2011年 12月 25日
クリスマスの日の石窯パン、サワードウブレッド
この日は本当に寒かった。所によっては雪が降ったようだけど、ここは強い風が吹きまくりました。
海近くの高台なので、我が家の冬は風との戦いです(^^;

その暴風の中で、夫はこの後のクリスマスディナーの為のパンを石窯で焼くことに。
a0157597_157581.jpg


a0157597_15131085.jpg
ラウンドのバヌトンはLa Mer Leaven(ラ・メール酵母)、オーバルのバヌトンはSan Francisco Sourdough  Leaven(サンフランシスコ サワードウ酵母)使用です。

夫自慢のGLOVERALL(グローバーオール)のダッフルコートを着て頑張ってくれたおかげで(←どうしてもGLOVERALLのダッフルコートを自慢したかったらしく、書いてくれと頼まれました…)、美味しいサワードウブレッドが焼き上がりました。
もう、この中身を見ただけでテンションが上がりましたよ。プックリ膨らんでイイ感じです。
a0157597_15265069.jpg


香ばしい香りと共に家の中に入ってきたサワードウブレッド。
いや~、可愛いですね。何ていうか、とにかく可愛いんです、パンが(笑)。
今回はエッジが立ったクープはサンフランシスコ サワードウ酵母の方(オーバル)に2個ほど有りましたが、全てにおいてエッジ付きのクープが欲しいなあ。でも、それ以外はかなりの出来だったと思います。
この後のクリスマスディナーで頂きます。
a0157597_15295367.jpg


by jenajena | 2011-12-25 19:30 | bread | Comments(0)


<< クリスマスの幸せディナー      リナール・ゴンティエ ブリュッ... >>