2012年 04月 06日
憧れのTARTINE BREAD
先月の末頃から、夫がアメリカへ暫く出張に出掛けておりました。今回はサンフランシスコとシアトルへ。
残念ながら私は仕事があり長期休みがとれないので、一緒についていくことが出来ませんので、お土産を買ってきてくれました。

そのお土産というのは…

憧れのTARTINE BREAD!!!
サンフランシスコから持って帰ってきてくれました053.gif
a0157597_5431954.jpg


ノーマルなサワードウと、ライ麦ブレッドと、そしてセサミブレッドの3種類。
サワードウ2個買って、その内の1個とライ麦ブレッドとセサミブレッドは夫の友人Stephenと半分に分けたそうです。
グルメな彼もここのパンのファンらしい。
ここのサワードウ、で、で、でっかい…。長さ40cm強×30cm弱の超大物ブレッドなの。
a0157597_5552990.jpg


TARTINE BAKERYのパンは店に行っても直ぐ買う事はできません。
2~3日ほど前に予約が必要なんですよ。なので、帰国する日に合わせて購入してくれました。

見て下さい。このクラスト部分のBlister! そして生地の艶!
a0157597_622454.jpg


失敗して焦げたのか?と思うくらいの1歩手前の焼き加減。日本のパンよりは深焼きですね。
この香ばしさが生地のほんのりとした酸味とよく合っています。
因みにTARTINE BAKERYのパンは、私が食べた他のサワードウよりも酸味が少ない目に思います。
もう少し酸味がマイルドで、酸味のあるパンが苦手な人にも受け入れられそうな味です。酸味加減は我が家のサワードウと同じくらい…かな。
そして、このパンには旨味があります。甘味~旨味くらいの微妙な味なんですが、なんて表現したらいいのか適当な言葉が出てこないのですが、とにかく美味しいのです。
これぞ、日々食べて美味しいと思うパンです。
そうそう、美味しい日本のご飯(お米)を食べている感じです。『甘味~旨味』のような味も、丁度そんな感じです。

気泡も美しいわ~♪
a0157597_61454.jpg


余談ですが、皆さんはパンは何に入れていますか。
パンは生きていますので、我が家ではパン用の紙袋(茶色の)に入れて保存しています。
ベーカリーショップに行くと、時々ナイロン袋に密封されて売ってたりしていますよね。あれを見ると夫は非常にガッカリします。
TARTINE BREADでは購入したパンはちゃんとパン用紙袋に入れてくれるので、さっすがだな~と思いました。
下の画像がTARTINE BAKERYで購入したら入れてくれた紙袋。パン自体が非常に大きいので、紙袋もすごく大きい(笑)
a0157597_6231561.jpg


で、こんなにパンがいっぱい…。どうするjena家!?

by jenajena | 2012-04-06 21:23 | bread | Comments(14)
Commented by 渥美クライマックス at 2012-04-10 07:13 x
暫く前に「TARTINE BREAD」で検索して偶然こちらに辿り着き、過去の記事を含めて暫く拝見させていただいている者です。私も「TARTINE BREAD」(本)をきっかけにパンを焼き始めた超初心者で、それは草野球少年がメジャーリーガーを目指す以上のことだと実感しています。ここ神戸でも、否、世界のどこでもTARTINE BREAD レベルのパンは入手できないので、あの本を何度も読み返しつつ、勿論こちらのブログも参考にさせてもらいつつ、トライ&エラー(そしていつかサクセス)を続けたいと思います。今後の更新も楽しみにしております。
Commented by un_voyage at 2012-04-10 08:41
愛しのTARTINE BAKERYのパンだーーーーーーー♪
ツヤといい気泡といい焼き加減といい・・・やっぱりこうでなくっちゃ~

そして私も紙袋派!!
ハード系をビニールに入れてしまうお店、ちょっとおちます(T_T)
まぁ経費という問題もあるのでしょうが、やっぱりね~

朝から目の刺激になったわ~ブログアップありがとう♪
ご近所さんなら飛んでいったのに~~~
Commented by jenajena at 2012-04-11 06:26
*渥美クライマックスさん*
はじめまして。コメント有難うございます!
TARTINE BREADのようなパンを目指して焼いてらっしゃるのですね。
彼らが作るパンはシンプルゆえ、素材の味と技量が試されます。
我が家のサワードウはTARTINEのパンと同じくらいのレベルまで
いったのではないか!?という思い上がった考えを実物をみて消
されてしまいました(笑)あのパンの艶…、ウットリするくらい
美しいです。我が家ももっと勉強しなければあの艶はだせません(^^;
(艶は温度に関係していますが、それが難しい)
お互い頑張ってサクセスしましょう~!
Commented by jenajena at 2012-04-11 06:36
*un_voyageさん*
やっと出会えた~! TARTINE BREAD♪
こ、こ、これが本物のTARTINE BREAD・・・と暫く眺めてい
ましたよ(笑)なんか神々しいものがありましたわ。
永久保存したい気分よ~。

店はね、やっぱり行列してたって(笑)
1回目行った時は予約が必要という事を知らなかったので撃沈、
とりあえずテイクアウトしてホテルでオープンサンドを食べたそうです。
そのパンの厚さといったら結構な厚さで、全部たべたら暫くは苦
しかったそうですわ(^^;
そして帰国に合わせて予約をして買ってきてもらいました。

un_voyageさん、ほんとご近所さんだったらお裾分けしたいわ。
引っ越して来て~(笑)
Commented by maenimukaiaruku at 2012-04-11 12:50
これが本物なんですね~♪
ふむ・・・
なんか焦げてる様な気がしますけど、これが本物なんですね。
でも見た限りではjenaさんのパンの方が美味しそうな焼き上がりでしたけど。
このパンは時間が経っているからですか?
初めて見たときの感動はjenaさんのパンがやっぱり勝ってます。
Commented by jenajena at 2012-04-11 20:47
*maenimukaiarukuさん*
多分日本の多くの方々は『焦げてるじゃん』と思われるでしょうね。
私だって『これって危ない所だったんじゃない?焦げる寸前だよ』

思ったもん(笑)
でもね、やっぱり味だとか艶とか気泡とか、もう全てが理想的な
んです。
実物を見るまで『うちのパンも良い勝負なんじゃない?』なんて
思っていたのが見事にやられてしまいました(TT)
まだまだ未熟だと思いしらさてしまいましたよ。トホホホ。
Commented by olivolivo at 2012-04-11 21:40
2~3日前に予約して買うってところが、このパン屋さんのすごさを物語ってますね。食べてみたいなぁ。
気泡が本当に美しいですね~。これくらいの大きさのパンは南イタリアのほうにもありますが、こっちはセモリナ粉のパンだからまたちょっと違いますね。
ちなみに私もパンは紙袋で保存してます。ほとんどのパン屋さんは紙袋に入れてくれます。スーパーなどではビニールに入って売られているものもありますが、小さな穴がたくさん開いた袋なので、パンさんは息はできるみたい。(笑)
Commented by jenajena at 2012-04-12 09:18
*Yukakoさん*
比較的イタリアのパンって酸味が少なく軟らかいものが多いよう
に思うのですが、このパン、プロシュートやサンドライトマトの
オイル漬けなどのイタリア食材とも相性がいいので、きっと気に
入ってもらえるかと思います。
今回はお土産で食しましたが、やっぱり店に行って食べてみたいですわ。
パンの保存、やっぱり紙袋派なんですね!日本ではまだまだ完全
にビニール袋に入れられて売っていることが多いです。見るたびに
パンが泣いているように思えて仕方ありません(TT)
Commented by TAMA at 2012-04-16 23:57 x
あら偶然にも あたし 今日 シアトルから ライ麦 担いで 帰って来た o(^-^)o 

で 我が家は パンは 布袋に 入れてます w
前に読んだ本に
木製のブレッドケースが 程よい湿度を保って 最高!!!
って書いてあったけど 邪魔くさくて 布袋愛用派です ^^
Commented by きんさん at 2012-04-20 19:38 x
こんにちは。初めてコメントします。美味しそうなパンのブログを探していて拝見しました。
ちょうど偶然に近所の図書館で借りた本がTartine Breadの「Tartine」(パンじゃない方の本)で、あーブログで拝見したパン屋さんのだ~、と気がついてコメントしました。

私は在メルボルンなのですが、こちらでも美味しいSour Dough Breadは人気です。オーガニック小麦と塩・水で起こすスターターで焼くパンの本を持っていますが、私にはちょっと難しそうなので日本のパンの本を参照に簡単にレーズンや苺で酵母を起こしています(果物の酵母はこちらではあまりしない様子)。石窯の素敵なパンを楽しみに拝見してます!
Commented by jenajena at 2012-04-21 07:00
*TAMAさん*
すっかりお返事が遅くなっちゃってすみません・・・(^^;
TAMAさんもアメリカに行ってたんですか~?
本当にライ麦買って帰ってきたの~? すごいわ!
以前トルティーヤを焼くマサという粉を買って帰って、色々税関
で調べられて不愉快な思いをした事があるので、それ以来粉物の
持ち帰りは自粛しています(^^;

パン、布袋に入れてるの~?我が家も袋じゃないんだけど、紙袋
の上に麻布をかけたりする事もあるよ~。
そっか~、ちゃんとパンを作っている人は紙袋や布袋に入れて保存
してるのね。
Commented by jenajena at 2012-04-21 07:16
*きんさんさん*
はじめまして~♪
Tartineのパンの方じゃない本といいますと、お菓子の本の方で
しょうか。近所の図書館にあるなんて、さすがメルボルンの図書
館は違いますね~。
メルボルンでもSour Dough Breadって人気なんですか?
サワーじゃないハード系のパンとかが人気かな、と思っておりま
した。メルボルンに住んでいた友人が、ハード系のパンにベジマ
イトをぬって食べていたのを思い出しました(^^)

是非機会がありましたら、シンプルな小麦と水の酵母をおこして
みてくださいね♪ 

これからもどうぞ宜しくお願い致します♪
(リンク、頂きました~!)
Commented by haustin at 2012-04-25 04:38 x
Tartineって気になりつつもいったことないんですー!Jenajenaさんのブログであらためてみてやっぱり行くべきだなあ、、、と重い腰を上げようと思います。San Joseからはなかなか遠くて、、、(苦笑) まずはカフェからためしてみます。ヨーロピアンな感じが素敵♪♪
Commented by jenajena at 2012-04-25 05:59
*haustinさん*
長~い列に並ばなければいけないけど、是非行ってみて下さい!
カフェメニューも豊富みたいよ♪
クロワッサンも美味しかったと、夫は言っておりました。(結構
デカかったらしい・・・)
San Joseから1時間弱くらいだったけ?


<< 今年のサンフランシスコみやげ♪      ゴッドファーザーも食べた?シチ... >>