2014年 04月 01日
豚肉で作る桜の塩釜焼き ほんのり桜の香り♪ oishii
もうすっかり桜の花が満開になっていますね。
先日の雨で桜の花びらが散ってしまわないか心配でしたが、どうやらまだ無事のようです。
散ってしまわないうちに早くお花見に行かなくっちゃ!

さて、桜の季節にぴったりの1品を作ってみました。

桜の香りがほんのり香りる、豚肉の肩ロースで作る桜の塩釜焼きです。



a0157597_06180357.jpg




まず豚肉の肩ロースを赤ワイン100cc、水あめ大さじ2、醤油大さじ1弱、
それとスライスした玉ねぎで約3~5時間くらい漬け込みます。
それを取り出し、ペーパータオルで水気をふき取り、桜の葉の塩漬けで包み、
塩800~1000gに卵白1個分を混ぜ合わせたもので更に包んでしまいます。



a0157597_06235372.jpg





桜の花の塩漬けがあったので、それを今回飾ってみました。
それを220℃に余熱しておいたオーブンで40~50分くらい焼きます。
焼きあがった後もオーブンの中で10~15分ほど置いておきます。
(余熱でじっくりジワジワ火が通っていきます。)



a0157597_06395498.jpg




出来上がったものをお皿に乗せて・・・



a0157597_06180357.jpg





えいっ!
と、塩釜を割ります。

中から桜のイイ香りがほわ~っと香ってきます♪



a0157597_06513600.jpg





お肉もホロホロと崩れるくらい柔らかいんです。



a0157597_06543260.jpg





そのまま食べても美味しいのですが、haustinさんに頂いた赤ワインソルトを添えて頂いてみました。

この赤ワインソルト、お肉に合うんですよ~。
色もとってもキレイなんです。



a0157597_06551408.jpg
a0157597_06562701.jpg




シャンパンのロゼとペアリングしたかったんですが、生憎ストックがなくてブルゴーニュの
コート・ドゥ・ニュイ(ピノノワール100%)と合わせてみましたが、柔らかくエレガントな
テイストが、今日の料理にぴったりでした。(写真は撮り忘れてしまいました・・・)

とても美味しい料理でしたが、塩釜や桜の葉に接する肉の表面だけ塩分が少々強かったので、
今度は桜の葉の塩漬けを塩出しして使うか、若しくは肉の表面をソテーしてから塩釜にする方が
いいかなと思いましたが、これは本当に美味しい料理なのでおススメします。





いつも有難うございます♪ ポチッと押して頂けると、とても嬉しいです☆
↓               ↓
にほんブログ村 料理ブログ 自家製酵母パン作りへ
にほんブログ村     
にほんブログ村 グルメブログ おうちグルメへ
にほんブログ村


by jenajena | 2014-04-01 10:22 | Home cooking


<< 伏見の日本酒まつり ~2014...      ユナイテッド航空(UA)の機内... >>