2012年 07月 29日
cafe de Paris butter で ミニステーキ
今週の土曜日に(天気が悪くなければ)毎年恒例の会社の夏祭りがあり、その準備や月末ということもあって、何かと忙しい今日この頃。
早朝と帰宅後は蚊に刺されながら水やりしなければならないし、連日連夜のオリンピックもついつい見てしまう。
ちょっとスタミナ不足ということもあり、先日ガッツリとステーキを食べたくなりました。

たまたまステーキ用の肉が安く売り出されていたので購入~♪
折角なので、いつもと違う味付けで食べたかったので、サンフランシスコのGreen Apple Booksで毎年買ってくる料理本のひとつからメニューをチョイス!
今回選んだのはDamien Pignoletの『French』という本の中から、cafe de Paris butterを作りました。

a0157597_62542.jpg


cafe de Paris butterは名前のごとくバターを基本に、ガーリック、オレンジとレモンのすりおりした皮、ディジョンマスタード、トマトペースト等々入っているのですが、これがもう激ウマ~053.gif
ステーキの上に乗せて食べるのですが、パンにつけても美味しい~060.gif
熱々のステーキの上にこのバターをのせたらすぐ溶けちゃいましたが、溶けてもGoodよ!!!

a0157597_6275971.jpg


サイドメニューもパリのカフェをイメージして、地元産の特大ナメコのソテーとクミン風味のサフランライスも添えてみました。
このcafe de Paris butter があれば、お徳用のお肉も高級お肉に変身します。
お肉だけじゃなく、白身魚のムニエルにも使えそうです。
冷凍保存も出来るので、たくさん作っていざという時に役立ちそう(^^)

by jenajena | 2012-07-29 23:22 | Home cooking


<< カフェ・ドゥ・パリ・バターのレシピ♪      1本で2度おいしい~♪ ホットドッグ >>