2012年 10月 18日
シニフィアン・シニフィエのパンを通販してみた♪  koneta
パン好きの皆様ならご存知の、志賀勝栄氏のシニフィアン・シニフィエのハード系のパンを通販で買ってみました。

今までも他店のベーカリーショップで何度か通販をしたことがあったのですが、超有名店ではどのように発送されてくるのか興味もあり買ってみることにしました。
情報提供して下さったun_voyageさ~んいつも有難うね~♪


我が家が頼んだパンたちは、こういうかたちでダンボールに入り、冷凍便でやってきました。
ウェブサイトを見ると、5月から10月までの発送は、冷凍便での発送となると記載されていました。
パンはナイロン袋入りですが、2重になっています。

a0157597_1057621.jpg


我が家が今回注文したのは5種類。
先ずはじめに、クロワッサン・オ・ルヴァン。今度焼こうと計画をしているので、参考のために注文。
原材料は、小麦、バター、砂糖、全脂粉乳、卵、塩、モルト、イーストです。
食べる前に軽く焼くと、バターの香りが広がり食をそそります。
断面も美しいです。

a0157597_10573536.jpg


バゲット・プラタヌ。シニフィアンシニフィエ一番のおすすめらしいです。
低温長時間発酵で作られているバケットで、フランス産オーガニック小麦使用を使用しているとの事。
原材料は、小麦、塩、モルト、イーストです。
こちらのバケットは、我が家で作るより軽い食感です。持った感じも意外と軽かった。
やはり、こういうバケットの方が、日本人には好まれるのだろうか。
ズッシリとしたバケットはフランス人などの欧米人には好まれるけど、日本人の口にはあわないのかかなぁ?

a0157597_10574246.jpg


バゲット・ドゥ・ジュール。
フランス産小麦を使用したスタンダードなバゲットで、上記のバゲット・プラタヌより更に軽めの仕上がりになっています。
こちらも原材料は、小麦、塩、モルト、イーストです。
バゲット・プラタヌもバゲット・ドゥ・ジュールもですが、送られてくる時は、半分にカットされた状態で届きます。
まぁ、そりゃそうですよね、長いんですもの(^^)

a0157597_10574811.jpg


パン・ド・カンパーニュ。(1/4サイズ)
ライ麦を10%配合しているフランス産小麦使用の田舎パンです。
原材料は、小麦、ライ麦、塩、モルト、レーズン、砂糖。・・・砂糖が入っているのね。。。
結構硬いのかと思いきや、意外と軟らかいカンパーニュでした。
ふわっとして、うーん、こちらも日本人好みのカンパーニュかな、と感じました。
このカンパーニュをサンドイッチにして食べたのですが、軽い食感だったため胃もたれせずすみました(^^)
パンの味自体が意外とヘビーじゃなかったので、サンドイッチの具も選びませんでした。

a0157597_10575495.jpg


パン・ペイザン。(1/4サイズ)
国産の小麦粉と全粒粉をブレンドして使用して作られています。
原材料は、小麦、塩、モルト、イースト。
こちらの気泡はすごい!大きな気泡がポコポコとあいています。
サイドイッチにするにはちょっと難しい・・・(^^;

a0157597_1058269.jpg


こちらのお店のハード系のパンですが、ハード系といってもそんなに固くなく軽い仕上がりで、万人受けするようなお味でした。
ハード系のパンでも、最低このくらいの軽さと柔らかさがなければ日本では売れないのかなぁ~。
我が家が焼くハード系のパンって・・・マニアック向けなのでしょうか。

う~ん。。。考えさせられます。

by jenajena | 2012-10-18 21:56 | bread


<< オリーブの新漬け、出来ました~!      ミイラ男のクルミ入りカンパーニュ >>