カテゴリ:bread( 72 )

2013年 03月 28日
オリーブとプロヴァンスハーブのカンパーニュ
jena:『ゲホッ!ゲホッ!!』

息子:『おっかぁ~、大丈夫かぁ~?』

jena:『おう。心配すんじゃねぇ・・・』

息子:『けど、けど・・・』

jena:『ゲホッ!ゲホッ!!』

息子:『おっかぁ~!』




と、まあ、こんな会話が聞こえてきそうな今日この頃。
花粉にやられて咳が止まりません(泣)

4~5年前から花粉症の症状に咳が追加され(こんなオプションは要らん)、更に重症化してきて
『こりゃあかんわ~( ´△`)』と思い、早めのアレグラ服用をしてみた訳です。
1月中旬からアレグラを服用していたので、例年のように鼻水じゅるじゅるとはならずに済んでいるのですが、
いや~、咳が止まらないんっすよー。

誰でもええから、この咳止めて~!( 」´0`)」



ところで。
最近凝って焼いているのがオリーブとプロヴァンスハーブのカンパーニュ。
TARTINEでも焼いているカンパーニュなのですが、カンパーニュにブラック&グリーンオリーブ、プロヴァンス
ハーブ、それにレモンゼストも入っているんです。
初めて食べる人には、少し癖がある味なので好き嫌いが分かれるところだと思いますが、
酒飲みの我が家ではこの味がお気に入り♪ 
ワインによく合うんです。

a0157597_762577.jpg


こうやって、サンドイッチにすると、また美味しいんです。
病みつきになる味のカンパーニュなんです。

a0157597_7125557.jpg


さてと、今日も“おっかぁ”は花粉との戦いだー(^^;

by jenajena | 2013-03-28 07:05 | bread
2013年 03月 12日
MOBAC SHOW 2013へ行く♪
大阪・南港で開かれたモバックショウ2013に行っていきました~!


実は我が家は、このショウの事を知らなかったんですが、un_voyageさんに『こういうショウがあるんだけど』
と教えて頂き、早速エントリー☆





a0157597_5462035.jpg


このショウは製パン製菓産業に要なあらゆる機械・設備・器具、原材料、資材等が一堂に公開展示される
ビジネスショウということで、とても楽しみにして出かけました。
残念ながら会場の中は撮影禁止なので、中の様子をお伝えする事はできませんが、いや~、すごい人でした。

息子も一緒に連れていきましたので、見るのも一苦労・・・。
息子はロボットのような機械の前から離れませんし、会場が広いので『足が痛い』と言ったり、もう大変。
とりあえず、BONGARD(ボンガード)のオーブンは見たかったので、そこで色々と見て担当者の方にお話を聞く事も出来ました。

ボンガードの日仏商事さんのコーナーで話をしている時、息子の頭を撫でながら聞いていたら、
なぜか息子が目の前に・・・!? 


へっ!?

ハッと頭を撫でていた子を見ると・・・。  よその子だったー!!!



どこで入れ替わったのか分からないけれど、超ビックリした Σ(Д゚;/)/…



このショウへ来るもう一つの楽しみが・・・
un_voyageさんに逢うこと~♪
un_voyageさん同様、ブログを通じてお会いする方は今回が初めてなんです゚.+:。(*´v`*)゚.+:
想像していた通り、いえ、想像していた以上にとても可愛い方で、とってもチャーミング♪♪
un_voyageさんが皆さんから愛されるワケだわ~
とっても素敵な方でした (´∀`*)

今回はあまりお話する時間がなく、非常に残念でした(><)
今度是非、たゆっくりお会いしていっぱいお話したいですね~。
(※あ、そうそう。息子もun_voyageさんに会えてとっても喜んでましたヨ♪)

夫にね、un_voyageさんと一緒の写真を撮ってもらったんですが、超ピンボケ (*゚Д゚*)ェ…
折角の写真が・・・あああぁぁ。 無念だわっ。

a0157597_5562632.jpg



晩ご飯に、ボンガード(日仏商事)さんのコーナーで焼いていたパンを頂きました~。
ボンガードの石窯オーブン、欲しいけど高いのよねぇ(爆)

やっぱり、薪窯で頑張るっかな!?笑

a0157597_557324.jpg


by jenajena | 2013-03-12 06:42 | bread
2013年 02月 12日
我が家のスタンダード
これが、我が家のスタンダードな味のパン!

この前から早くブログに載せてくれ!と夫に頼まれていたんだけど、息子の入学の用意や私の卒園・入学用の
洋服探しで、投稿が疎かになってました(^^;

撮りだめした写真、いっぱいあるんだけど、どうしよう・・・(笑)

因みに下記の写真は『我が家のスタンダード』になった時のパンの画像ではありません。
画像・・・、どこかへ紛れ込んで分からなくなっちゃいました(汗)


a0157597_6453581.jpg


ところで、我が家の味のパンが出来てきました。

カンパーニュも納得できるような味になってきましたし、いつ焼いてもぱっくりクープが開きます。
粉も色々試してみて我が家好みの粉も見つかりましたし、発酵方法、焼き方も我が家オリジナルの方法でやってます。
バケットのクープの入れ方に関しては、もっとキレイに入れられるよう頑張らなくてはと思いますが、海外の
パンのテキストや有名店のホームページを見ると、こういうバケットが普通に載っているんだよねー。

a0157597_6435879.jpg


普段は電気オーブンで焼いているけど、石窯で焼く時も新しい手法で成功しました。
前回は温度が上がらず失敗をしましたが、炭の質をワンランク上げて焼いて焼いてみると、温度も上昇し
キレイに焼く事が出来ました。
使う炭は、中心に穴の空いている『ちくわ炭』というのを使います。
最初に窯の外で炭をおこし、着火したら窯の中に入れます。
これを使うと、石窯から煙がモクモクと出て、ご近所様に迷惑を掛けずパンを焼く事が出来ます。
但し、場合によって(気候によって)温度が上がらない時には、ここに薪を足して燃やすのです。

a0157597_6501767.jpg


この日はちくわ炭使用の成功を祈って?、息子の趣味の獅子舞の踊りを舞ってくれました~♪

a0157597_6571533.jpg


そんな息子にtrinさんからバレンタインチョコが届きました053.gif
マトリョーシカの絵がとってもカワイイ~♪

☆☆trinさ~ん、いつもアリガトウございます☆☆
(ちゃんと、若くてキレイなお姉さんからだよ!と、よく言って聞かせておきました。笑)

a0157597_6595151.jpg



そして・・・先週から息子は水疱瘡になってしまいました (ノД`。)
発見と受診が早かったので、軽くて済みました。身体全体プツプツと水泡が出来ていますが、非常に元気で
一日中喋っているか歌っているか、とにかくウルサイ。
元気で何よりですが、もう少し大人しくしていてもいいのにねぇ・・・ ( ̄ω ̄;)

by jenajena | 2013-02-12 06:41 | bread
2013年 02月 11日
今回のお取り寄せパンはZopf(ツオップ)
実店舗でも通販でも人気のベーカリーショップ、Zopf(ツオップ)
今回はこちらを注文してみました。

ホームページから通販のカテゴリから飛んでみますと、な、な、なんと直ぐに買えない事が判明!
通販のお知らせがあり、『次回受付は○月○日 ○時××分からです。』という次回受付発送日が書かれていました。
その時間になったので、注文開始!商品MENUのカテゴリへ行き注文するのですが、どうやら通販可能な
商品と、不可の商品がある模様。とりあえず吟味して?カートへポチります。
発送は通常便と冷凍便と選択できるのですが、時節柄大丈夫かなと思ったので通常便でお願いしました。

数日後、届きました。
ダンボールをバーンと開けると・・・、

ナチュラルな茶色の薄紙で覆われており、ショップシールが貼られていました。
オーダーした物が分かっていても、開ける楽しみといいましょうか、期待が膨らみます。

a0157597_1537985.jpg


じゃーん!
箱の中はギューギューに詰められているのではなく、余裕を持ってパンが入れられています。
そして、直接ビニール袋にパンを入れているのではなく、薄紙でパンを包んでからビニール袋に入れています。

a0157597_1538471.jpg


ショップカードとパンの保存方法や食べ方が書かれた注意書きも入っています。
美味しいパンを出来るだけ焼き立てに近い状態で食べてもらいたいという、店の方の願いでしょうね。

a0157597_1538457.jpg


さて、注文したパンの紹介を。
これはルヴァン・カンパーニュ。酸味のある自家製グリーンレーズン酵母を使っているそうです。
なんと粉は、店の石臼で国内産小麦を挽いており、このパンにはその全粒粉が入っているとの事。
思ったよりクラストが厚い目で、酸味がきいていました。チーズがとても合いそうです。

a0157597_15524410.jpg


コンプレノア。
自家製粉した全粒粉とZ酵母で作ったパンで、しっかりとした噛み応えのパンでした。
私は、こういうタイプのパンも好きですねー。
ワインが欲しくなっちゃいます♪

a0157597_15525268.jpg


パンオノア。
これは息子のリクエスト(笑)。クルミのエグ味もなく、美味しかった~。
ルヴァンカンパーニュより、柔らかい目でした。

a0157597_155338.jpg


Zopf 酵母バゲット。
Zopf で販売されているシンプルなバケットは4種類ほどですが(フランスパンのカテゴリには9種類あり)
通販可能なバケットは、この Zopf 酵母バゲットのみです。Zopf の看板バゲット、と言ったところでしょうか。
クープも規則正しく切れており、我が家のようなラフなクープとは違いました(笑)

a0157597_15531027.jpg


クロワッサン。
なんと、こちらは小さな箱に入ってきましたので、もちろん潰れはありませんでした。
こういう細やかな心配りは流石ですね。
クロワッサンは、日本でよくある軽い目のサクッとしたパイのようなクロワッサンでした。
日本ではこのタイプは主流のようですね。(みんな、こういうタイプのクロワッサンを望んでいるという事かな?)

a0157597_15531778.jpg


シナモンロール。
頼んでいたのを忘れておりまして、最初オマケが入っているのと勘違いしておりました(^^;
だって、とても小さかったんだもん。サンプルかと思っちゃった・・・。
あ、でも美味しかったですよ。底の辺りのシナモンシュガーがカラメル状になっていて、美味しい新発見でした。

a0157597_15532375.jpg


そして、ベークル。
プレーンとブルーベリーをチョイス。
一度に沢山購入しても食べきれないので今回2種類だけ注文しましたが、この他に特別ベーグルという
ものがあり、週代わりで中味が変わるそうです。(それも楽しみね。)
こちらの粉は石臼挽きではないようです。意外とソフトなベーグルでした。

a0157597_15532999.jpg


やはり人気の店という所は、それだけ納得できる何かがあるようですね。
通販にしても手を抜かず、いえ、通販だからこそ、届いてから出来るだけ美味しく食べてもらいたいと
いう思いで梱包などにも工夫をし、そして食べ方や保存方法のリーフレットを入れるなど、
様々な工夫がとても勉強になった買い物でした。

by jenajena | 2013-02-11 15:27 | bread
2013年 02月 03日
またもや不発。石窯パン 新手法にて・・・
本回のパンは、カンパーニュ3種類。
プレーン、セサミ、ミックスドライフルーツ(レーズン、フィグ、オレンジピール)です。
これらは本当は石窯で焼く予定だったんですが・・・

a0157597_14275886.jpg
a0157597_14334829.jpg


薪を使って石窯に火を入れると、当たり前の事ですが煙がモクモクと出てきます。
冬は風向きが反対なので特に問題はないのですが、夏場の風は石窯の煙をお隣さんちに運んでしまうのです。
なるべく煙を出さず石窯に火を入れる方法はないかと考え、夫が考えてくれたのが炭!
今回は試しに炭を使って石窯を稼働させて見ました。

a0157597_16481153.jpg


なーるほど。
確かに炭を使うと煙突から煙が出てこない。
これなら夏場でも石窯を稼働させることが出来るかもしれませんね。
石窯の温度が上がっているのか確かめるために手を入れてみると・・・『あぢぢぢぢっ!!!』
どうやら本当に熱かったようです(^^;

a0157597_16494666.jpg


そして石窯の温度も適温となったので、まずバケットから。
夜の作業は暗くて大変~( ̄△ ̄)
a0157597_17103495.jpg


焼き上がる時間になったので、窯の蓋を開けてみると・・・

ありゃ~、生焼け状態だ ( ̄▽ ̄;)!!ガーン

どうやら蓄熱出来ていなかったらしい。
今年になって石窯で焼くパンの成功回数はゼロ・・・。
やはりコマメに焼かんとダメなんだろうなぁ~。

a0157597_1711566.jpg


でも夫は、炭を使って石窯に火を入れるコツが“何となく”分かったらしい。
次は成功するかもしれないので、来週も焼くぞ!と意気込んでましたが、さて、どうなることやら(^^;

by jenajena | 2013-02-03 12:09 | bread
2013年 01月 25日
タイミング♪

石窯(薪窯)を使って焼くのって、結構難しい・・・。
何が難しいかって、石窯の温度が適温になる時間とパンの発酵の進み具合がピッタリ合わす事。
これが難しいだなぁ~。

毎日毎日火を入れているなら窯の温度も上がりやすく、適温になるまでの時間も予想がつきやすいんだけれど
たまにしか使わなかったら、適温になるまで相当時間がかかるのです。
特に冬の時期や前日に雨が降ったら、窯の温度が上がりにくくなってしまいます。

そういう事も理由の一つで、最近は石窯を使っていませんん。
他にも理由はあるのだけれど、木を沢山使って結局石窯の温度が上がらずパンを焼けなかったら勿体無いので
天気や自分達の時間の余裕のある時に焼くようにしています。
ほんと、全てが最高のタイミングで焼くって・・・難しいです。

さて、今回カンパーニュ・オ・フィグを焼きました。
ドライフルーツ入りのものって大好きだし、時々食べたくなるの~♪
薄い目にスライスして、カリッと焼いて、クリームチーズを付けて・・・。美味しいのよねー!
(イチジク好きだから、いっぱい詰込み過ぎて、ちょっとパンク状態のカンパーニュ・オ・フィグ・・・)

a0157597_639127.jpg


タイミングと言えば。
先日職場から帰宅する時、何気なく携帯を見るとbuona fortunaさんからメールが!
タルトを作ったので、いただけるとの事。ラッキ~♪
危うく、buona fortunaさんの家を通り過ぎてから気がつくところだったΣ(Д゚;/)/…

で、これが頂いたタルト・シトロン~☆
もう本格的な味で、とっても美味しかったの~ ヽ(*´v`*)ノ
タルト生地は私が作る『なんちゃってタルト生地』ではなく、本物の味!教えて欲しいわぁ~☆

写真を撮るのを忘れたんだけど、タルト以外にもマドレーヌも頂きました。
どれも美味しく、あーまた食べたいなぁ~って思う味なんです。
こういう美味しいお菓子を作れる人に憧れちゃうわ(^^)

buona fortunaさーん、いつも有難うねー♪
ごちそうさまでした053.gif

a0157597_6374999.jpg


by jenajena | 2013-01-25 06:34 | bread
2013年 01月 23日
The 10 Best Baguettes in America koneta
サワー種のラ・メール酵母を使って、いつもカンパーニュやバケットやその他諸々を焼いていますが
毎回少しずつですが、焼くまでの過程(熟成方法など)を変えて焼いています。

a0157597_6554089.jpg


今回も熟成方法を少し変え焼いてみたのですが、食べてみると今までで一番良い出来だったかも?
窯伸びもすごく、ビョ~ンと伸びました♪
サワードウですが、酸味は殆ど感じられず、バランスの良い味となりました。
サンフランシスコで食べられているようなサワードウ・カンパーニュも美味しいので、引き続き焼いていくと思います。

a0157597_6503286.jpg


パン自体が美味しかったので、サンドイッチの中味はシンプルに生ハムとルッコラ、そしてオニオンとチーズで。
昼ご飯の時間がもう直ぐだったので、パンの厚さは薄い目に切りました。
軽くトーストしてサンドすると美味しいんですよね。

a0157597_6525029.jpg



そうそう。

The 10 Best Baguettes in America

が、発表されました。
アメリカの『バケット部門』のベスト10なのですが、Floriole Cafe & Bakeryのバケットもベスト10に入っています。
アメリカ全土から選ばれただけあって、美しいバケットばかりです。
残念ながらサイトを見ているだけでは味まで分かりませんが、見ているだけで香ばしい香りが漂ってきそうです。

興味がある方、上記のリンクから飛んでみてください(^^)

by jenajena | 2013-01-23 11:00 | bread
2013年 01月 21日
こういうクロワッサン、目指してます! Floriole Cafe & Bakery
最初クロワッサンを作りはじめる時、夫と『どういうクロワッサンを目指して作ろうか?』と話し合いました。
TARTINE BAKERYのようなクロワッサンにしようかとも考えたのですが、夫がある日『こんなクロワッサンが
あるよ』とサイトを教えてくれました。


それはアメリカ・シカゴに Floriole Cafe & Bakeryというベーカリーショップ。
ここのオーナーのSandra Holl は、TARTINE BAKERYで働いた経験があるんです。
その後独立してシカゴでベーカリショップを開店させているのですが、ここのクロワッサンがとにかく美味しいらしい!
Sandra Hollのご主人というのがフランス人の方で(多分そうだったと思う・・・)、その彼が納得する味になるまで
クロワッサンを作り続け、そして遂に納得する味のクロワッサンが出来たと言います。


彼女が作るクロワッサンは我が家と同じくサワードウ・クロワッサン(Sourdough Croissant)。
外はバリパリ、中はふっくらモチモチらしいです。(大きさも日本のクロワッサンに比べ、かなり大きいんです)
一度彼女の作るクロワッサンを食べてみたいですね。


彼女の作るクロワッサン、Youtubeで見れますので、興味のある方はどうぞ♪




by jenajena | 2013-01-21 06:44 | bread
2013年 01月 14日
クロワッサン?です
初クロワッサンは、(レシピどおり作ったが)何故か塩分が多いように感じた。

2度目はオーブン内の温度をちゃんと確かめず、温度が上がっていなかったのに焼いたのでペッタンコの
硬いクロワッサンが出来た。

そして3度目。
今回も酵母は自家製のラ・メール酵母。(サワードウ)
粉は、相変わらず石臼引きを使用夫のお気に入りね
ビックリするくらい窯伸びした、丸々と太ったクロワッサンが出来た。
冷めたら少し落ち着いた。

a0157597_1413137.jpg


断面ショー。
載せるのを躊躇ったけれど、後の記録としてUP。
夫は『層が出来てるやん』と言うが、私には出来ているとは思えん・・・。
クロワッサン・・・と言うより、パンですな。

a0157597_14132462.jpg


1個100gのクロワッサン。
結構デカイし、石臼引きの粉を使っているのでかなりベビー。
朝1個食べたら、昼までお腹が空きません(笑)

今はサワードウを使ったクロワッサンのレシピで作っていますが、今度はまた違うレシピで試してみます。

by jenajena | 2013-01-14 14:32 | bread
2013年 01月 08日
はじめましての、クロワッサン♪
初めて焼いたクロワッサン。

今年はクロワッサンを極めなくっちゃ!

ちょっと恥ずかしいので、今日は頭だけ・・・。笑

a0157597_10154746.jpg


by jenajena | 2013-01-08 10:02 | bread