージャスな空間に浸ることが出来ましたが、チェックアウトと共に、現実に戻ったのでした(笑)

by jenajena | 2012-11-22 12:33 |   ・2012 台湾 | Comments(0)
2012年 11月 22日
日本航空(JAL)の機内食 関空→桃園(台北) ~2012・台湾~ 
私、結構マイラーなんですよ。笑
(注:マイラーとは航空会社のマイレージ、ポイントサービス等を積極的に利用している人のことです)

旅行のチャンスとかあまりありませんが、買い物とかでコツコツ貯めています。

世界3大アライアンスのスターアライアンス(ユナイテッド航空)、スカイチーム(デルタ航空)、ワンワールド(アメリカン航空)のマイレージをそれぞれ持っています。
昨年台湾旅行に行った時はキャセイパシフィック航空に乗った時、てっきり同じワンワールドチームのアメリカン航空のマイレージが付くと思っていたのですが、私たちの購入したチケットでは
マイレージは付きませんでした(泣)。
ところがあとで調べてみるとJALならエコノミークラスでも(ブッキングクラスにより加算率は違うけど)アメリカン航空の
マイレージ加算が出来る事を知りました。
んじゃ、乗らないわけにはいかないでしょ!ということで、今回はJALでgo!

はっきり言って機内食ってあまり美味しさを期待はしていないのですが、でも機内食があるというだけで『旅してる』っていう気分になれるから好きなんですよね。

子供にはチャイルドミールをオーダー。
これはどこのエアラインでも同じようなものですね。
オムレツとハム、照り焼きチキン、ポテトサラダにハンバーガー。
デザートにはモンシェールのプリンとフルーツ盛り合わせ。それとドリンクです。

a0157597_9523983.jpg


通常のミールは、関西御膳のお弁当。

a0157597_9533025.jpg


はっきり言って期待をしていなかったのですが、結構(機内食としては)美味しかったですよ。
息子は自分のミールを食べずに、殆ど私のを食べてましたもん(笑)
私たちのミールにもモンシェールの『僕のプリン』が付いてました。

a0157597_953064.jpg


絶対不味い・・・と思っていたので、関空で朝から讃岐うどんとおにぎりをガッツリ食べていたにもかかわらず、夫は完食よん~♪
(台北に着いたらお昼ご飯を食べなきゃならないけれど、大丈夫?)

a0157597_9531716.jpg


そうこうしているうちに台北に着いたら・・・雨だった! 

a0157597_10261423.jpg


by jenajena | 2012-11-22 11:35 |   ・2012 台湾 | Comments(12)