2014年 05月 26日
死ぬまでに飲みたい30本のシャンパン 14/30
死ぬまでに飲みたい30本のシャンパン 14/30 (一生に一度は飲みたい10本のシャンパン 5/10)
◆J ラサール キュヴェ アンジェリーヌ ミレジム 2007 /J. Lassalle “Cuvee Angeline” Millesime [2007]◆



世の女性達は頑張っています。
男性社会といわれる世界でも女性達は頑張っています。

今回飲んだ J ラサールは小規模なメゾンながら、女性当主がこのシャンパン造りに携わっているのです。
その為か、エチケット(ラベル)にはバラ色で描かれた天使が何ともエレガント!
女性らしいセンスが見受けられます。



a0157597_06313190.jpg




栓を抜き、ゆっくりグラスにシャンパンを注ぎます。
柔らかで淡い目の黄金色。
香りは洋梨や青リンゴのような香り、そして柑橘系の爽やかさもあります。
どっしりとしたボディではなく、どちらかといえば軽やかですが、決して線が細すぎて頼りないということはなく、
繊細で優雅な中にもどこか芯が一本通った、そんなシャンパンです。
因みに品種はピノ・ノワール40%、シャルドネ60%。



a0157597_06344114.jpg




この日はディナーの前に頂きましたが、この味・軽やかさならランチ時に飲む方が合っているかも。
シャンパンとしては価格も良心的なので、気負いせず飲む事が出来そうですね。





いつも有難うございます♪ ポチッと押して頂けると、とても嬉しいです☆
↓               ↓
にほんブログ村 料理ブログ 自家製酵母パン作りへ
にほんブログ村     
にほんブログ村 グルメブログ おうちグルメへ
にほんブログ村


by jenajena | 2014-05-26 11:59 | liquor/drink | Comments(8)
Commented by trintrin at 2014-05-26 15:43
わーい!
きたきた♪
このシリーズ楽しみにしてるんです
あっという間に14本目ですか
頑張ってるマダムの作る泡を飲むのが
ガンバッテル女性だからこその感想文ですのう

早く帰って一杯やりたいです(もうすぐ4時)
Commented by jenajena at 2014-05-26 20:08
*trinさん*
アリガトー!
マニアックな記事ですので、コメも入れにくいですよね~(^^;

あっという間に14本。
まだまだ14本。
そう、残りは16本。
まだ半分も飲んでない。苦笑
後何年かかることやら・・・。トホホホ。泣
Commented by akdeniz_tk at 2014-05-26 22:05
わたしも、このシリーズを楽しみにしています。
死ぬまねでに飲めそうにないけれど、
飲んだ気分になって、うっとりとできるから。。。
暑くなってきたので、キリッとしたお酒が飲みたいです。
Commented by uhihihihi at 2014-05-27 07:01
ほんとうに 女性が作っていそうな
素敵なラベル・・・ うっとりですね~。
ランチに優雅なシャンパンタイム・・・
いつか 味わってみたいです~。
なんなら 今からでも・・・(早すぎ)
Commented by haustin at 2014-05-27 10:57
お、次はこちらでしたか! 特になにか強い芯があるシャンパンというよりも、しなやかで優雅にいただけますよね。

次はどれでしょうか・・?Jenajenaさんのすばらしい感想を楽しみにしてますー!


Commented by jenajena at 2014-05-28 06:17
*akdenizさん*
有難うございます!
私も30本のシャンパン、いつ飲み終える事が出来るのか分かりませんが
コツコツと飲んでいきたいです。笑
最近は少々お酒を控え気味にしていますので、達成まで更に遠くなって
しまうわ(^^;
Commented by jenajena at 2014-05-28 06:25
*うひひさん*
エレガントなラベルですよね~
色といい、デザインといい、女性ならでは・・・という感じです(^^)
私はエレガントさに欠けますので、ちょっとこのシャンパンにあやかりたい
ですわ~。笑
シャンパンタイムに時間はありませんよ~♪
Commented by jenajena at 2014-05-28 06:29
*haustinsさん*
そう、これにしてみました♪
味としては強いものはありませんが、造り手の彼女の強さ、信念などが
感じられそうな、そんな強さを感じながら飲めるシャンパンです。
気軽に飲めそうなシャンパンなので、しっかりとした料理より軽い目の
料理、夜より昼に飲むのが合いそうな1本です♪


<< 夫が作るディナーと、嬉しいプレゼント      (わたしのお気に入り)京都甘... >>