2012年 03月 19日
悲しい現実 新たな挑戦
私は昔から蕎麦が大好きで、滅多になかった外出時の食事も『お子様ランチ』や『カレーライス』『ハンバーグ』じゃなくて、 『ざるそば』を注文するのがお決まりだった。
ざるそばを注文し出したのは何時からだったのかは覚えていないけど、最初はざるそばについてくる『うずらの卵』が珍しく魅力的で、それが欲しい為に注文していた変な子供だった。(お子様ランチについてくるオモチャなんてこれっぽちも魅力を感じなかった)

歳をとるにつれ、うずらの卵にはそれほど執着はしなくなったけど、蕎麦への執着と愛情は高まっていき、最高のご馳走へと上り詰め、私の好きな食べ物Best5に堂々と入っている。Bset3にも入る…かな。

まあ、それくらい蕎麦が大好きで、特に手打ちの十割蕎麦が大好き。とっても上品な蕎麦の香りと、素朴な蕎麦の味が楽しめる、あの蕎麦が大好き♪
何本か蕎麦をつまみ、蕎麦汁に『ちょんちょんちょん~』とつけ、ズ~~~ッと啜って(実際、私は啜ると咳き込むので啜れません。あくまでもイメージです)、そして喉を通る時の幸福感~♪ 日本人に生まれてきて良かった…と感じる瞬間だ!

夫も息子も蕎麦好きで、近所の蕎麦屋さんへは月に2~3回は足を運んでたけれど、昨年悲しい事が起こってしまった。
贔屓店①が、ご主人の体調を理由に休業。その後残念な事にお亡くなりになったそうで、店の再開は未定。
贔屓店②は、店主が修行の為に他県へ行かれるそうで、ここも閉店。戻ってきて再開するかどうかも分からない。

他にも蕎麦屋くらいあるでしょ~?とお思いのア・ナ・タ!
それが無いんですっ。一番近い店でも、高速道路に乗って1時間ちょっと。もう一つの店は山道(冗談抜きで山道!)通って、ここも1時間ちょっとかかるんですわ。

さあ、困ったjena家。困った。困った、困った!
パンも大好きだけど、蕎麦も同じくらい大好き。
美味しい蕎麦が食べたい気持ちが大きくなって、ある日、高速道路に乗って1時間のやぶそばの美味しい蕎麦をテイクアウトして晩ご飯に食べている時、『蕎麦、家で打つか!? jenaさん、打ってよ!』と夫。

『………。ハア~? わ、わたし、打つんすかぁ~?』


という訳で、先走って買っちゃいました。
まず、手打ち蕎麦セット。のし板・のし棒・こま板・こね鉢・麺切り包丁がセットになっています。
a0157597_632270.jpg


蕎麦打つなら、粉も石臼から挽かなきゃダメでしょ、と夫に促され…石臼も購入。(イイお値段すんのよね)
a0157597_6332691.jpg



で、手打ち蕎麦セットだけ到着したので、取りあえず試しに打ってみた。

     は~い。撃沈~!

余りにも酷い出来という事と、私が打つので写真は誰も撮ってくれませんので、(幸いにも?)画像はありません。
ほんま、蕎麦打ち、舐めていました( ̄Д ̄;)
蕎麦、ボソボソの上に、綿の細さもバラバラ。何と言っても喉越しの悪さに愕然しましたわ。

エラそうに○○の蕎麦屋の蕎麦は××だね~、何て言っていたワタシ。反省してます。
皆さん、スゴイです。

このままでは蕎麦屋開店できません。。。 注:しませんってば!

お見せできるまでには時間がかかると思いますが、頑張って、まずはフツーに美味しい蕎麦を打ちたいものです。
みなさま、何か参考になる本、DVD等々ありましたら、教えて頂ければ嬉しゅうございます((ノ(_ _ ノ)

by jenajena | 2012-03-19 22:12 | Home cooking


<< チキンの赤ワイン煮      死ぬまでに飲みたい30本のシャ... >>