カテゴリ:Home cooking( 108 )

2013年 02月 08日
イカとオリーブのパスタ パパと僕の手打ちパスタでね。
ママ、最近ブログをサボっているんだけど、僕、何でか知ってる。
僕ね、もうすぐピカピカの一年生になるんだけど、それでママが毎日PCとにらめっこして文房具や
カバンを買ってくれているだけど、最近は卒園式と入学式に着ていく服がない!って言って、
毎日ネットで探してるねん・・・。主役は僕やのになぁ~。
だから、今日は僕が記事を担当するよ。PC打つのはママだけどね。


パパとママが石窯でパンを焼くとき、石窯の温度が上がるまで待ち時間がいっぱいあるんだよ。
パパが忙しくない時だったら、時々石窯の温度が上がるまで手打ちパスタを一緒に作ってくれるんだ。

今日はね、ママが冷凍庫にあったイカの一夜干しを早く食べなきゃダメだと騒いでいたから、
イカのパスタを作ることにしたんだー。(ママ、ギャーギャーうるさいんだよ・・・)
もちろん、手打ちだよ。
パパが一緒にパスタを打とう!って言ってくれたんだー。
僕がオリーブ大好きだから、ブラックオリーブもパスタに入れてくれるって♪ ウレシイなぁ~ \(^O^)/

a0157597_1584499.jpg


僕はね、ちょっとだけ生地を捏ねたけど、簡単だったよ。
パスタマシーンのハンドルだって、上手く回せたんだ。すごいでしょ!?
最後にパスタを細くするのはパパだけど、いっぱいお手伝いしたよ。

a0157597_1585287.jpg


出来たパスタはメッチャ美味しかったー♪
見た目はカラフルじゃないから、う~ん・・・って思ったけど、食べたらビックリしたよ。
僕の大好きなオリーブもイカも、アンチョビも入っていたから美味しかったんだけどね、やっぱり
僕が作ったパスタがとっても美味しくって驚いたんだぁ~♪

ねぇ、パパ!

また今度一緒にパスタを打とうね☆

by jenajena | 2013-02-08 15:06 | Home cooking
2013年 02月 05日
大人のラスク
パン作りをされている人に聞いてみたいのですが・・・

パンって、食べられる分だけ作っているのでしょうか?
もし余ってしたら・・・どうしてるんだろう?

a0157597_1420826.jpg


我が家の場合、石窯で焼く時はカンパーニュの800gが2~3個と400gが2個、バケット6本~8本、
それに気分次第でその他のクロワッサンやベーグルを少々焼くんです。
電気オーブンで焼く場合はもっと少なく、カンパーニュ800gが1~2個、400gが2個ほど。
クロワッサンなどの場合は別口で一度に8個ぐらい焼きます。

なるべく食べきるだけ家に置いておいて、後はみんなにバラまいているのですが、
それでも余ってくるんですよねー。
パン粉にして使うといっても限度があるし、冷凍庫での保存も我が家はちーと難しい(冷凍庫がいっぱい!)。

子供のおやつにアレンジ・・・といっても、使う量は大したことないし・・・。
う~ん、悩ましい...ヽ( ´_つ`)ノ ?

なんとか消費してもらうために、今せっせと作っているのが大人のラスク。
我が家は大のワイン好きなので、そのアテに作ってみました。

a0157597_1430498.jpg


作る・・・っていうほどの料理じゃありませんが、美味しいですよね~、コレが♪
ガーリックとバターとローズマリーを混ぜたハーブバターを薄い目に切ったバケットに塗り、トリュフ
入りの塩を少々パラパラと振って焼くだけ~ ♪♪(*´▽`*)ノ゛

気が付いたら、バケット1本は消化しちゃってます!

by jenajena | 2013-02-05 22:16 | Home cooking
2013年 02月 04日
レモンカード vs オレンジカード
美味しそうな旬のレモンがお店にたくさん並んでいるのを見て、つい大量買い(^^;

よしっ!レモンカードを作っちゃおう~♪

そういえば食品庫に実家から送ってきたみかんがあったよな。
温州みかんでみかんカードも作っちゃおう~♪

a0157597_13423076.jpg


レモンカードの酸味は口の中に気持ちよく解けて美味しい!
オレンジカードは酸味着替え目、円やかな味で、こちらも捨てがたい!

a0157597_13451965.jpg


今日はカンパーニュにちょこっと付けて食べたけれど、クロワッサンにクリームチーズとレモン(オレンジ)カードを
一緒に挟んで食べても美味しいだろうなぁ。

むふふふふ。。。 美味しさ妄想中053.gif

by jenajena | 2013-02-04 22:33 | Home cooking
2013年 02月 01日
イタリアのお土産とローマ風ニョッキ
先日の薪集めから帰ってきたら、ピンポ~ン♪と宅急便さんが。

『jenaさん、荷物が届いているよ!』の夫の言葉に、『ん?』
通販、頼んでたっけ?
と思いながら伝票を見るとun_voyageさんからだぁ~!!!

イソイソと開けてみると、
キャー!(*'▽'*)♪  イタリアがいっぱい入ってるぅ~♪♪
イタリア旅行のお土産を頂いちゃいました~☆

a0157597_6193781.jpg


見て見て~!
こんなに可愛いミニチュアまであるの~O(≧▽≦)O
石窯パンを焼く時って、このまんま一緒だよー☆
あまりの嬉しい驚きに、薪集めの疲れが飛んでいっちゃいました(笑)

un_voyageさーん、いつも有難うございま~す☆

a0157597_6201587.jpg


イタリアセットの中に大好きなBarillaのSEMOLA(デュラム小麦を挽いてふるったもの)が入ってたので、
ローマ風ニョッキを作ってみました。
(この粉って、日本で見るのは初めてで、すっごく嬉しかったよ~☆)
Barillaの袋の裏にもローマ風ニョッキの作り方が書いていましたが、今回イタリアの本場レシピ本を参考に
作ってみました。
SEMOLAとミルク、そして卵黄、バター、パルメザンチーズを入れて、ひたすら焦げないように混ぜ、固まって
きたら5cmくらいの円盤型に形を整え、200℃のオーブンで焼く40分ほど焼いて出来上がり~♪

a0157597_6295471.jpg


では食べてみましょう~!

う~ん、円やかで非常に美味しい~ o(゚▽゚o)(o゚▽゚)o
めちゃくちゃ美味しい~ o(゚▽゚o)(o゚▽゚)o

ニョッキ・・・といえば、ジャガイモとかを入れて作りますが、ローマ風ニョッキはジャガイモを入れず作るので
どちらかというとポレンタに味は似てるかもしれませんが、ポレンタより円やかで、ニョッキよりなめらか。

とっても美味しゅうございました♪

a0157597_633153.jpg



本日のオマケ。
un_voyageさんからの荷物が届いてから、『イタリアってどこにあるの?』の質問に『飛行機へ乗って行くところだよ』
と答えたら、ミスコピーの紙でチョチョイのチョイと飛行機を作ってくれました。
6歳の園児が作ったと思えないほど上手く作れたので、(親バカですが)ちょっとUPしてみました(^^)

a0157597_6333040.jpg


by jenajena | 2013-02-01 06:18 | Home cooking
2013年 01月 16日
ホタテのラディッキオとパンチェッタ巻き
買い物に出掛けたら、 ラディッキオ(トレビス)が入荷していたので、迷わず購入しました。

というのも、夫が昔『ホタテのラディッキョとパンチェッタ巻き』を作ってくれてからの大ファンでして
時々食べたくなるんです。が、まだトレビスはこの辺りでは珍しい野菜(イタリア野菜)なので、
滅多に手に入らないんです。
なので見つけた時は必ずと言っていいほど購入します。

a0157597_1514398.jpg


作り方はとてもシンプルなんです。
刺身で食べられる貝柱をオリーブオイルと塩・コショウで下味をつけ、ラディッキオで包み、パンチェッタで
更に包んで爪楊枝で留めます。そしてオリーブオイルでソテーするんです。
ホタテは火が通り過ぎないように気をつけて・・・。

ホタテの甘みとラディッキオのほろ苦さ、そしてパンチェッタの塩味がワインによく合うんです。

a0157597_15145286.jpg


美味しいバルサミコ酢があれば、一緒にどうぞ♪
(夫がバルサミコでお皿にデザインしたので、ブログに載せてくれ!とウルサイのでUPしました)

a0157597_15151177.jpg


おもてなし料理としても最適の一品だと思いますので、お試しあれ~(^^)

by jenajena | 2013-01-16 05:07 | Home cooking
2013年 01月 09日
鹿肉のミートボール
先日の鹿肉の赤ワイン煮込みをアレンジしてみました。

子供には鹿肉は少々硬かったようなので、煮込みの鹿肉を細かく切り、鶏肉の挽肉(本当は豚肉の方が
良かったんだけど在庫がなかったの~)とみじん切りして炒めた玉ねぎ、人参のみじん切り、そして
パセリを入れよく混ぜます。それに塩コショウとナツメッグとフェンネルのスパイス、赤ワイン煮の
ソースも入れて更に混ぜます。

それを丸めてオリーブオイルを入れたフライパンで焼き、トマトソースを入れ少々煮込めば出来上がり♪

a0157597_14442932.jpg


今日は息子の好きなペンネと一緒に食べたのですが、ミートボールは軟らかく食べやすかったようです。


そして・・・、今度は実家からイノシシの肉の塊が届きました(^^;
さてさて。今度は何を作ろうかしらねぇ~?

jena家の冬の食卓はジビエ祭りです♪

by jenajena | 2013-01-09 14:45 | Home cooking
2013年 01月 07日
伊勢海老くんよ、いざ、さらば!
1月2日の夕食に出会ってから5日目。

『海蔵(うみぞう)くん』こと、伊勢海老くんは、立派な伊勢海老ご飯になりました(><)


チ~ン! (合掌・・・)

a0157597_23563678.jpg


by jenajena | 2013-01-07 18:42 | Home cooking
2013年 01月 06日
鹿、食べました♪ 鹿肉の赤ワイン煮と四方山話
夕べ、鹿・・・食べました。

いえ、鹿肉食べました・・・・♪

私達が住んでいる辺りは山が多い田舎なので、鹿やイノシシ、野ウサギなど、ジビエが豊富なんです。
山道を走っていると、よく鹿やイノシシにも遭遇することもあります。
鳥獣肉は昔からこの辺りの蛋白源としてお世話になっている肉で、そのため今でも冬になると鹿肉や
猪肉を貰う事が結構多いのです。

先日も、いつもサマツをくれる山間部に住んでいる職場のマキちゃんが、鹿肉食べる?と言って持ってきてくれました。
鹿肉は・・・、日本で食される事は少ないけれど、ヨーロッパなどでは食卓で出される事も多かったりします。
最近ではジビエ料理が日本でも(徐々にですが)認識されつつありますね。

で、貰った鹿肉の鹿刺し用の肉(多分、ヒレ肉かなぁ)でパスタにしました。(写真ないけど)
鹿刺し肉はね、食べようと思えば食べれない事はないんですが、数年前に旅館で鹿刺しが供された時、半凍り
状態で出された鹿刺しを後回しで食べていた為、常温になった鹿刺しが血まみれのようになっていて、ギョッ
とした経験があるんです。多分ヘム鉄を含むタンパク質を含有するため、常温になってそれが浮き出てきたんでしょうね。

残りのその他のブロック肉は、赤ワイン煮をしました。
ブロックには適当に切り分けられたものなので、下処理が大変なんです。毛が付いている事もあるので取り
除かなくてはいけないし、筋の部分も除かなくてはいけません。

a0157597_1727771.jpg


数日前からハーブと赤ワインでマリネをしておくので、臭みっていうのはあまり感じられませんが、馴染みの
無い人には食べづらいものかもしれません。
食感は赤み部分が非常に多いので、煮込むと少々肉が引き締まった感じになります。
前回は、インドカレーにしたのですが、羊肉のような感じで美味しかったです。
昨日焼いたカンパーニュをそのソースに付けて食べたら、更に美味!
和歌山の自然の恵みに感謝です♪
食べながら思ったのですが、ちょっとクジラ肉にも似た感じがありますので、竜田揚げとかにしても美味しい
かもしれませんね。その場合も硬くなるから、事前にオイルでマリネは必要かも・・・。


鹿肉といえば、夫の昔の話。
夫がアフリカ人の友人数名と車でアメリカの田舎道を走っていた時、夫がどうやら鹿を跳ねて鹿が死んでしまったらしい。
どうしようもないので車で走り去ろうとしたら、友人がものすごい形相で『戻れ!戻れ!』というので、理由を
聞くと、『鹿肉は旨いから持って帰る!』と言って、きかなかったらしい。
それから鹿を食べる度に、私の頭の中ではこの話が浮かんでくるのです。

by jenajena | 2013-01-06 18:02 | Home cooking
2013年 01月 05日
カブのクリームスープ おせちのアレンジ♪
結局、伊勢海老くんは・・・そのままです(^^;
今日は何とか調理、するでしょう~。 多分。・・・多分です。


ところで。おせち料理にね、カブのあっさり煮を作っていたんです。
我が家の煮物は、野菜そのものの味を壊さないように薄味で焚いております。
お出汁は昆布を使い、薄口醤油を少々、塩、みりんなどを、全て少しずつ。。。

そのカブが少し残っていたので、ありきたりですが寒いこんな日にピッタリの、カブのポタージュを作りました。

a0157597_23484920.jpg


カブを小さく切り、飴色になるまで炒めた玉ねぎとチキンスープ少々、牛乳と一緒にミキサーにかけ、裏ごし
して出来上がり。最後にパセリとエクストラバージンオイルを少々垂らして出来上がりです。
生クリームを入れても良かったのですが、牛乳だけの方がカブ本来の味を壊さず頂けました。

カブの優しい味が染みわたります~♪

by jenajena | 2013-01-05 07:24 | Home cooking
2012年 10月 26日
牛テール肉の赤ワイン煮込み
立派な牛テール肉が手に入ったし、少し寒くなってきたので牛テール肉の赤ワイン煮込みを作りました。

(写真が茶色だなぁ・・・笑)

a0157597_652451.jpg


コトコトと香味野菜と赤ワインで煮込むこと、数時間。
トロットロの煮込みが出来上がりました♪

a0157597_6565256.jpg


丁度バケットも焼き上がったので、一緒に頂きました。
残ったソースはパンにつけて・・・ね。
これが美味しいのよ~

a0157597_6575672.jpg


これからの季節、体が温まる煮込み料理がイイネ♪

by jenajena | 2012-10-26 22:49 | Home cooking