2012年 04月 06日
憧れのTARTINE BREAD
先月の末頃から、夫がアメリカへ暫く出張に出掛けておりました。今回はサンフランシスコとシアトルへ。
残念ながら私は仕事があり長期休みがとれないので、一緒についていくことが出来ませんので、お土産を買ってきてくれました。

そのお土産というのは…

憧れのTARTINE BREAD!!!
サンフランシスコから持って帰ってきてくれました053.gif
a0157597_5431954.jpg


ノーマルなサワードウと、ライ麦ブレッドと、そしてセサミブレッドの3種類。
サワードウ2個買って、その内の1個とライ麦ブレッドとセサミブレッドは夫の友人Stephenと半分に分けたそうです。
グルメな彼もここのパンのファンらしい。
ここのサワードウ、で、で、でっかい…。長さ40cm強×30cm弱の超大物ブレッドなの。
a0157597_5552990.jpg


TARTINE BAKERYのパンは店に行っても直ぐ買う事はできません。
2~3日ほど前に予約が必要なんですよ。なので、帰国する日に合わせて購入してくれました。

見て下さい。このクラスト部分のBlister! そして生地の艶!
a0157597_622454.jpg


失敗して焦げたのか?と思うくらいの1歩手前の焼き加減。日本のパンよりは深焼きですね。
この香ばしさが生地のほんのりとした酸味とよく合っています。
因みにTARTINE BAKERYのパンは、私が食べた他のサワードウよりも酸味が少ない目に思います。
もう少し酸味がマイルドで、酸味のあるパンが苦手な人にも受け入れられそうな味です。酸味加減は我が家のサワードウと同じくらい…かな。
そして、このパンには旨味があります。甘味~旨味くらいの微妙な味なんですが、なんて表現したらいいのか適当な言葉が出てこないのですが、とにかく美味しいのです。
これぞ、日々食べて美味しいと思うパンです。
そうそう、美味しい日本のご飯(お米)を食べている感じです。『甘味~旨味』のような味も、丁度そんな感じです。

気泡も美しいわ~♪
a0157597_61454.jpg


余談ですが、皆さんはパンは何に入れていますか。
パンは生きていますので、我が家ではパン用の紙袋(茶色の)に入れて保存しています。
ベーカリーショップに行くと、時々ナイロン袋に密封されて売ってたりしていますよね。あれを見ると夫は非常にガッカリします。
TARTINE BREADでは購入したパンはちゃんとパン用紙袋に入れてくれるので、さっすがだな~と思いました。
下の画像がTARTINE BAKERYで購入したら入れてくれた紙袋。パン自体が非常に大きいので、紙袋もすごく大きい(笑)
a0157597_6231561.jpg


で、こんなにパンがいっぱい…。どうするjena家!?

by jenajena | 2012-04-06 21:23 | bread


<< 今年のサンフランシスコみやげ♪      ゴッドファーザーも食べた?シチ... >>