カテゴリ:liquor/drink( 36 )

2015年 07月 06日
死ぬまでに飲みたい30本のシャンパン 18/30
死ぬまでに飲みたい30本のシャンパン 18/30 (飲まずに死ぬと後悔する10本のシャンパン 6/10)
◆クリュッグ・グランド・キュヴェ / KRUG Grand Cuvee◆



ああ、久しぶりの投稿…。
はい、ちゃんと生きてました。笑

ネタ切れ、と言うこともあったのですが、年齢のせいか晩御飯を食べた後は
ドッと疲れが出てしまい、ブログに手が回りませんでした。
あー、元気ハツラツの若さが欲しいわぁ~
(-_-;ウーン


そんなこんな状態でしたので、最近はお酒の量もずいぶん減ってしまい、平日は飲まない日が殆ど。
先日11回目の結婚記念日だったのですが、その時に久しぶりにシャンパンも開けましたよ。
空けたのはクリュッグ・グランド・キュベ。



a0157597_05483359.jpg


結構クリュッグ好きの方も多いかと思いますが、私も昔は大好きなシャンパンでした。
あ、今も好きですけど、他にも美味しいシャンパンを飲む機会が増え、
これと同じくらい好きな、それ以上好きなシャンパンも発見出来た訳で、
決してこのシャンパンを嫌いになったのではないのですよ。







a0157597_05462428.jpg


ただ、なんていうか…、以前飲んだ時と印象が違ってましたね。
もっと骨格のしっかりとした男前なボディをしていたと思っていましたが、
今回飲んだ印象としましては、ちょっと大人しい草食男子なりましたね?みたいな。笑







a0157597_05441721.jpg


そういえばクリュッグって、ルイ・ヴィトン・グループ所有だったのですね。
だからどうってことはないのですが、なんだか高級感満載、セレブの香りがプンプンしてます。笑







a0157597_05473075.jpg


力強いけれど複雑すぎないフルボディ、そして落ち着いた印象。
クリーミィーでナッツのフレーバーも感じられ、余韻も感じられるシャンパンです。
メイン料理にも負けない味わい、さすがクリュッグでした。







頂いたコメントのお返事は折り返し訪問時にさせて頂きます。
ブログをお持ちでない方はコメント欄でお返事させて頂きますね。



*いつも有難うございます♪ ポチッと押して頂けると、とても嬉しいです*
↓               ↓
にほんブログ村 料理ブログ 自家製酵母パン作りへ
にほんブログ村     
にほんブログ村 グルメブログ おうちグルメへ
にほんブログ村


by jenajena | 2015-07-06 14:10 | liquor/drink
2015年 01月 24日
死ぬまでに飲みたい30本のシャンパン 17/30

死ぬまでに飲みたい30本のシャンパン 17/30 (飲まずに死ぬと後悔する10本のシャンパン 5/10)
◆ヴィルマール・クール・ド・キュヴェ 2003 / Vilmart & Cie COEUR DE CUVEE 2003◆



あれは確か、昨年の11月のとあるワイン試飲会での話。
その日は『イタリア料理とイタリアワインを楽しむ』という企画のワインテイスティングだったのですが、
そこで隣に座った男性がフランスワインの大ファンで、特にブルゴーニュのコート・ド・ニュイの赤が
好きで好きでたまらない!とおっしゃる方でして、他の国のワインをケチョンケチョンに貶しておりました。
(なんで、この人イタリアワインの試飲会に来たのかよく分からんのですが・・・)
でですね、この方とシャンパンの話になったのですが、フランスワインが好きなのでシャンパンもお好きなのかなと思いきや、


『しゃんぱ~ん!? んなもん、シャンパンなんてサイダーやんけ~、サ・イ・ダー!!』


と言われ、思わずたじろいでしまった夫とワタシ(∑((((((゚д゚;ノ)ノ
かなりビビりました・・・。汗


で、それはさておき。
正月に飲んだシャンパン、ヴィルマール・クール・ド・キュヴェ。
気品あるエチケットが輝いております。笑



a0157597_06264797.jpg





泡は今まで飲んだシャンパンよりやや粗い目(大き目)かなぁ、という気がしましたが、
それでも美しく綺麗な泡がシュワシュワーっと立ち上ります。


色はやや明るい目の黄金色。
何となく正月に相応しい色ですね。


ピノ・ノワール20%、シャルドネ80%。

樽で10ヶ月熟成させ、その後5~8年もの間瓶熟成の後リリースされます。
何かが突出したようなテイストではなく、酸味、厚み、香り等すべてが、非常にバランスの良い仕上がりとなっています。



a0157597_06283271.jpg




この日はおせちではなく、牛もも肉で作ったローストビーフと合わせてみたいのですが、

肉に負けることなく、相性もまずまずといったところでした。

このローストビーフですが、un_voyageさんに頂いたハーブ入りのお塩を使って作ったのですが、

ハーブの香りがお肉にじんわり浸み込み美味しかったです!




a0157597_06392872.jpg



しかし、シャンパンは美味しい!

たとえ誰がシャンパンをサイダーと言おうと何と言おうと、シャンパンは美味しいのです。
余韻を楽しみながら、そう思ったのでした。笑





いつも有難うございます♪ ポチッと押して頂けると、とても嬉しいです☆
↓               ↓
にほんブログ村 料理ブログ 自家製酵母パン作りへ
にほんブログ村     
にほんブログ村 グルメブログ おうちグルメへ
にほんブログ村


by jenajena | 2015-01-24 14:26 | liquor/drink
2014年 10月 29日
死ぬまでに飲みたい30本のシャンパン 16/30
死ぬまでに飲みたい30本のシャンパン 16/30 (一生に一度は飲みたい10本のシャンパン 6/10)
◆キュヴェ・デ・アンシャンテルール アンリオ 1998 /Henriot Cuvee des Enchanteleurs [1998]◆



夫の○○回目の誕生日がやってきましたので、シャンパンの登場です。
やっと、やっと、30本のうちの16本、つまり半分以上飲んだという事になりました。
残りの14本は何年かかるだろうか!?


この日飲んだのはキュヴェ・デ・アンシャンテルール アンリオ。
こちら、オランダ王室御用達のシャンパンでございます。
そう思ってボトルを眺めると、何だか品格が感じられる(ような気がする・・・)。

そうそう。
名前にある『アンシャンテルール』とはワインの発酵(熟成)を見守る職人達を表す言葉だとか。




a0157597_06292781.jpg



カラーは上品な黄金色。
泡はパワフルというよりは、優しく軽やかな感じ。
女性的なイメージです。



a0157597_06294114.jpg



香りはナッティで熟成した香りがあり、トーストしたかのような香りも見え隠れしますが、
それは男性的ではなく年齢を重ねた優しい女性のよう。
けれどテイストはスパイシーさもあり、優しいだけの女性的なシャンパンではありません。
エレガントだけど複雑でスパイシーな香りは、まさに私がイメージするフランス女性。



a0157597_06295003.jpg



シャルドネとピノノワールほぼ同量から作られるこのシャンパン。
余韻もそこそこ長く続く、素敵なシャンパンでした。




いつも有難うございます♪ ポチッと押して頂けると、とても嬉しいです☆
↓               ↓
にほんブログ村 料理ブログ 自家製酵母パン作りへ
にほんブログ村     
にほんブログ村 グルメブログ おうちグルメへ
にほんブログ村


by jenajena | 2014-10-29 17:05 | liquor/drink
2014年 09月 08日
死ぬまでに飲みたい30本のシャンパン 15/30
死ぬまでに飲みたい30本のシャンパン 15/30 (飲まずに死ぬと後悔する10本のシャンパン 5/10)
◆ボランジェ グラン ダネ 2002 /Bollinger Grande Anee Millesime [2002]◆



不安定な天気が続いておりますが、皆様いかがお過ごしでしょうか。
私はしばらくブログを休止している間、今まで出来なかった勉強をもう一度やってみたり、
たまっていた写真の整理をしたり等々していました。
趣味の方(写真)も少しずつですが、勉強し始めました。
写真撮影をしたり整理をしたりする間、家族には迷惑をかけたりしていると思いますが、
そんな時間を作ることが出来たのも家族のお蔭だなぁ~って、あらためて感謝しています。
本当に有難いことです。


さて、ブログの方もそろそろ開始しようかな~と思いはじめました。
最初の内はゆっくりの更新になると思いますが(以前もゆるーい更新だったけど)、
これからも
どうぞ宜しくお願い致します!!!


で、ブログ再開記事第一号は、シャンパンネタで。笑
といっても、これは5月の私の誕生日に飲んだ時のものですね。3ヵ月も前のネタですよ(^^;
誕生日にこのボランジェ グラン ダネを選んだ深い理由はありません。
たまたまいつも購入している店にあったから。それだけ~。笑

英国王室御用達のシャンパンで、グラン・ダネ「偉大な年」と名付けられたプレミアムシャンパンで、
葡萄の当たり年にだけ造られるそうです。
私のこの一年も素晴らしい年になってくれたらなぁ~と願いを込めて、ポンッ♪と開けちゃいました。
そうそう、シャンパンのコルク栓を抜く時、景気よく音を立てて開いてしまう場合があるけれど、
出来るだけ音を立てずにコルク栓を抜く方がエレガントとされています。



a0157597_06482668.jpg


色は美しい黄金色。
泡は繊細な・・・、というよりは力強く立ち上ります。
さすが、『007』のジェームス・ボンドが愛するシャンパンだけのことはあります!



a0157597_06502634.jpg


ピノ・ノワール 65%、シャルドネ 35%、複雑で凝縮されたような香り、
オーク樽での発酵やカーヴでの長期熟成のためか、樽香もしっかり感じられますが、
重すぎるという感じはありません。



a0157597_06513765.jpg


ボンドガール(年齢的にかなりイタイが・・・)になった自分を妄想しながら、
リッチな味わいのシャンパンを飲む。
最高ですね!

さ~て、次はどのシャンパンを飲もうかしら♪




いつも有難うございます♪ ポチッと押して頂けると、とても嬉しいです☆

↓               ↓
にほんブログ村 料理ブログ 自家製酵母パン作りへ
にほんブログ村     
にほんブログ村 グルメブログ おうちグルメへ
にほんブログ村


by jenajena | 2014-09-08 17:08 | liquor/drink
2014年 05月 26日
死ぬまでに飲みたい30本のシャンパン 14/30
死ぬまでに飲みたい30本のシャンパン 14/30 (一生に一度は飲みたい10本のシャンパン 5/10)
◆J ラサール キュヴェ アンジェリーヌ ミレジム 2007 /J. Lassalle “Cuvee Angeline” Millesime [2007]◆



世の女性達は頑張っています。
男性社会といわれる世界でも女性達は頑張っています。

今回飲んだ J ラサールは小規模なメゾンながら、女性当主がこのシャンパン造りに携わっているのです。
その為か、エチケット(ラベル)にはバラ色で描かれた天使が何ともエレガント!
女性らしいセンスが見受けられます。



a0157597_06313190.jpg




栓を抜き、ゆっくりグラスにシャンパンを注ぎます。
柔らかで淡い目の黄金色。
香りは洋梨や青リンゴのような香り、そして柑橘系の爽やかさもあります。
どっしりとしたボディではなく、どちらかといえば軽やかですが、決して線が細すぎて頼りないということはなく、
繊細で優雅な中にもどこか芯が一本通った、そんなシャンパンです。
因みに品種はピノ・ノワール40%、シャルドネ60%。



a0157597_06344114.jpg




この日はディナーの前に頂きましたが、この味・軽やかさならランチ時に飲む方が合っているかも。
シャンパンとしては価格も良心的なので、気負いせず飲む事が出来そうですね。





いつも有難うございます♪ ポチッと押して頂けると、とても嬉しいです☆
↓               ↓
にほんブログ村 料理ブログ 自家製酵母パン作りへ
にほんブログ村     
にほんブログ村 グルメブログ おうちグルメへ
にほんブログ村


by jenajena | 2014-05-26 11:59 | liquor/drink
2013年 11月 05日
死ぬまでに飲みたい30本のシャンパン 13/30

死ぬまでに飲みたい30本のシャンパン 13/30 (飲まずに死ぬと後悔する10本のシャンパン 3/10)
◆ジェローム プレヴォー ラ クロズリー レ ベギーヌ / La Closerie Les Beguines Extra Brut [NV]◆




シャンパン好きならご存知の方も多いかと思いますが、あのジャック・セロスの愛弟子と言われる
ジェローム・プレヴォーがつくるシャンパン、ジェローム プレヴォー ラ クロズリー レ ベギーヌ
10月28日の夫の誕生日に開けました。


a0157597_0475072.jpg



品種はピノ・ムニエ 100%。
ドサージュ無しのウルトラ・ブリュット・エクストラ(極辛口)です。
味わいは、『今までのシャンパンにないほどの柔らかな味わいにクリーミーな泡』という説明が
とあるワイン通販サイトに書いてありましたが、『今までにない』という表現はどうだかねぇ・・・。

たしかに泡は細かくクリーミーであるが、どこかスパイシーさもあるので、『柔らかな味わい』と
『クリーミーな泡』という表現は、そのスパイシーさで少しかき消されているような気がしました。


a0157597_04848.jpg



しかしながら、飲まずに死ぬと後悔する10本のシャンパンの内の1本だけあって、確かに美味しい。
少しのスパイシーさはあるものの、落ち着いた穏やかな味です。


a0157597_0513444.jpg



ビオディナミ(オーストリアの哲学者であるルドルフ・シュタイナーが提唱したもので、化学薬品や
化学肥料には一切頼らず、土壌に本来の自然な活力を与え、生物が潜在的に持つ力を引き出すという
究極の有機農法です。注:http://www.leroux.jp/index2f1.htmlのサイトより抜粋)の
とても美味しいシャンパンでしたが、ワインが出来るまでの過程を想像すると、
作り手のロマンや思いが伝わってきそうな、そんな味がしました。



いつも有難うございます♪
ポチッと押して頂けると、とても嬉しいです☆


↓               ↓

にほんブログ村 料理ブログ 自家製酵母パン作りへ
にほんブログ村     

にほんブログ村 グルメブログ おうちグルメへ
にほんブログ村


by jenajena | 2013-11-05 10:08 | liquor/drink
2013年 07月 13日
死ぬまでに飲みたい30本のシャンパン 12/30

死ぬまでに飲みたい30本のシャンパン 12/30 (一年に一度は飲みたい10本のシャンパン 6/10)
◆タルラン シャンパーニュ・ラ・ヴィーニュ・ダンタン NV / Tarlant La Vigne d'Antan Extra Brut◆




もう先月(6月30日)の話になるのですが、実は我が家の結婚記念日でした。
2004年に結婚して、早いもので今年でもう9年目になります。
9年目と言っても特に実感もないし、今日が特別な日と感じるわけでもないけれど
一応シャンパンを開ける口実の為に?簡単な食事と共に結婚記念日を祝いました。

今日開けたのはタルラン ラ ヴィーニュ ダンタン
まだ日本では知名度が低いシャンパンみたいですが、1687年からぶどう栽培を
しているという名家のようです。
実際私も「死ぬまでに飲みたい30本のシャンパン」という本を読むまでは知りませんでした(><)


a0157597_1828694.jpg



色は黄金色ですが、緑がかった黄金色という表現をされている方もいらっしゃいます。
私にはこの黄金色のシャンパンの中に緑色を探し出す事は出来ませんでしたが。苦笑
もしかして老眼のせい?
泡は美しいですが、香り、泡の力はそれほど強くなかった気がします。

ボトルのラベルから想像できなかったのですが、思っていたより力強いテイスト。
力強いテイストで、エクストラブリュットらしくきりっとした辛口ですが、
フレッシュさもクリーミーな感じもあります。

因みにこちらのシャンパンですが、砂質土壌で育つ接木をしていない自根で育った
シャルドネの木から造られているのです。
今ではより強く育てやすいブドウの木にしようと接木をした苗木を使っておりますが、
こういった自根の木から作られるのは希少らしいです。


a0157597_18285080.jpg



シャンパンの話はこれくらいにしまして、次はこの日作った料理です。
といっても最近は時間的にも余裕がなく色々と作れませんので、簡単なものばかりですが。苦笑
左がチーズとオリーブ、それと栗入りテリーヌです。栗入りテリーヌは一応手作りです。
ワインのあてにいいかな?と思い、急遽作りました。
中央が大好きな野菜のゼリー寄せ、ディル風味に仕上げました。
右が茄子のマリネ、コリアンダーシードを入れてアクセントをつけました。
フライパンで1cmくらいにスライスした茄子の両面を焼き、ガーリックとレモンスライス、
バルサミコ酢、それにオリーブオイルとコリアンダーシード(荒く刻む)でしばらく
漬け込んで作るのですが、これ、冷やして食べると美味しいんですよ♪


a0157597_1241381.jpg



メインはマデラソースで食べる牛ヒレ肉のソテー。
この前この前奈良のラ・テラスで頂いた黒毛和牛のソテーがとても美味しかったので
家で再現すべく挑戦してみました!
先ずマデラ酒が家になかったので酒屋へ買いに行ったのですが、料理用のマデラ酒がなく普通の
マデラ酒を購入。 マデラ酒、沢山残ったけど・・・どうしましょう?笑
フライパンでガーリックをオイルで香りが出るくらい炒め、マデラ酒とフォンドボーで煮詰め、
最後に塩とコショーで味を調え出来上がり♪


a0157597_12411613.jpg



実家で掘ってきたばかりの人参のソテーを添えて頂きました。
奮発して買った牛ヒレ肉、美味しかったけど、人参の方が美味しかったなぁ~(*⌒∇⌒*)
シャトー・ローザン・セグラ(Chateau Rauzam-Segla)と合わせて頂きましたが、
料理もワインも美味でした~ !


a0157597_12413039.jpg




いつも有難うございます♪
ポチッと押して頂けると、とても嬉しいです☆


↓               ↓

にほんブログ村 料理ブログ 自家製酵母パン作りへ
にほんブログ村     

にほんブログ村 グルメブログ おうちグルメへ
にほんブログ村


by jenajena | 2013-07-13 18:19 | liquor/drink
2013年 07月 13日
スイカのモヒート oishii
夏になると、何処からともなくスイカが我が家に集まり、冷蔵庫の中で幅を利かせております。
ここ数年『ひとりじめ7』とかいう小さめのスイカが出回るようになり、冷蔵庫の中も少しは余裕が出来てきた
ように思いますが、アチラこちらから頂いたら同じ事。冷蔵庫がエライことになります。

そんな時はスイカのフレッシュジュースを作って飲むのですが、折角なのでスイカもカクテルにしちゃいましょう♪


作ったのはスイカのモヒート。


a0157597_17583370.jpg



普通のモヒートは庭のミントが元気であればいつでも作れるんだけど、
スイカのモヒートが作れるのはスイカの価格が下がる 『今でしょ!?』

種をとったスイカとラム酒、ブラウンシュガーにミントと葉と氷を入れて、今回はミキサーで回します。

スイカは身体の体温を下げてくれる効果もありますので、夕方のクールダウンタイムにピッタリかと。


a0157597_181458.jpg



夏は始まったばかり。
気合入れて頑張るぞー!


a0157597_1864021.jpg




いつも有難うございます♪
ポチッと押して頂けると、とても嬉しいです☆


↓               ↓

にほんブログ村 料理ブログ 自家製酵母パン作りへ
にほんブログ村     

にほんブログ村 グルメブログ おうちグルメへ
にほんブログ村


by jenajena | 2013-07-13 18:12 | liquor/drink
2013年 07月 12日
パープルクイーンで梅シロップ♪
いや~、暑いですねぇ。
今口を開けば『暑い暑い!』
挨拶だって『暑いですねぇ~』ですから。笑

そんな夏を乗り切るために、梅シロップ飲んで頑張ってます。

山と海とつながっていくこころkotoriさんやGood dayariさん達が美味しそうな梅シロップを
作っていましたので、我が家も梅シロップを作ってみましたよ~


a0157597_6234519.jpg



この梅シロップのジュース、赤いけど???と思われた方。
そうなんです、この梅シロップを作った梅が赤い(紫色)のです。
梅と言っても小梅なのですが、このパープルクイーンという品種で作りました。


a0157597_6275510.jpg



まず小梅を冷凍庫に入れ凍らせ、凍ったら氷砂糖と一緒に漬け込みます。
1週間~10日くらいでキレイな色のシロップが出来上がります。
今回は小梅1kg、氷砂糖1kgで漬けました。


a0157597_6294091.jpg



完熟の南高梅でもシロップを作ったのですが、息子はパープルクイーンの味の方が好きだったみたい。
確かにパープルクイーンで作ったシロップの方が香りがいいんです。
何ともいえない梅そのものの香りが素晴らしい♪

もちろん、南高梅のシロップも爽やかで美味しいです。
いつもは青梅で作るのですが、フルーティなシロップにしたかったので、今回は完熟梅使用♪
ヨーグルトジュースやスムージーの入れて、毎日ゴクゴク飲んでます(^^)


a0157597_6321077.jpg



来年はもっと大量につけなくっちゃ!



いつも有難うございます♪
ポチッと押して頂けると、とても嬉しいです☆


↓               ↓

にほんブログ村 料理ブログ 自家製酵母パン作りへ
にほんブログ村     

にほんブログ村 グルメブログ おうちグルメへ
にほんブログ村


by jenajena | 2013-07-12 06:11 | liquor/drink
2013年 06月 03日
爽快、グリーンスムージー♪
今更ですが、グリーンスムージーにハマっています!

a0157597_6281597.jpg


会社の同僚に教えてもらい始めて5日経ちましたが、何だか身体が気持ちいい♪
これを飲み始めてから、身体がスッキリとした感じなのです。

最初はダイエット目的だったのですが、体重は今のままでも特に問題はないのですが、下っ腹あたりが
気になっていたので、もしかしたらいいかも?と始めてみた訳なのです。

それがドンピシャ!
私に合っているのかなぁ~(^^)

でもインターネットとか見ていると、決まりごとの様な事がいくつか書いてあって、
野菜とフルーツの割合が4対6がいいとか、1日2リットル飲んだ方が良いとか。
ヨーグルトを混ぜるのは邪道だとか、沢山の意見があるようで、どれが本当か分かんない!


a0157597_6284943.jpg



今はテキトーにフルーツ多い目で作っているけれど、小松菜多い目作ると不味かった(><)
腹ペコ青虫になった気分になっちゃったよー(泣)

グリーンスムージー初心者のワタクシに、『こうして飲んだら効果が上がるよ』とか
『このレシピが美味しいし効果あるよ』なんていう情報がありましたら教えて下さいネ♪



いつも有難うございます♪
ポチッと押して頂けると、とても嬉しいです☆


↓               ↓

にほんブログ村 料理ブログ 自家製酵母パン作りへ
にほんブログ村     

にほんブログ村 グルメブログ おうちグルメへ
にほんブログ村


by jenajena | 2013-06-03 06:38 | liquor/drink